憧れのハオルチア

多肉植物を育て始めて1年半ほどになるでしょうか。いつの頃からか思っていました。
いつかはハオルチアを育てたい。

最初はハオルチアの中でもオブツーサ限定で考えていたのですが、窓の綺麗なハオルチアは他にもあると知ってからはこだわらなくなりました。
そして、出会いは突然やってきたのであります。

青雲の舞

 青雲の舞(ハオルチア・ビッタータ)です。
 日に透けた窓が綺麗~♪

 週末、地元のフリマ的なイベントを見に行ったときに偶然見つけました。
 しかも、300円というお値打ち価格。

 かつてプロリフェラを枯らしかけ、乙女心を枯らしてしまった過去があるわたくし、あまりお高いモノには怖くて手が出せませんが、これくらいなら大丈夫かなと。
 いや、ちゃんと育てるつもりですよ、もちろん。だけど多肉相手だと気持ちが空回りすることが多くて (´;ω;`)

青雲の舞

 写真は2枚とも植え替える前です。
 植え替えは素焼きの鉢にするべきかプラ鉢にするべきか悩みに悩んだ末、通気が良すぎる素焼きよりもプラ鉢のほうがハオルチアにはいいという情報に後押しされて、先程プラ鉢に植え替えました。
 実は、プロリフェラを枯らしかけたのも乙女心を枯らしたのもプラ鉢だったので、正直、プラ鉢には良い思い出がないのですが……

 私は手を掛けすぎてダメにしてしまうパターンが多いので、なるべく放置で頑張りたいと思います。って言うか頑張って、青雲の舞!

この記事へのコメント