2011年02月07日

第45回スーパーボウル

 年に一度くらいはブログ名に相応しい記事を書かんといかんよね。

 つーわけで、今日はスーパーボウルをテレビで観戦しました。
 グリーンベイ・パッカーズ(Green Bay Packers)vs ピッツバーグ・スティーラーズ(Pittsburgh Steelers)。

 パッカーズは昔ファーブがいた頃ずっと応援していたチームで、スティーラーズには夫が大好きなポラマルがいるので、どっちが勝っても OK な試合でした。
 なので、パッカーズがリードしたら、
「スティーラーズ頑張れ〜!」
 って言って。スティーラーズが追い上げてきたら、
「パッカーズしっかりしろ〜! 追いつかれちゃうぞ〜!」
 って言って。またパッカーズが引き離したら、
「追いつけスティーラーズ!」
 って。

 でも、終始リードしていたパッカーズのほうが焦ったり追い詰められたりして見えたのは不思議。
 どっちが勝っても良かったんだけど、やっぱりファーブのいないパッカーズに勝たせてあげたいって気持ちがちょっと強かったかも。
 だから、パッカーズが勝って良かったね、って感じ。

 今年のハーフタイムショーは全然知らないアーティストなので、始まるまではつまんないなーと思っていたのですが、始まったら凄く面白かったです。悪と戦ってそうな感じで。
 「ブラック・アイド・ピーズ(Black Eyed Peas)」っていうヒップホップ系のグループなんだって。
 去年は映像と音がずれまくって最悪だったけど、今年はそういうこともなく楽しめました。

 改めて。
 14年ぶり4回目のスーパーボウル制覇おめでとう!

タグ: NFL スーパーボウル 
posted by nakaji at 15:34 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>スポーツ

2008年03月06日

ファーブ引退

 NFL グリーンベイ・パッカーズのクォーターバック(QB) ブレット・ファーブが現役引退を表明したそうです。

 昨年も一昨年も、来季はプレイするのかということが話題になっていましたから、引退のニュースを見て驚いたと言うよりは、とうとうこの時が来たか……という感じではあるのですが、やはり残念です。

 精神的に疲れてしまった、というのが引退理由とのこと。
 英語が覚束なくて公式サイトが満足に読めない私のために、夫が昨日「精神的に疲れた」の詳細を教えてくれて、それはとても納得(共感)できるものでした。
 が、やっぱり残念感は拭えません。
 体力的にはまだプレイできると本人も言っているので、尚更。

 17年間チームを引っ張ってきた偉大な QB を欠いて、来季のパッカーズは大変そうです。
 つい、マイケル・ジョーダンが引退したあとのブルズがどん底になったことを思い出してしまいますが……いやいや、そんな不吉なことを考えるな自分。

 ファーブの引退は本当に残念でなりませんが、もう決まってしまったことですから、ここは清々しく「お疲れさま」と言うべきなのでしょう。
 そういうわけで。

 長い間お疲れさまでした!

 ……でも、来季の開幕までに思い直してくれないかなぁと、こっそり思っています。
タグ: NFL 
posted by nakaji at 14:38 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>スポーツ

2007年04月12日

松坂VS

 今日はボストンでマリナーズ対レッドソックス戦がありました。
 と書いても全然ピンと来ないですね。
 いわゆる「松坂VSイチロー」です。

 「松坂VSイチロー」って、タイマン勝負じゃないんだからさ……と思う私。
 まあ、楽しみにしていなかったわけではないので、べつにいいのですけれども。
 いや、楽しみにしていなかったと言うよりは、むしろ楽しみにしていたのですけれども。イチロー好きだし。

 しかしながら、主婦と言えども午前中はけっこう忙しいので、腰を据えて見ていたわけではありません。

「あ! ゴミを捨てに行っている間にマリナーズが先制してる!」
「ああっ! 洗濯物を干している間に3対0になってる!」
「あああッ! お風呂掃除が終わったら、ピッチャーが松坂じゃなくなってる!」
 みたいな。

 それでもイチローの全打席は見ました。
 攻守交替のたびにリプレイするんだもん。第一打席なんて何度見たことか。
 ヒット打てなくて残念でした。
 マリナーズ勝ったからいいけど。

 ……と言うか。
 城島が2本もヒット打ってるじゃないですかー!
 それもツーベース! ツーベース2本!

 次のマリナーズ対レッドソックス戦では「松坂VS城島」にしてあげてー!
 あと、今日のマリナーズの先発、ヘルナンデスをもっと讃えてあげてー!


城島2安打「僕はオマケみたいなもの」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000013-nks_fl-base

 城島、いい人だー。

 ついでにSeesaaの新機能(AFP BB NEWSから簡単に引用できる機能)を使ってみようっと。
タグ: MLB 
posted by nakaji at 16:23 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>スポーツ

2007年02月05日

第41回スーパーボウル

 今年のスーパーボウルは、マイアミのドルフィン・スタジアムで行われました。
 マイアミなら暖かくていいやねー、などと言っていたら、現地は雨。と言うか大雨。
 しかし、雨が降ろうが雪が降ろうが、中止にならないのがアメリカンフットボール(サッカーやラグビーもそうかも)。

 その大雨のなかで国歌斉唱をしたのはビリー・ジョエル。
 すっかりハ○上がっていたのにはびっくりしましたが、やっぱカッコいいわ、ビリー。
 グランドピアノごとずぶ濡れになりながらの国歌斉唱は素晴らしゅうございました。
 歌の最後に合わせて5機の戦闘機がスタジアム上空を通過する恒例のパフォーマンスもカッコようございました。去年はドーム・スタジアムだったから、なかったのですよね。

 さて、今年の対戦はインディアナポリス・コルツとシカゴ・ベアーズ。
 我が家はコルツを応援したのですが……

 試合開始直後にキックオフ・リターン・タッチダウンをくらって、7点ビハインド。
 TDで同点に追いつくかと思いきや、ポイント・アフター・タッチダウンをミスるという、痛恨の事態に。

 半端じゃない雨のせいでボールが滑るのか、両チームともにファンブルしまくり。
 ファンブル・リカバーで攻守交替した次のプレイで、ファンブル・リカバー。で、攻守交替。などという差し引きゼロな感じの場面もありましたし。
 もう、ランの途中で捕まりそうになったら「転んどけ!」といちいち叫んでしまいました。ファンブルするよりマシだよねー、ということで。

 それでも前半で逆転に成功し、コルツのリードでハーフタイム・ショウへ。

 今年のハーフタイム・ショウは、プリンス。いや、元・元プリンス?
 ビリー・ジョエルはすっかり○ゲていたのに驚きましたが、プリンスはほとんど劣化していなくて驚きました。
 今まで全然興味なかったアーティストなのですが、ちょっとカッコ良かったかも。
 関係ないけど、プリンスって本名なのね。

 さて後半。
 ベアーズはラッキーなTDで点は取れたけど、ディフェンスが弱いから、このままじゃワンサイドゲームになっちゃうよ〜(*補足)、と旦那さんが言ったとおり、終始コルツが押し気味でゲームを進め、点差を広げてゆきました。

 最終的に29対17で、コルツの勝利!
 36年ぶり2度めのスーパーボウル制覇だそうです。

 MVPはQBのマニング。
 順当な選出だとは思いますが、ワタクシ的には第4Qでインターセプト・リターン・タッチダウンをした人(ヘイデン?)が良かったなぁ。
 あの、ラインを割りそうで割らなかった素晴らしい足捌き!
 チャレンジ対象になったので何度もリプレイされたのですが、そのたびに「すげー!」と言ってしまいました。

 それから、彼をタッチダウンさせるため、次々リードブロックをかまして道を作っていった「漢」な仲間たちも素敵。
「ここは俺に任せておまえは行け!」みたいな。
 カッコイイー!
 すげーカッコイイー!
 リードブロック最高ーーー!

 前々から思っているのですが、私、もしもアメフトのプレイヤーになれるなら、リードブロックする人か、オフェンスラインでQBを守る人になりたいです。
 だったらフルバックをやりなさいと旦那さんに言われました。ふむふむ。


>>2007/02/06(*補足)

 ベアーズのディフェンスが弱いというのは語弊がありました。
 強力ディフェンスが売りのベアーズが、コルツのオフェンスを止められていない。
 そして、コルツのディフェンスがベアーズのオフェンスを完璧に抑えているので、「ワンサイドゲームになっちゃう」ということだそうです。
 その辺がよくわからない私には、ベアーズのディフェンスは弱々に見えていました。スミマセン。
タグ: NFL スーパーボウル 
posted by nakaji at 15:46 | Comment(4) | TB(0) | 雑記>スポーツ

2006年12月08日

真逆

 以前、私が、
「何かブログのネタをくれ」
 と言ったときに旦那さんがしてくれた話。

 野球の審判がする、セーフのポーズ。
 両手を水平に広げるポーズです。
 あれ、アメリカンフットボールになると、インコンプリート(失敗)のポーズになります。

 そして、野球でファウル示す、両手を上に上げるポーズ。
 あれはアメリカンフットボールでは、タッチダウンを意味します。
 正確には野球よりもまっすぐ垂直に腕を上げるのですが、でも「腕を上に上げる」という部分で共通しています。

 真逆なのです、示す意味が。
 同じアメリカのスポーツなのに、どうしてこうも逆なのでしょう。

 ……という部分を掘り下げて、調べて、結論が出せたらそれなりに有意義な記事になっていたと思います。
 もしかしたら(たぶん違うと思うけど)、旦那さんもそれを期待して話してくれたのかもしれません。
 しかし、調べてもさっぱりわからなかったので、
「なんでだろうねえ」
 と言うだけの、単なる独り言になってしまいました。とほほ。

 でもホント、なんでだろうねえ?
posted by nakaji at 17:08 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>スポーツ