2012年09月21日

LIFE & HUNT

 モンスターハンターの CD 買いましたー!
MONSTER HUNTER 2004-2012[LIFE]MONSTER HUNTER 2004-2012[HUNT]

 私はハンターではないのですが、「英雄の証」は類い稀なる名曲だと思うし、プーちゃんのぬいぐるみは一番の宝物だし。

 「LIFE」には「英雄の証」を始めとして、村関係の曲が収録されています。
 と書いている今この瞬間、ユクモ村の温泉の曲「狩人の集う秘湯」が掛かっていてとてもいい塩梅です。

 プーちゃんの曲も収録されていて、これが「プーギーウーギー☆〜プーギーご満悦☆」というタイトルなのですが、15秒しかないので、HDDコンポがタイトルを表示し終わるのと曲が終わるのが同時だったりします(笑)
 あと、お肉を焼く曲も15秒。よもや「上手に焼けました〜!」というタイトルだったとは!
 「キュッキュッキュッ にゃあ!」の曲も本当に「キュッキュッキュッ にゃあ!」というタイトルだったし、何と言うかもうね、素敵。

 「HUNT」はその名のとおり、戦闘の曲です。
 こっちは「月震/ナバルデウス」(←超カッコいい)くらいしか憶えてないなぁと思っていたのですが、聴いてみるとけっこう「あ!」ってなりました。
 「あ! この曲知ってる!」って。
 でも、どのモンスターの曲かはわからないんですけどね。自分でやってるわけじゃないので、モンスターの姿と名前と曲はいまいち一致していないのです。

 ハンターになりたくて(夫婦で狩りができたら楽しいじゃないですか!)夫のデータを貸してもらってやってみたこともあるのですが……
 前にも書いたかもしれないけど、そのとき最初にやったのがプーちゃんを撫でることで。
 でも、うまく撫でられなくて、プーちゃん怒って家出しちゃって。
 いや〜ん、プーちゃんどこ行っちゃったの〜!って。
 夫に、村のどこかにいるよと言われたので探しに出たんですけど、もう三歩あゆまずぐらいの勢いで酔いました……
 まあ、夫がやっているのを横で見ているだけでも酔うことがあるのでね、こうなることは分かっていたと言えば分かっていたのですが……返す返すも残念な内耳です。


B008CQCBGUMONSTER HUNTER 2004-2012[LIFE]
CAPCOM

ゲーム・ミュージック 2012-09-19

by G-Tools
B008CQCBQAMONSTER HUNTER 2004-2012[HUNT]
CAPCOM

ゲーム・ミュージック 2012-09-19

by G-Tools
posted by nakaji at 16:23 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>音楽

2009年02月01日

嗜好の変化

AFTERSHOCK
アースシェイカー
B000GALGB6

 先日、何となく思い出して、アースシェイカーの昔のアルバムを久しぶりに聴きました。

 そしたら、好きだったマーシーの声が、「あれ? なんかちょっと……苦手?」みたいに感じて、我が事ながら、ちとびっくり。
 楽曲自体は以前と変わらず好きだと思ったし、シェイカーもすごくカッコいいなと思うんだけど……
 好みって変わるものなんだなぁと、感心したりもしております。

 そして、他のアーティストはどうかしら? と思って、長らく聴いていないアルバムを片っ端から聴いてみる作業に突入。
 とりあえず、Bon Jovi に関しては好みが変わっていないことを確認。
 ってことは、ハスキーボイスが苦手になったわけではないのか。

B000006ZFZワイルド・イン・ザ・ストリーツ
ボン・ジョヴィ
マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
1995-02-25

by G-Tools
タグ: ハードロック 
posted by nakaji at 13:37 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>音楽

2007年08月16日

「SAN FRANCISCO」

SAN FRANCISCO
筋肉少女帯
B00005FEQF
「サンフランシスコ10イヤーズ・アフター」
 この一曲を聴きたいがために買いました。
 いい曲だー。

 ただこれ、「サンフランシスコ」のアンサーソングかと思っていたのですが、ちょっと違うような?
 私の読みが浅いだけ?

 「10イヤーズ・アフター」ともう一曲以外はほとんどが別アルバムからの曲なので、位置づけとしてはベスト盤になると思うのですが、まあ何と暗い曲(というか詞)ばかり集めたベスト盤なのでしょう。
 とは言え、好きな曲が多いのも事実ですが。
 特に、最近お気に入りの曲「僕の歌を総て君にやる」が収録されていて嬉しくなりました。

 「サンフランシスコ」は筋少のなかで一番好きな曲ですし、だからこそ、その10年後と題された曲を聴きたくなったわけですが、買って良かったです。
 当分、エンドレスで聴きそう。いや、もう聴いてるが。
タグ: 筋肉少女帯 
posted by nakaji at 16:19 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>音楽

2007年03月19日

「復活究極ベスト 大公式」

 昨年、復活を果たした筋肉少女帯のオールタイムベスト。
 レコード会社の枠を超えて収録された全30曲!

 わりと無難な選曲だとは思いますが、やはり「えー? なんであれが入ってないの?」とか「なんでこれが入ってるの?」とかはありまして。

 なんで『おまけの一日』が入ってるの?
 いや、こんなの入れるなという意味ではなくて……私、『おまけの一日』を「曲」として認識していませんでしたよ。
 あれってオーケンの「語り」だとばかり……曲だったのかぁ。

 何はともあれ、『イワンのばか』を入れずに『おまけの一日』を入れてしまうセンスは筋少っぽい気がします。
 でも、同じ一曲なら『何処へでも行ける切手』を入れてほしかったなぁ。
 あるいは『猫のおなかはバラでいっぱい』を。

 とは言え、『サンフランシスコ』と『生きてあげようかな』が入っていたので満足ですが。
 『サンフランシスコ』は初期の曲では一番好き。
 『生きてあげようかな』は歌詞がしっかり起承転結していて、立派な短編小説になっているのが凄いです。

B000MTFEU0オールタイム・ベストアルバム
筋肉少女帯 復活究極ベスト“大公式”

筋肉少女帯 是永功一 大槻ケンヂ
トイズファクトリー 2007-03-14

by G-Tools
タグ: ROCK 筋肉少女帯 
posted by nakaji at 16:01 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>音楽

2007年02月26日

改めて聴いてみた

キラキラと輝くもの
大槻ケンヂ 筋肉少女帯
B00005FEP9
 昨日の記事に書いた筋肉少女帯のライブで、知らない曲が1曲ありました。
 『機械』という曲。

 調べたら『キラキラと輝くもの』に収録されている曲でした。
 このアルバム、持っています。
 1回聴いたのだけれども、どうも受け付けなくて、それっきりになっていたアルバムです。

 でも、ライブで聴いた『機械』は凄く良い曲だと思いました。
 なので、改めてアルバムを聴いてみたのです。

 好きだなと思う曲がけっこうありました。
 『機械』もそうだし、『サーチライト』もかなり好み。
 当時、何が受け付けなかったのか、今となってはよくわからないのですが……強いて言うなら、詞の雰囲気かなぁ。

 最初は、何と言うか「病んでるなぁ」という気がしたのですけれども、何度も聴いているうちに「そうでもないかな」と。
 うーん……表現するのが凄く難しいのですけれども、オーケンを語る上での重要(たぶん)なキーワード「のほほん」が感じられないのかもしれないです。
 必死と言うか切羽詰っていると言うか、詞に余裕が感じられないのかも。
 それでも、好きなタイプの詞なんですけれども。
タグ: ROCK 筋肉少女帯 
posted by nakaji at 16:00 | Comment(2) | TB(0) | 雑記>音楽