今日の多肉

今日はハオルチアの萌をひと回り大きな鉢に植え替えました。 買って一年も経っていないのですが、元気に育ってくれて、買ったときの鉢が窮屈になってしまったのです。  昨日、古い根を切って整えたのち、一晩切り口を乾燥させました。  そして今日、植え付けたという次第です。  ちゃんと根付いてくれるといいのですが……ううむ、緊張する。  それはそうと、やっぱり化粧砂がほしいなぁ。  これも水をやると色が変わって綺麗なんですが、買ったときに表面を覆っていた細かい赤玉土(?)が素敵だったので。  さて、多肉の写真をもう一枚。 …

【続きを読む】

あと一輪

ハオルチア・萌の花があと1輪を残すのみとなりました。  現在の花茎は約33cm。最早、自力ではまっすぐ立っていられない状態です。  そして、花の数は全部で14輪。  最後の1輪が咲いてから記事にしようと思っていたのですが、他の花に比べて小さいので咲くかどうか怪しいなぁと思ったので、さっさと書いちゃうことにしました。  萌の本体は今こんな感じ。傾いちゃってます。  傾いた花茎の影響かどうかはわかりませんが、春になったらひと回り大きい鉢に植え替えようと思います。

【続きを読む】

予想外の咲き方

ハオルチア・萌の花が咲きました! ……の、ですが。  え? そこで咲く?  なんと、私が蕾だと思っていたのは花穂だったようです。  そして、花びらかガクだと思っていたのが蕾だったのですね。  蕾を花穂からひとつひとつ外しつつ上に伸びて行っている感じ。  びっくりです。まさかこんな咲き方をするとは。  ちなみに、上の写真は今日撮ったものなのですが、その一番下に写っているのが一枚目の写真の花です。  開花後、4~5日で萎んでしまいました。  全部咲いているところが見られるかと思っていましたが、そう上手くは…

【続きを読む】

更に伸びた!

今日のハオルチア・萌。  花芽はどんどん伸び続け、今日の時点で長さは16cmを超えています。  ちょっと茎が曲がっているのは、光の方へ向かってしまうから。  陽の当たる窓辺に置いておくと数時間で曲がってしまうので、ときどき鉢を回して傾かないようにしています。  あとどれくらいで咲くのか見当もつきませんが、このひょろひょろとした茎をうっかり折ってしまいそうで怖いので、なるべく早く咲いてほしいですw

【続きを読む】

伸びてきた!

新年早々、花芽を出したハオルチアの萌。 休眠期(のはず)にもかかわらず順調に伸びてきています。  ↑ 1月17日 撮影  ↓ 1月20日 撮影  わずか三日でかなり伸びました。  たぶん、まだ伸びるのではないかと思います。  あとどれくらいで咲くか見当もつきませんが、無事に咲いてくれるよう念を送りながら、今日もレースのカーテン越しの陽射しをたっぷり浴びさせています。

【続きを読む】

休眠期なのに

年明け早々、ハオルチアの萌さんが花芽を出しました。  事の起こり(?)は昨年末。  萌さんの葉がへこみ気味になり、元気がなくなってきてしまいました。  冬はハオルチアの休眠期なので、しばらく水やりを控えていたせいだと思います。  しかし、ハオルチアは多肉の中では水を好むほうなので、乾かしすぎも良くないのだとか。  そこで、軽く水やりをしたあと、毎日葉水をすることで乾燥から守ることにしたのです。  それから数日。  ああ、葉に張りが戻って来た。良かったなぁ……と思いながら眺めていたら。  株の中央にいつの間にか花芽が。  休眠期…

【続きを読む】

萌に萌える

新しいハオルチアを買ってしまいました。  萌ちゃんです。値札には静岡産と書いてありました。  出会いは今を遡ること2週間ほど前。  ホームセンターで見かけて、そのときは買わなかったのですが、あとから気になりだして。  でも、先週も何となく踏ん切りがつかなくて見送ったのです。  で、この週末。  まだ売れてなかったら、きっと縁があるってことだから買おうと思って行ったらありましたw  ただ、「ハオルチア 萌」でぐぐってもあまり情報が出て来なくて、詳細がよくわかりません。  葉の形を見る限りはレツーサ系なのかな?  …

【続きを読む】

20日経過

オブツーサ・トゥルンカータを購入して20日になりました。  さすがにまだ変化はありません。買ったときから傷っぽくなっていた葉が購入後数日で枯れましたが、それ以外は特に何事もなく。  2週間経ったあたりで初めての水やりをして、それ以降はただ眺めてニヤニヤする日々です。  つまり、このエントリは「うちのオブツーサたん超かわいいから見て」と言いたいだけなのでした(他に話題もないしw)  へへ、かわいい~ (*´∀`*)  それはともかく、急に暑くなってきたので、そろそろレースのカーテン越しの陽射しも避けたほうがいいのか迷います。  窓の透…

【続きを読む】