「三人の大叔母と幽霊屋敷」

三人の大叔母と幽霊屋敷(文春文庫)堀川アサコ  予言村シリーズの3作目。  今回は3つのお話からなる連作短編集となっています。  1作目では本当に存在するのかすら怪しい感じだった予言暦。  こよみ村で起こる未来の出来事が記されているという予言暦(主人公・奈央の父親が村長になることも記されていたという)の存在が、ついに公のものになってしまいました。  しかも、予言暦に深く関わっていた人の家族が、村長さんに預けましたーと公衆の面前で言っちゃったものだからさあ大変。  未来を知りたい村民たちが奈央の家に押しかけてくる事態に。  押しかけてきたのは数名だ…

【続きを読む】

乙女心

新しい多肉を買いました。 ベンケイソウ科セダム属の乙女心です。  昨年、多肉に興味を持ち始めた頃、ネットでいろいろ見ていて最初に「これ可愛いな~」と思ったのが、この乙女心でした。  これまで売っているのを見たことがなかったのですが、このたびようやく出会えました。  とは言え、最初に買ったプロリフェラを上手く育てられているとは言いがたい現状なので、買うのはちょっと躊躇しました。  でも、お手ごろ価格の多肉ってすぐ売れちゃうんですよね。買おうか迷って、また今度来たときにしようと思っても、今度来たときにはもうありませんw  ひと株4,000円とか…

【続きを読む】

ポートレート風のスズメ

先週は病院から帰る途中にスズメの写真がいろいろ撮れてラッキーだったんですが、そのなかで一番気に入っているのがこの写真です。  可愛く撮れたので、ブログのプロフィール画像にしてみました(サイドバーの下のほうに置いてあります)。  この日はあまりちょこまか動かないでいてくれるスズメが多かったので、ピンボケを量産せずに済みました。  ありがとう、スズメたち。  頭の羽毛の一部が白いスズメにも遭遇。命名、ハク。  また会えるといいな。

【続きを読む】

スズメとタンポポ

スズメがタンポポと戯れていました。  どうやらお目当ては綿毛のよう。  ふわふわの綿毛は巣材に良さそうですしね。  何か取れたみたいだけど、くわえているのは綿毛ではないような……  う~む。がんばれ、スズメ!

【続きを読む】

恋の季節?

今週の初め、病院の近くで会ったスズメたちのなかに、こんなポーズをするコが何羽かいました。  もしかして求愛のポーズ? と調べてみたところ、どうやらそうみたいです。  日本野鳥の会のサイトに のけぞるように上体を反らして尾を上げるのが求愛ポーズと言われ との記述がありました。  巣材にすると思しき羽毛をくわえて歩いているコもいましたし、そんな季節なんですね~。  そう言えば、最近よく追いかけっこをしているカワラバトを見るんですが、追いかけているほうのポーズが独特で、大きく広げた尾羽を地面に擦りそうなくらい下げているんで…

【続きを読む】

どなたのおうち?

カーボン山の八重桜の木に、巣箱が掛けられていました。  どんな鳥が入居するのでしょう。  我が家が行ったときは、どこからか鳥の声はするものの姿は見えずで。  一羽だけちらっと見えましたが、写真を撮る前に飛んで行っちゃったので確認できず。  ヒヨドリっぽく見えましたが、う~ん、どうだろう~?  何年か前にムクドリを見かけましたが、それ以外はここで鳥を見た記憶がありません。  わざわざ巣箱を掛けるくらいだし、もしかして鳥が少ないのかな?  いつか八重桜と小鳥を一緒に撮れたらいいなぁ。 …

【続きを読む】

満開の八重桜

週末、横浜のカーボン山に八重桜を見に行ってきました。  今年は開花が遅かったようですが、ここのところ暖かい日が続いていたおかげか、ほぼ満開というナイスタイミングで訪れることができました。  お天気は曇りがちだったものの、風もなく、暑からず寒からず、時々は晴れ間も見えたりして、なかなかのお花見日和だったと思います。  このベンチでお弁当を食べましたよ。  そう言えば、お弁当を食べているとき、1mくらい先にシャクトリムシっぽいモノが浮いているのを夫が見つけまして。  真上に木があるわけでもな…

【続きを読む】

山吹と花海棠

本日2本目の記事。 新デザインシステムでは一日に複数記事をアップした場合、どう表示されるのだろうということを確認するためですw まあ、一日に何本も書くことは現実的にはないので確認する必要なんてないんですけど。気になるんだよ~w  というわけで、まずは枝垂桜の近くに咲いていた山吹。  黄色が鮮やかですね~。  そして、可憐なピンクの花海棠。 バラ科リンゴ属とのことで、リンゴっぽい実が成るみたいですよ。私は見たことはないんですが。 秋に行ったら実が成ってるところを見られるかしら。 【追記】…

【続きを読む】