2015年07月08日

混戦と起死回生

 伐採したゴムの木のその後。
 葉っぱ一枚も残さずに伐っちゃったほうは、今こんなになってます。

カシワバゴム

 俺が俺が私が私が、と幹の座を巡って争っている模様。
 何とか葉っぱ出てくれーと願っていたのが嘘のようです。

 一方、挿し木にしたほうは、毎日の葉水も及ばず根が出ないまま枯れ始めてしまいました。無事なの葉はたった一枚という有様。
 このままでは旅行中に枯れてしまうのは必定。ということで、もうイチかバチか。出発の二日くらい前に葉の傷んだ部分を切り、水を張ったバケツに入れておくことに。

カシワバゴム

 5泊6日の間に水が腐ってしまわないか心配だったのですが、杞憂でした。良かったぁ〜。
 それどころか、ぐったりしていた葉は元気を取り戻し、切り口付近には何やら白くポツンとしたものが。
 ……根? これ、根になるの?

 というわけで、現在も水耕栽培を継続中。
 もしかしたら再び鉢に植えられる日が来るかも……!

2015年06月08日

がんがん生長中

 伐採したゴムの木が、がんがんもりもり生長しています。
 2週間前には点のようだった芽が、すっかり葉に!

カシワバゴム

 もう新たな幹候補は出尽くしたと思うんですけど、まだ旧幹からぽつぽつと芽の出る気配が。
 なんか、伐る前以上のスピードで生長している気がします。

 同じように伐採したもう一鉢に、既存の葉っぱの軸から芽を出したものがあったのですが、そちらはその後こうなりました。

カシワバゴム

 ……上手いこと幹側に移動してた!

 凄いよ。植物ってほんと凄いよ。
 あんまり凄すぎて、思わず「植物はすごい」という本を買ってしまいましたよ。読むの楽しみです。

 あとですね。
 伐採した二鉢の生長ぶりに反して、挿し木したやつはちょっと元気がなくなってきてピンチかも。

 葉水の回数を増やしたほうがいいのかなぁとも思うのですが、昔読んだバラの育て方の本に書いてあった、「あまり手を掛けすぎると自力で努力しないダメなバラになる」というような言葉がすごく心に残っていて。
 だから少々厳しくして葉水の回数は増やさず、「何とか根を出さぬことには生き残れぬ!」と思わせるべきなのかなぁと葛藤する毎日です。

2015年05月27日

植物って凄い

 久々にゴムの木の話です。
 どのくらい久々かと思ったら……うそ、4年ぶり!? ひゃ〜。

 もちろんこの4年の間もゴムの木は育て続けていましたが、どうも近頃、取り木に失敗しがちで。
 去年も失敗しました。どうしても表皮が再生方向に行っちゃって、頑として根を出してくれなかったのです。で、私が根を上げたと。根だけに。えへへ。

 えーと。根は出してくれないゴムの木ですが、葉は次々に出してどんどん背が高くなってしまいまして。
 今年こそは何とかせねばなるまいと。でも取り木は失敗するし……ってことで。

カシワバゴム

 ばっさりやっちゃいました。ゴールデンウィーク中に。
 本当は葉っぱ一枚くらいは残しておきたかったのですが、下の方の葉はすっかりなくなっていたので仕方なく。もう、ダメならダメでいいや、くらいの気持ちでした。

 で、上のほうは挿し木。もう取り木は上手くいく気がしないし、挿し木は過去に成功したこともあるし。メネデールに頑張ってもらいましょうと。
 一枚目の写真の奥に写っているのがそれです。

 挿し木には毎日葉水。ばっさりやっちゃったほうは普通に水遣り。そして双方、週に一度メネデールを投与すること一ヶ月弱。

カシワバゴム

 芽が出てきました!!!

 凄い! 根はしっかり張ってるけど、葉っぱ一枚くらいは残しておかないと無理かと思ってた!
 葉っぱ一枚もなくていいんだ……葉っぱ隊より凄いじゃん……

 しかも。

カシワバゴム

 一ヶ所出ただけでも凄いと思ってたのに、更に三ヶ所も。
 これってメネデールの威力なのでしょうか……

 実は、ゴムの木はもう一鉢ばっさりやりまして。
 こっちは葉っぱ一枚残していたせいか、残さなかったほうよりも少し早く芽を出していました。

カシワバゴム

 葉になる気満々な様子。
 しかも、こちらもよく見ると複数の芽が出てきていました。

カシワバゴム

 なんか、ひとつは葉の付け根から出ていて、そこに出ちゃってどうするんだよ……と心配なんですが。

 挿し木はまだ先行き不透明ですが、一時、力がなくなっていた葉がだいぶ踏ん張ってきている感じなので、このまま根を張ってくれるんじゃないかと期待しています。

 冬に丸坊主だった街路樹が、暖かくなってあっという間にわっさわさに葉を茂らせたときにも思ったんですけれども、植物の生命力ってほんっと凄いですね。
 いやもう「凄い」としか言葉が出て来ないです。

2011年06月20日

新芽出現

 取り木をしたゴムの木を鉢に植えてから 3週間弱。
 新芽が出て来ました〜!

ゴムの木 #1

 ちょろっと出て来ているのを発見したのが土曜日。それが 2日間でこんなに大きくなりました。
 なかなかしっかりした、良い葉っぱであります。

ゴムの木の新芽

 ここまで来ればもう安心。
 根は間違いなく定着しています。

 それにしても……私が当初思い描いていた予定では、今頃は「そろそろ切り離してもいいかな〜?」とか考えている辺りだったのに。よもや完了してしまうとは。
 前にも書いたけど、やっぱり時季って重要。

2011年05月31日

取り木成功!

 4月末に取り木のセッティングをした我が家のゴムの木。
 当初の見込みでは、発根までに3〜4週間、その根が充分伸びるまで更に3〜4週間。合計6〜8週間で、7月上旬には切り離せるかしら〜と思っておりました。

 で、先週末でちょうど4週間になりましたので、そろそろ発根したかしら〜と見てみたら。

ゴムの木@取り木中

 発根するどころか、伸びまくってた〜。
 や〜ん。全ッ然、気づいてなかった。2〜3日に一度は水苔に水分補給してたのに。死角を衝かれました……

 ううむ……やっぱり季節が合っているとちゃんと発根するんだなぁ。それに速い。
 基本に忠実っつーのは大事だね。うん。

 予想よりかなり早くなりましたが、もう梅雨入りしたので湿度的にも問題はないと思うし、夫に頼んでノコギリで切り離してもらうことにしました。
 切り口から溢れる樹液(ラテックス!)のベタベタ攻撃に悪戦苦闘しつつも……

取り木完了

 何代めかのゴムの木、誕生!
 我が家のゴムの木は取り木を繰り返しているので、もう何代めになるのかわかりません。途中までは数えてたんですけど。

 ここからしばらくは、毎日の葉水で蒸散を防ぎながら、根が定着するのを待ちます。
 この状態から失敗したことはないからもう大丈夫だとは思うけど、油断大敵。慎重にいきましょう。