「三鬼 三島屋変調百物語四之続」 宮部みゆき

三鬼三島屋変調百物語四之続(角川文庫)宮部みゆき  三島屋シリーズ第四弾のタイトルは「三鬼」。なんか紛らわしいぞ。  聞いて聞き捨て、語って語り捨てが約束の変わり百物語。  シリーズ四作目ともなると、聞き役を務めるおちかちゃんも最早プロ。相手が話しやすいように誘導するのなんてお手の物だし、この人からは興味深い話が聞けそう、と自分から声を掛けたりするほどに。  その百物語センサーは優秀で、なんと相手方も話を聞いてもらおうかと思っていたそうで。  そうして語られるのが第二話「食客ひだる神」。本作に収録されている四つの物語の中で、唯一つらくないお話です。  ひだ…

【続きを読む】

「白銀の墟 玄の月(四)十二国記」 小野不由美

白銀の墟 玄の月 (四)十二国記 (新潮文庫)小野不由美  だいぶ前に読み終わっていたのですが、どうも上手くまとめられずに時が過ぎてしまいました。  今もまだ自分の中で上手くまとまっていませんが、このままだと書かず仕舞いになってしまいそうなので、とりあえず記録のつもりで書いておくことにします。 ※ネタバレありなので要注意でお願いします。  というわけで、ついに最終巻ですが。  第三巻ラストの「驍宗生きてた! やった~!」から始まる上向きの流れ――人材も物資も集まって来た! 第一巻から続いたみんなの苦労がやっと報われる! これなら阿選に勝てる!――からの突き落…

【続きを読む】

「白銀の墟 玄の月(三)十二国記」 小野不由美

白銀の墟 玄の月(三)十二国記 (新潮文庫)小野不由美  今回もネタバレありです。  ついに物語が大きく動き始めました。  まず、第二巻で私が心配していた不穏な気配には泰麒も耶利も気づいていて、序盤に手を打ってくれたのでひと安心。  妖魔の仕業だというのはわかっていたけれど、しかしなぜ妖魔が王宮にいるのかと。  そこに出てきた名前が琅燦。  第二巻の感想で、琅燦黒幕説を思いついたと書いたのですが、これがわりと当たっていてびっくり。  正確には黒幕とは言えないものの、謀反を考える阿選の背中を押したのは本当に琅燦だったようです。  動機も、彼女の言…

【続きを読む】

「白銀の墟 玄の月(二)十二国記」 小野不由美

白銀の墟 玄の月(二)十二国記 (新潮文庫)小野不由美  まず初めに。  今回はネタバレ気味の感想になっております。  直接的な文言は出来る限り避けましたが、未読の方はくれぐれもご注意ください。と言うか読まないほうがいいと思います。楽しみ奪いたくないし。  というわけで本文。  第一巻の終盤で李斎と別行動を取ることにした泰麒。  この第二巻では、敵の本丸と化している白圭宮に真正面から乗り込んだ泰麒と、泰麒に置いてけぼりをくった形の李斎、それぞれの行動を追っていくことになります。  項梁ひとりを供に、策をもって身の安全を図りつつ白圭宮に戻った泰麒。…

【続きを読む】

「白銀の墟 玄の月(一)十二国記」 小野不由美

白銀の墟 玄の月(一)十二国記 (新潮文庫)小野不由美  十二国記、18年ぶりの書下ろし新作は戴国のお話です。  カバーイラストは戴の麒麟、泰麒。  戴は本当に不遇な国で、もともと北国なので冬の寒さが厳しい上、前の王が国を荒らして疲弊しきっていました。  やっと新しい王が即位したものの、わずか半年で王も、王を補佐する麒麟も消息不明になるという不幸に見舞われてしまいます。  それから6年。  ようやく泰麒が戴に戻りました。  実を言うと私、戴はあまり好きじゃないんですよね。戴と言うか、戴の人たちが。  大人たちは、幼いとは言え国の要である泰麒を可愛がりす…

【続きを読む】

「不連続の世界」 恩田陸

不連続の世界(幻冬舎文庫)恩田陸  初めて恩田作品を読んだのは15年以上前のことだと思う。『六番目の小夜子』だった。  評判が良かったので読んでみたのだけれども、私には今ひとつ良さがわからず、何だかこの人とは合わない気がするという印象だけが残った。  以降、他の作品を手に取ることはなかったのだが、たまたま本作を読む機会に恵まれたので挑戦してみた。  塚崎多聞という音楽プロデューサーの視点で紡がれる5編は、ホラーのようなミステリのような、面白い味わいの物語だ。  ホラー色が強いのは、聞くと死にたくなる歌の真相を探る『悪魔を憐れむ歌』。  ミステリ色が強いのは多聞…

【続きを読む】

「桜の森の満開の下」 坂口安吾

桜の森の満開の下坂口安吾  この作品のことはもちろん昔から知っていて、人間椅子の同名の曲を聴いたり、舞台を現代にした森見登美彦版を読んだりはしていたけれど、オリジナルを読むのは今回が初めてだった。  凄惨なのに美しい物語。  そして、胸の内側がざわざわしてとても不安になる物語だと感じた。  まず作者は冒頭、「桜の花の下から人間を取り去ると怖ろしい景色になる」ということを、大事なことだからか一文の中で二度も言って、桜に対する負の感情を読者に持たせる。  更に、桜の花の下に来ると人は皆、気が変になると畳みかけて不安を煽る。  そうして描かれるのは、山賊…

【続きを読む】

「幻想寝台車」 堀川アサコ

幻想寝台車堀川アサコ  幻想シリーズの7作目。  本作からカバーイラストのイラストレーターさんが変わったんですね。  私がこのシリーズを読み始めたそもそものきっかけは、シリーズ1作目「幻想郵便局」のカバーイラストに惹かれてのことだったので変更は残念ですが、こちらもとても素敵なイラストです。シリーズ通しての雰囲気も踏襲されてるし。  さて、今回の主人公は、同棲していた彼女に去られて自殺を図る青年、篠原多聞。  ただし本当に死ぬ気はさらさらなく、ただ元カノの気を惹きたい一心で、いくら飲んでも死なないだろうと高を括って睡眠導入剤や抗うつ剤を大量に飲んだスットコドッコイです…

【続きを読む】