シェフレラの挿し木に挑戦

一昨々年の夏に買ったときには小さくて可愛かったシェフレラ。
当初から大きくなりそうな予感はあったのですが、予想を上回る勢いでぐんぐん生長を続け、最近では見上げるほどの大きさになりました。

シェフレラ

 それだけならまだしも、どうやら自立が苦手なようでだんだん傾いて来てしまったのです。
 調べたところ、シェフレラは茎が柔らかくて曲がってしまいがちなのだそう。支柱を立てて固定するべきだったようですが、時すでに遅し。支柱もろとも斜めに傾いてしまうはめに……

 伐って仕立て直したいけれど、シェフレラの生育期は5月から7月とのこと。
 じっと待ち続けた末、ついに昨日、挿し木を行いました! 昨日はまだ4月だったけど気にしない!

シェフレラ

 本当は川砂に挿すのがいいらしいのですが、買っても他に使い道がなさそうなので、多肉用の土にバーミキュライトを混ぜて挿してみることに。
 初めての試みなので、挿し穂は多めに4本。あと、葉っぱだけのものを試しに2本挿してみました。なんだか、それだけでも発根しそうな雰囲気なのでw

 上手くいけばひと月ほどで発根するようですが、さて、どうなりますか……

シェフレラ

 根元は10㎝くらいまでばっさりいってみました。新芽出るかな。
 ああ、これの植え替えもしなくちゃなんだわ……

 ところで、今回初めてシェフレラを切ったわけですが、くっさいの! すんごい青臭さ。びっくりした。カシワバゴムもドラセナも切ったときの臭いなんて気になったことがないから、ほんと予想外の驚愕。
 シェフレラを伐採するときは換気のいいところで行うのをオススメします(真顔)

この記事へのコメント