「おちゃっぴい 大江戸八百八」

おちゃっぴい 大江戸八百八(講談社文庫)堀川アサコ  ホラー風味の時代ミステリ連作短編です。  タイトルの「おちゃっぴい」は、女だてらに剣術道場の師範代を務める巴を指していますが、それほど主人公らしい活躍をするわけでもなく、実際の物語は巴の幼馴染である青治を中心に動いていきます。  なので、若干肩透かし気味と言うか何と言うか。あれ? おちゃっぴいどこ? みたいな。  いや、内容は面白かったんです。  生きミイラの噂を追いかけて辿り着いた真相は……「怪人」  跡取りとして養子に迎えられた少年が次郎と名づけられた理由とは……「太郎塚」  江戸時代の口…

【続きを読む】

美しい嘴

エトピリカ。 アイヌ語で「美しい嘴」という意味だそうです。  でも私は、嘴より飾り羽の美しさのほうが印象に残っていたので、危うく「美しい羽という意味」と嘘を書いてしまうところでした。確認して良かったw  ラッコがいた頃はこんなふうにアクリル面に来ているところを見たことはなくて、だから写真もガラス越しのズームでボケボケなのしか撮れなかったのですが、今は間近で見られるし、写真もだいぶ撮りやすくなりました。  水の中を飛ぶように泳ぐエトピリカ。  今月の鴨シーカレンダーが、まさに飛ぶように泳いでいるエトピリカの写…

【続きを読む】

イルカの遊び

ハンドウイルカは遊び好き。 今回は思い思いに遊んでいる姿を見ることができました。  イルカの海ではブイを跳ね上げて遊んでいるコがいました。  けっこう勢いよく飛んでいます。  サーフスタジアムの向かって左側のサブプールにいたコは、食べかけの魚を見せてくれました (・∀・;)  ギリギリギリ……とクリック音をさせながらこちらに近づいてきたので、何か調べられていたのかもしれませんw  前にも食べかけの魚を見せてくれたコがいたんですが、そのときもギギギギギ……とか言ってたような記憶が。  …

【続きを読む】

胸びれレバー

鴨川シーワールドのシャチ・パフォーマンス。  シャチとトレーナーさんが一緒に手を振るほのぼのした技と、  尾びれでざっぱんざっぱん水を客席にぶっ掛けながら泳ぐ荒技・スイミングバーストが融合し、面白くも恐ろしいスペシャルな技が爆誕していました。  その名も、胸びれレバー! (正式名称がわからないので勝手に命名w)  トレーナーさんが胸びれをキュッと動かすと、  ざっっっぱーーーーーん!!!!!  あら、手を振ってるわ~。か~わいい…

【続きを読む】

絶賛換羽中

一羽のオウサマペンギンが年に一度の換羽を迎えていました。  脇腹のあたりはだいぶ抜け落ちたようですが、他はまだもさもさのぼさぼさです。  その翌日。  一晩でこんなに抜けていました。  他に換羽中のコは見当たらなかったので、前日のコと同一個体だと思います。  クチバシの届くところは毟っている様子。やっぱ、かゆかったりするのかなぁ。  んで、こうやって届くところだけお手入れをした結果、モヒカンになっちゃったりするわけですねw(このコは大丈夫そうだけど)  それにしても、初日と二…

【続きを読む】

お昼寝ランちゃん

シャチ四姉妹の三女、ランちゃん。  この日はオーシャンスタジアムのステージがお気に入りだったらしく、通り掛かるたびにここで寝ていました。  完全に脱力しています。  炎天下ではないものの、こんな天気の良い日に長時間上陸していたのでは身体が乾いてしまいますから、トレーナーさんがせっせと水を掛けてあげていました。  でも、そうやって水を掛けてもらえるのでランちゃんは調子に乗っていつまでもステージに長居し続けているような気がしなくもありませんw  あ~、寝た寝た。よっこらし…

【続きを読む】

活発に泳ぎ回るチンアナゴ

水族館の人気者、チンアナゴ。  身体の大半が砂の中という姿がお馴染みですが、先日、活発に泳ぎ回っている様子を見ることができました。  円柱水槽をぐるぐる回っています。  何年か前に新江ノ島水族館でも泳いでいるのを見たことがありますが、ここまで活発ではなかったような。  せっかくなので、チンアナゴの尾びれを狙って撮ってみました。  普通の魚のような尾びれはないんですね~。  ところで。  チンアナゴが泳ぎ回るのは水槽に入れた直後と死ぬ直前だけ、という話を小耳に挟んだことがあるのですが、…

【続きを読む】

素晴らしきスカイロケット

シャチパフォーマンスのなかでも一、二を争う大技、スカイロケット。  単独でのジャンプも美しいですが、  タイミングがばっちり合ったダブルスカイロケットの迫力と言ったらもう。  何度見ても声が出ちゃうw  満員のオーシャンスタジアムもどよめくってものです。  それにしても、二日目の土曜日はすっごい混雑でした。天気も良かったし、気温も都心は夏日だったようですが鴨川はそこまで高くなかったし。  賑わうのはいいけど、人が多いとマナーの悪い人も増えて困っちゃいますね。  私の前の席にいた人、カメラを自分の頭より高…

【続きを読む】