2011年07月24日

「地球外生命を探せ」

 これも沖縄のホテルで見たやつなんですが。
 「NHKスペシャル 宇宙 未知への大紀行 第2集 地球外生命を探せ

 木星の衛星エウロパには生命が存在しているのか、というあたりから、地球外生命の存在を探る様々な活動を紹介するドキュメンタリーです。
 2001年制作だからデータ的には古いのかもしれないけど、面白かったです。

 なかでも、SETI@home の活動が興味深かった〜。
 これは「電波望遠鏡で採取したデータを解析するのに自分たちのところのコンピュータだけじゃ時間が掛かって仕方ないから、世界中の一般家庭のパソコンに手伝ってもらおう」というプロジェクトで、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校が運営しているそうです。

 このプロジェクトのおかげでずいぶん解析が進んだとのこと。
 今、日本は節電まっただ中だからアレだけど、いつか電力に余裕ができたら、そしてその時まで憶えていたら、参加してみたいなぁ。

 ところで、我が家で「ハオリムシの先生」として親しまれている辺境生物学者の長沼毅先生はこの番組には参加してらっしゃらないのかしら? と思ったら、ちゃんとエンディングロールにクレジットされていました。
 ああやっぱり〜って、なんかちょっと嬉しかった(笑)

NHKスペシャル 宇宙 未知への大紀行 第2集 地球外生命を探せ [DVD]NHKスペシャル 宇宙 未知への大紀行 第2集
地球外生命を探せ [DVD]

ドキュメンタリー

NHKスペシャル 宇宙 未知への大紀行 第1集 ふりそそぐ彗星が生命を育む [DVD] NHKスペシャル 宇宙 未知への大紀行 第3集 火星へのはるかな旅 [DVD] 宇宙 未知への大紀行 第4集 惑星改造〜もうひとつの地球が生まれる〜 [DVD]

by G-Tools
タグ: DVD 
posted by nakaji at 12:19 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>映像

2011年07月20日

「オーシャンズ」

 沖縄のホテルで見た映画です。
 「オーシャンズ

 映像は素晴らしかったです。映像は。
 でも、それだけかな。

 陳腐なプロパガンダにはうんざりですわ。
 既に散々語り尽くされてることを、なんで今さら言われなきゃならんの? それも上から目線で。

 環境問題について人類に猛省を促してるようだけど、その猛省すべき人類の中に自分たち入ってないよね? みたいな。
 例えるなら、エアコンがんがん効かせてる部屋の人に「おまえら節電しろよ」と言われているような不快感、かしら。

 ナレーションなんかいらないから、その替わりにどこで撮った何という動物かというテロップをつけてほしかったな。そのほうがよっぽど勉強になる。私、パッと見ただけで野生のイルカの種類がわかるほど詳しくないし。

 ところで、この映画と「WATARIDORI」の監督って同じ人なんだね。
 あーなるほど、と思う一方で、なんかがっかり。

 でもね、映像はほんと良かったです。迫力あって。

タグ: DVD 
posted by nakaji at 14:54 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>映像

2011年07月13日

「ハライチ」

 今年も沖縄のホテルで映画(無料で見放題)を見ました。
 映画って言うか、これは何と呼べばいいの? お笑い芸人の……ライブじゃないし……撮り下ろしの DVD は。
 まあいいや。

 とにかく、見たんです。ハライチの DVD。べつに現地で DVD セットして見たわけじゃなくて、チャンネル選択してポチッとしたんだけど。
 一応、アマゾンのリンクを右側に貼ってみたんですけど、見たのはたぶんこれで間違いないと思います。リンク先の説明に「ノリボケない漫才」って書いてあるし。
 ジャケ写見ても、たしかにこんな服着てたような気がするし(笑)

 いや、我が家ね、私も夫も好きなんですわ、ハライチ。
 「細長い店」とか「汗ばんだ膝」とか(笑)

 だから放映ガイドにハライチって書いてあるのを発見して、これは見なくてはと。
 でも、ふだんテレビで見るのは 5分くらいなものなのに、それを 1時間も見続けたらさすがに飽きるんじゃないかなーと思ったのですが、大丈夫でした。最後まで面白かった。
 ツボるとヤバいよね、呼吸困難になる(笑)

 でもなー。ハライチ、いまいち(あ、韻を踏んだ)ブレイクしなかったよね。オリエンタルラジオくらい行くと思ったんだけどなー。
 あと、クールポコも。

タグ: ハライチ DVD 
posted by nakaji at 16:13 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>映像

2011年05月15日

はやぶさで目を腫らす

 昨日、はやぶさの映画を観て来ました。
 新幹線じゃなくて小惑星探査機のほうね。

はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH

 これはプラネタリウムで上映されていたものに、昨年の帰還シーンを加えた劇場版。
 全編 CG で、第52回科学技術映画祭の文部科学大臣賞(科学教養部門) 受賞作。

 世界に誇れる「はやぶさ」の偉業はもっと多くの人に知られるべきだし、そのミッションの概要を知るためにはこの映画はうってつけだと思います。
 みんな観たほうがいいよ。2D映像だけど、宇宙の奥行き凄かったし。
 なんたって500円だし。

 そんなわけでね、目が腫れたんです。

 長い旅を終え、2010年6月13日に地球に還って来た「はやぶさ」の最期の姿を涙ながらに(ネットで)見守ったわたくしとしては、もう、涙なくしては観られなくて。
 「はやぶさ」の存在そのものが涙に直結しちゃってる感じなのですわ。
 ワーナーのオープニングムービー観ただけで、うるっとしちゃうんだもの。

 なのでもう、地球を旅立ったところで (´;ω;`) うっ
 地球スイングバイ成功で (´;ω;`) うっ
 イトカワ到着で (´;ω;`) うっ

 最後、地球に戻る場面で「はやぶさ」の機体は汚れてたりぼろぼろだったりしてさ、でも、実際はそんなの誰も見てないんだから、ぼろぼろだったかどうかなんて分からないんですよ。そう思ってるのになぜか、
 はやぶさ……そんな姿にになってまで…… (´;ω;`) うっ
 ってもう、自分でもわけわかんないことに(笑)

 おかげさまで、見終わったあとは目がぼっこり腫れちゃって。映画館のトイレで鏡見てびっくり(笑)
 最近、わたし本当にすぐ泣いちゃうんだけど、それにしても泣きすぎでした。

 でもね、ほんと、みんな観たほうがいいよ!
 ミネルバのことに全然触れられてなかったのは残念だけど、観るべし観るべし!
 そして、2014年の「はやぶさ2」の打ち上げをみんなで応援しよう! おー!

タグ: はやぶさ 映画 
posted by nakaji at 14:41 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>映像

2010年08月04日

「ターミネーター4」

 沖縄のホテルで観た映画 4本め。

 シュワちゃんじゃないターミネーターってどうなのよ、と観る前に思いました。
 私はべつにターミネーターのファンでも何でもないわけですが、ファンでも何でもない人間でもそう思うくらい「ターミネーター=シュワちゃん」の印象は強烈だと思うのです。

 でね、巧かったと思う。4でのターミネーターの設定。
 ターミネーターがシュワちゃんじゃないことを納得させられる設定だったと思う。私は納得して感心しました。巧いこと考えたなぁって。

 でもね、ほんっと申し訳ないんだけど、わたくし、主要登場人物であるジョンとマーカスの区別が最後までつきませんでした。
 両者が単独で映っている場面なら話の流れで誰だかわかるけど、ふたり一緒に映ってるとどっちがどっちかさっぱり。ごめんねごめんね、人の顔憶えるの苦手でごめんね。

 というわけで、見終わっての感想。「世界を救うのは☆」

B0039QM80Cターミネーター4
コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2010-04-28

by G-Tools
タグ: 映画 
posted by nakaji at 13:37 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>映像