シェフレラの挿し木に挑戦

一昨々年の夏に買ったときには小さくて可愛かったシェフレラ。 当初から大きくなりそうな予感はあったのですが、予想を上回る勢いでぐんぐん生長を続け、最近では見上げるほどの大きさになりました。  それだけならまだしも、どうやら自立が苦手なようでだんだん傾いて来てしまったのです。  調べたところ、シェフレラは茎が柔らかくて曲がってしまいがちなのだそう。支柱を立てて固定するべきだったようですが、時すでに遅し。支柱もろとも斜めに傾いてしまうはめに……  伐って仕立て直したいけれど、シェフレラの生育期は5月から7月とのこと。  じっと待ち続けた末、ついに昨…

【続きを読む】

今が盛りのラベンダー

ベランダのラベンダーが満開です。  何年くらい前だったか忘れてしまいましたが、切り戻しを高さが半分くらいになるように思いきってばっさりやるようになってから、花数が増えたように感じています。  それまで、せっかく育ったのを切っちゃうのはもったいないなぁと思っていたけれど、大胆な切り戻し大事!  ただ、相変わらず連続開花はしてくれません~ (´;ω;`)

【続きを読む】

冬のスズメ

2月に撮った写真なので、もう今更すぎるほどに今更なのですが、このままストックの海に沈めてしまうには少々惜しい可愛さ&丸さゆえアップしちゃいます。  こいつ、撮られ方を知ってるな……  シャッターを切って画像を確認したとき、真っ先にそう思いましたw  微妙に細めた目が超かわいいです。  1枚目とは別のコ。  ぼさぼさの後頭部が気に入っています。

【続きを読む】

圧倒的な存在感

週末、遠くからでも圧倒的な存在感を放っているツツジを見つけました。  ぎゅうぎゅう。物凄い高密度。香りもすごい。  密度だけでなく高さもけっこうあったので、ピンクの壁のようでした。  花の大きさも近所で見るものよりずいぶん大きくて。  種類が違うのかなとちょっと調べてみたところ……もしかして、ツツジじゃなくてシャクナゲかも?  ツツジとシャクナゲは花のつき方が違うので見分けやすいらしいけど、この高密度ではちょっと判断できません (´・ω・`)

【続きを読む】

紅白ツツジ

ツツジは淡いピンク色の花が好きなのですが、自宅周辺のツツジはその色に限って、中央分離帯の植え込みのような人の近寄れない場所に植えられているのはなぜでしょう。しくしく。  さて、こちらは近所の公園のツツジ。  ひとつの木に白い花と濃いピンクの花が咲いていました。  白い花びらの一部だけピンクだったりするのもよく見かけるので、こういうのはツツジには多いのかな。  こちらは一面の白。  うちの近所ではオーソドックスな色のツツジが終わったころに白いツツジが咲き始めるのですが、これは種類的にそうなのか、ここの日当たり等の問題なのか。…

【続きを読む】

小さいけれど、ほぼ満開

ピンクのカランコエがやっと満開と呼べるくらいになりました。  と言っても、花をつけているのはこれひと房だけなんですけどね。  一度、全滅の危機に瀕しちゃって以来、あまり生長しなくなっちゃって。  それでも蕾をつけるのが健気。  オレンジのほうはたくさん咲いていますが、そろそろ終わりが近い感じ。  結局、割り箸の支柱の甲斐なく、でろ~んと倒れてしまう花房が続出でした (´・ω・`)

【続きを読む】

憧れのハオルチア

多肉植物を育て始めて1年半ほどになるでしょうか。いつの頃からか思っていました。 いつかはハオルチアを育てたい。 最初はハオルチアの中でもオブツーサ限定で考えていたのですが、窓の綺麗なハオルチアは他にもあると知ってからはこだわらなくなりました。 そして、出会いは突然やってきたのであります。  青雲の舞(ハオルチア・ビッタータ)です。  日に透けた窓が綺麗~♪  週末、地元のフリマ的なイベントを見に行ったときに偶然見つけました。  しかも、300円というお値打ち価格。  かつてプロリフェラを枯らしかけ、乙女心を枯らしてしまっ…

【続きを読む】