カメラ目線のペンギン

ポーラーアドベンチャーのジェンツーペンギン。  何が気になるのか、ずーっとこちらをガン見していました。  気持ち良さそうに陽射を浴びるフンボルトペンギン。  見られているのに気づいたようですw

【続きを読む】

一方その頃のランちゃん

今回見たシャチパフォーマンスはざっくりふたつのパートにわかれていました。  まずはシャチがばんばんジャンプするパート。  そして、トレーナーさんを乗せたり、一緒に踊ったりするパート。  この、トレーナーさんと一緒のパートのとき、ランちゃんだけはサブプールに移動してトレーニングをしていました。  たぶんだけど、ランちゃんは名古屋から帰って来るまで人を乗せるトレーニングをしたことがなかったのだろうなぁと。  こうして練習したあと、またジャンプパートになるとメインプールに戻ってジャンプを披露するという…

【続きを読む】

Kurage Lifeにて

Kurage Lifeには様々なクラゲが展示されていますが、わりと人気スポットのため人が多く、あまり長居ができません。 なので写真も少ないのですが、少ない中でオワンクラゲが綺麗に撮れて嬉しい私です。  初めてまともに撮れたオワンクラゲかも (・∀・;)  生殖腺が6本もあるミズクラゲ(写真中央)。  フリルが可愛いパープルストライプドジェリー。  ストライプはまあわかるけど、パープルがわからぬ…… (・`ω・´;)

【続きを読む】

三連アシカ

鴨川シーワールドのアシカパフォーマンスには、アシカが連なってプールのまわりを一周する技があります。 いつもは2頭で「いっちに! いっちに!」という掛け声とともに一周するのですが、今回はなんと3頭に!  三連は鴨シーホテルの部屋に飾ってある写真でしか見たことがなかったので感激です。  アシカパフォーマンスの内容はいつも基本的に同じなのですが、今回のように技に変化があったり、進化したりするので楽しみ。  常に安定したパフォーマンスを見せてくれるのも素晴らしいことだと思います。  ただ、今回はキレッキレのMCで観客を楽し…

【続きを読む】

腹スプラッシュ

胸びれレバーに続いて今回のシャチ・パフォーマンスで初めて見た技、その2。  その名も、腹スプラッシュ!  例によって正式名称がわからないので思うままに呼ばせていただいておりますw  これは、あれですね。プールに飛び込んだとき、お腹から着水しちゃってビッターーーン!ってなるやつ。  めいっぱい反らせた身体を水面に叩きつけて水飛沫を飛ばすという荒技です。  同じ技をえのすいでは「ベリービート」というカッコイイ名で呼んでいるそうなので真似しようかとも思ったんですが、とりあえず今回は腹スプラッシュで。  この技も…

【続きを読む】

「おちゃっぴい 大江戸八百八」

おちゃっぴい 大江戸八百八(講談社文庫)堀川アサコ  ホラー風味の時代ミステリ連作短編です。  タイトルの「おちゃっぴい」は、女だてらに剣術道場の師範代を務める巴を指していますが、それほど主人公らしい活躍をするわけでもなく、実際の物語は巴の幼馴染である青治を中心に動いていきます。  なので、若干肩透かし気味と言うか何と言うか。あれ? おちゃっぴいどこ? みたいな。  いや、内容は面白かったんです。  生きミイラの噂を追いかけて辿り着いた真相は……「怪人」  跡取りとして養子に迎えられた少年が次郎と名づけられた理由とは……「太郎塚」  江戸時代の口…

【続きを読む】

美しい嘴

エトピリカ。 アイヌ語で「美しい嘴」という意味だそうです。  でも私は、嘴より飾り羽の美しさのほうが印象に残っていたので、危うく「美しい羽という意味」と嘘を書いてしまうところでした。確認して良かったw  ラッコがいた頃はこんなふうにアクリル面に来ているところを見たことはなくて、だから写真もガラス越しのズームでボケボケなのしか撮れなかったのですが、今は間近で見られるし、写真もだいぶ撮りやすくなりました。  水の中を飛ぶように泳ぐエトピリカ。  今月の鴨シーカレンダーが、まさに飛ぶように泳いでいるエトピリカの写…

【続きを読む】

イルカの遊び

ハンドウイルカは遊び好き。 今回は思い思いに遊んでいる姿を見ることができました。  イルカの海ではブイを跳ね上げて遊んでいるコがいました。  けっこう勢いよく飛んでいます。  サーフスタジアムの向かって左側のサブプールにいたコは、食べかけの魚を見せてくれました (・∀・;)  ギリギリギリ……とクリック音をさせながらこちらに近づいてきたので、何か調べられていたのかもしれませんw  前にも食べかけの魚を見せてくれたコがいたんですが、そのときもギギギギギ……とか言ってたような記憶が。  …

【続きを読む】