予想外の咲き方

ハオルチア・萌の花が咲きました! ……の、ですが。

ハオルチア

 え? そこで咲く?

ハオルチア

 なんと、私が蕾だと思っていたのは花穂だったようです。
 そして、花びらかガクだと思っていたのが蕾だったのですね。
 蕾を花穂からひとつひとつ外しつつ上に伸びて行っている感じ。

 びっくりです。まさかこんな咲き方をするとは。

 ちなみに、上の写真は今日撮ったものなのですが、その一番下に写っているのが一枚目の写真の花です。
 開花後、4~5日で萎んでしまいました。
 全部咲いているところが見られるかと思っていましたが、そう上手くはいかないようです。

ハオルチア

 花を近くで見るとこんな感じ。
 多肉植物の花はよく地味だと言われますが、いやいや、可愛いじゃないですか。まあ、たしかに派手ではないけど、小さくて可愛いと私は思います。変わった形してるし。

 そう言えば、花が咲く前は日に向かって曲がっていた茎ですが、花が咲いてからは全体的に傾いてはいるものの茎が曲がることはなくなりました。
 理由はわかりませんが、面白いですね。

この記事へのコメント