もとぶ元気村でクルージング

前回書いたイルカウォーキングツアーの他に、もとぶ元気村ではコーラルビュークルージングにも参加しました。
 これは、船室が 1.2m 海中に沈むという大掛かりなグラスボートによる海中見学です。

 普通のグラスボートは船底がガラスになっていて、海底を見る形になりますが、こちらは船室が沈むので、窓から外を眺めるように海中を見ることができます。
 とは言え、我が家が乗船したときは海況がいまいちだったのか視界があまり良くなくて、魚やサンゴはそれなりに見えましたが、写真はちょっと、撮るだけ無駄という感じでした。撮ったけど。

沖縄の海

 そんなわけで、海中は残念でしたが、海上は最高でした!
 ご覧ください、この爽やかな航跡!
 正面に見えているのは瀬底島です。この辺りに海中観察ポイントがあるのですね。

 海中に沈む船室は観察ポイントに着かないと入れないので、それまではデッキにいたんですが、デッキからの眺めが本当に綺麗で。
 船員のお姉さんがいろいろ教えてくれたのも有意義でした。

美ら海水族館の予備水槽

 あの緑の屋根のところは、美ら海水族館の予備水槽(生簀)で、ジンベエザメがいるそうです。
 そうそう。前はジンベエザメが 3匹いたんだけど、繁殖のために今は雌雄1匹ずつにしているんですよね。
 で、1匹は予備水槽の生簀に移したっていうのは知ってたんだけど、それがここかー!

 海の予備水槽を見る機会なんてないだろうと思っていたので、これは嬉しかったです。

マグロの養殖場

 そして、美ら海水族館の予備水槽のすぐ隣はマグロの養殖場だそうです。クロマグロって聞いた気がするけど、もしかしたら違うかも。

 沖合いに見えているのは、クロワッサンアイランドの愛称でお馴染みの水納島。
 海との境に見えている白いラインは砂浜だそうです。

 というわけで、もとぶ元気村に行った日の記録をメインサイトにアップしました。よかったらご覧くださいね~。
 ⇒ 沖縄旅行記(3日目)

この記事へのコメント