ミーハー魂全開

 今朝、めざましテレビで、ウエンツ瑛士くんの新曲(ゲゲゲの鬼太郎の主題歌らしい)のプロモーションビデオを流していました。  目張りと呼んだほうがいいんじゃないかというくらい濃い黒のアイラインで目を縁取ったお化粧をしていて、ラルクのHydeっぽい感じだったのですけど。  これが、ヤバい。  何がヤバいって、超好み。  今時、超とか言うのもどうかと思いますが、ただの好みでは済まされないほど直球ド真ん中の好みだったのであえて言います。超好み。  超綺麗だった。  今まで「このコ綺麗な顔してるのに、なんでお笑い系なのかしら~?」くらいにしか思っていなかったのですが、今朝の一撃…

【続きを読む】

○○と問うならば!

 昨夜放送された筋肉少女帯の復活ライブ、見ましたよー。  昨年の12月28日に中野サンプラザで行われたライブなんですけど……びっくりした。  何がびっくりしたって……  うっちーがサラサラのストレートヘアになっていた!  それ以外はみんなあんまり変わってないなぁ(橘高くん髪立ってるなぁとか、本城さん化粧濃すぎとか、エディさん貫禄が増してるとか)と、懐かしさに浸りながら見ていたのですが、ちょろっと流れた昔(1980年代後半から1990年代前半)の映像を見たら、やっぱりすごい変わっていました。  南無阿弥陀仏の特攻服など、基本スタイルは変わっていないんだけれども、肌の色艶と言う…

【続きを読む】

「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」

 予約までして買ってしまいました、「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」のDVD。  ジャック・スパロウ船長、大好き~♪  ジョニー・デップ好きでオーランド・ブルーム好きの私には直球ド真ん中の映画です。  まあ、だからと言ってわざわざ映画館に行くことはないのですが。  さて、感想(一部ネタバレアリなのでご注意を)。  と言っても、ふだん映画を観ないワタクシですので、面白かったか面白くなかったかくらいのことしか語れないのですが……面白かったです。  前作に比べてアクション・シーンがすごいことになっていた気がします。前作の記憶、おぼろげですが。  あー、この映…

【続きを読む】

頭のなかがラップだYO!

 買い物に出たとき、いつもと違う道を通ってみたら、こんなものを見つけました。  最近、話題になったレモンガス。  おかげさまで、あのCMが頭のなかをぐるぐる回って止まりません。  ちっちきちっちっちー

【続きを読む】

ブライトさん

 声優の鈴置洋孝さんが肺がんのため、お亡くなりになったそうです。  突然のことで驚きました。  塩沢兼人さんがお亡くなりになったときも突然で、訃報を知った私は即行で妹に電話を掛け、驚きと悲しみを分かち合ったものです。  しかし今、妹は夏休みで家にいない……  ワタクシ的に、鈴置さんと言えばブライトさんで、ブライトさんと言えば、 「弾幕薄いよ! 何やってんの!」  なのですけれども、この台詞ももう聞くことはできないのですね……  淋しいなぁ……  謹んで御冥福をお祈りいたします。

【続きを読む】

一気呵成に…沈没?

 先日、NOVAのCMで、映画『日本沈没』の一場面が使われているのを見ました。 「日本は一気呵成に沈んでいくんだっ!」  と言っている場面が放送されていたわけですが……  一気呵成に沈むって言いかた、おかしくない?  手元の電子辞書によると、一気呵成とは、 「一息に文章などを作り上げること。また、物事を一気になしとげること」  とあります。  上記の説明から、「一気呵成」の使用条件は「主体が能動的あるいは自発的に行動する場合」であることが窺えます。  CMの場面を見る限り、「一気に」を強めた言いかたとして「一気呵成に」が使われているように思えますが、辞書にはそうし…

【続きを読む】

映画版「嗤う伊右衛門」

 京極夏彦原作「嗤う伊右衛門」の映画版。  チャンネルNECOで放送していたのを見たので、その感想を。  かなり原作に忠実に作られていました。  しかし、原作に忠実であるぶん、原作を読んでいない人には複雑な人間関係が判りづらかったんじゃないかしらという印象。  やけに説明的な台詞も多かったし。  雨が降ったり、水溜りがあったり、水辺だったりと、水を多用した演出は、暗めの映像と相俟ってじめじめした不快感3割増し。  このじめじめ感は雰囲気があっていい感じです。  ただ、スプラッタな場面が数箇所あって、そこは思わず目を背けました。  まあそれも原作に忠実っちゃ忠実なん…

【続きを読む】

さよなら、ヒビキさん

 本日をもって、ついに仮面ライダー響鬼が終了。  何だかよくわからない終わりかただなぁ、というのが最終回を見ての感想です。  結局、私には最後まで、ストーリーの中での桐矢の存在意義がよくわかりませんでした。  べつに桐矢がいなくても、その役回りはあきらちゃんで事足りていたと思うんですけどねえ。  そもそもあきらちゃんって明日夢くんのライバル、とは言わないけれども、それに近い、明日夢くんに「僕はこのままでいいんだろうか」って思わせるためのキャラとして出てきたんだから、そのまま進めば良かったんじゃないでしょうか。  何も桐矢に役割をスライドさせる必要はなかったと思いますねえ。そのほ…

【続きを読む】