月見バーガークラゲ

サムクラゲという、目玉焼きにそっくりなクラゲがいます。 英名はそのまんま、Fried Egg Jellyfish というそうです。  そのサムクラゲが月見バーガーと一緒に展示されていたのですが、なかなか黄身を上に向けてくれなくてw  結局、目玉焼きに似てるかどうかもわからない写真しか撮れませんでした。  バーガーと並んでくれたら最高だったんですが、まあ、そう上手くはいきませんなw  ちなみにこれはクラゲファンタジーホールではなく、ペンギンプール前のテーマ水槽での展示だったので、10月からはハロウィン仕様の別展示になっちゃってると思います。 …

【続きを読む】

ちょっと遅れるトトロさん

昨年見たミナミアメリカオットセイのセシが超可愛くて、また見たいと思っていたのですが、今年「きずな/kizuna」に登場したのは3頭ともオタリアでした。 なので、正直なところ最初はがっかりしたんですが、いやいやいや、いましたよ逸材が。  上の写真は左からマミ、ヒミコ、トトロ。  右端にいるトトロさんが、今回の主役です。  このトトロさん、ちょっとのんびりやさん的な紹介があったのですが。  1頭だけ向きが違うのがトトロさんです。  その場でぐるっと回るというのを同時に始めたのに、なぜか遅れているトトロさんw …

【続きを読む】

秋ですね

ここ数日間は完全に夏でしたけれども、今日はすっかり秋です。 昨日の今ごろと比べると、13℃くらい低いみたい。  今日の写真は今が見頃の金木犀。  一昨日撮ったものですが、ほぼ満開と言っていい感じでした。  金木犀も桜と同じくらいパッと咲いてパッと終わってしまうので、見逃さないように香りがしたら様子を見に行くようにしています。  匂うな~と最初に思った日はまだ蕾ばかりで、これはその五日後くらいかな。  今年は真夏の陽気のなか撮りましたけど、金木犀の香りがすると、秋だな~と思います。

【続きを読む】

「荒神」

荒神 (新潮文庫)宮部みゆき  徳川綱吉の治世。  陸奥の南方で反目しあうふたつの藩。  物語は香山藩と、その隣の永津野藩を行き来しつつ進んでいきます。  香山藩仁谷村の少年・蓑吉が夜の山道を駆けているところから始まるのですが、これが地味に怖い。  夜中に起こされ、走って逃げろと言われた蓑吉。  家の外からは悲鳴が聞こえてくる。  とにかく言われるままに逃げたけれど、何が起こっているのかはわからない。  読者も蓑吉と同じ立場で暗い山道を走らされるのです。やめてこわい。  そして、途中で逃げてきた村人に出会うのですが、その人も「あんなも…

【続きを読む】

ヒョウ柄のクラゲ

今回、えのすいで一番見たかったのがこれ。  見てください、この見事なヒョウ柄。その名もヒョウガライトヒキクラゲ。  なんと、これが世界初の展示だそうです。  詳細はこちらでどぞ ⇒【新江ノ島水族館】成長すると傘の模様がヒョウ柄になるクラゲ「ヒョウガライトヒキクラゲ」世界初公開  小さいときはドット柄。  この小さいのが繁殖個体で、上の大きいのは野生個体のようです。  小さいのはどれくらいでヒョウ柄に変身するのでしょう。興味津々~♪  ヒョウとヒョウモンオトメエイとヒョウガライトヒキクラゲと。  海と陸…

【続きを読む】

ビーナさん、ドジっ子キャラになる

昨年はバックヤードにいて会えなかったハナゴンドウのビーナさん。 最近、ショーに復帰したそうです。  ビーナさんは以前からわりと気ままな性格だという認識でいたのですが、なんか、気まま通り越してドジっ子になってました (・∀・;)  ショー全体が何気にビーナさん推しだったんだけど、それが「できない」アピールなのねw  たとえば、ビーナさんは尾びれを振るのが苦手。  尾びれを水面に出すまではできるんだけど、いまいち上手く振れない。  予めそう言われているとですね、ちょっと尾びれがぷるぷるってなっただけでも、 「できて…

【続きを読む】

イワシの日

本日、10月4日はイワシの日だそうです。 1(イ)0(ワ)4(シ)!  イワシは先日えのすいで見てきたばかりです。  上の写真は、朝一なのでまだ誰もいない相模湾大水槽。上のほう群れているのがマイワシです。  マイワシの群れ。  公称 8,000匹だそうですが、たぶん実際はもっと多いと「フィンズ」のときにトリーターさんが言ってました。  あ、イワシと言えば、昨夜はしらすおろしを食べたな~。

【続きを読む】

ドルフェリア最高!

先週末、新江ノ島水族館に行ってきました。  近々来場者数2000万人を達成すると聞いていたので、よーし非売品の5年パスポートもらっちゃうぞ~と意気込んでいたのですが、前日に達成しちゃったそうですw  まあ、そもそもああいうのを達成するのは小さいおともだちと相場が決まっていますしねw  そんなわけでドルフェリアです、ドルフェリア。  えのすいと言ったらドルフェリア。もちろん他にも見たい展示はありますが、まずはやっぱりドルフェリアでしょう。  平日はやっていないので、混雑覚悟で毎回出掛けるのですが、やっぱりお昼にはギブ…

【続きを読む】