大嫌いな花

 かつてメインサイトのほうにも書いたことがあるのですが、子供の頃からチューリップが大嫌いです。嫌いと言うよりむしろ怖い。
 開ききったチューリップの内側の赤黒い色は、私にとってあまりにも気味が悪く正視に堪えないモノなのであります。

 なので、最近は花の写真をたくさん撮っていますが、チューリップだけはスルー。完全スルー。
 物の例えではなく、本当に目を逸らして見ないようにしていました。

 ところが、そんな私が撮ってしまったのです。チューリップを。
チューリップ#1

 私の中で、嫌なモノを忌避する気持ちよりも珍しいモノに対する好奇心が勝った瞬間の写真。
 赤と黄色のチューリップはワタクシ的に最悪なのですけれども、この変な形に対する興味が勝りました。何というチューリップか調べようという気にはなりませんでしたが。

 上の写真を撮ったあとで、ひとつ気づいたことが。
チューリップ#2

 白いチューリップはそんなに怖くない。内側も真っ白だったし(←覗いてみた)。

この記事へのコメント

  • びびこ

    nakajiさんこんばんは~♪
    引き続きコメント・・・。

    nakajiさんはチューリップフェアには行けないお人なのですね~(^◇^)
    チューリップ恐怖症(?)の人って結構いますよね。私の友達にも花が開いてべろ~んとなっているのが大嫌い!というチューリップ嫌いがいます。
    アラワになってるのがいやなのかしらん?と勝手に想像してましたが、彼女にもnakajiさんのような幼少期の体験があるのかな~
    2008年04月24日 21:27
  • nakaji

    >>びびこさん

    チューリップフェアは、私にとっては罰ゲームですねー(笑)

    私、びびこさんのお友達と同じです!
    あの、べろ~んがもう怖くて怖くて(´;ω;`)
    メインサイトのほうに書いたとき、私のチューリップ嫌いに対し、
    「なるほどわかる気がする」という感想をいただいたことがあるのですが、
    まったく同じことを思っているかたがいらっしゃると知って
    nakaji感激であります。お友達によろしくお伝えくださいませ(笑)
    2008年04月25日 11:03

この記事へのトラックバック