もとぶ元気村のイルカたち

今年の沖縄旅行は我が家にしてはとてもアクティブで、もとぶ元気村にも行きました。

もとぶ元気村

 海を仕切っただけの生簀に現在 16 頭のイルカが暮らしているそうですが、赤ちゃんイルカ以外は全部メス。
 恩納村のルネッサンスリゾートにも同じような施設があって、そこではオスばかり13頭が飼育されているらしいです。ルネッサンスにイルカがいるのは知ってたけど、元気村と関係があるとは知りませんでした。
 で、繁殖期にはオスをこちらに連れてきてお見合いをさせているのだそうです。

 その結果!

ハンドウイルカ

 なんと、2日前に生まれたばかりの赤ちゃんがッ!

 パームちゃんの子なので「ぱむこ」と我が家では呼んでいたのですが、男の子だったのですね。
 でも、正式な名前が決まるまでは「ぱむこ」と呼ばせてもらいますw

 さすが生まれたては小さいなぁと思いながら見ていたのですが、上のリンク先のブログを読むと、標準より小さい子だったようで。
 感染症も起こしていたということですが、回復して良かったです。
 炎天下で見守っている飼育員の人たち、ほんと大変そうだったし、この調子で元気に育ってほしいですね。

ハンドウイルカ

 さて、今回我が家が参加したのは、イルカについてのいろいろな話を飼育員さん(イケメン)から聞きながら生簀の縁をぐるっと歩くイルカウォーキングツアー。
 上の写真のように、気ままにふわっと顔を出してくれたりしますが、さわることはできません。それはまた別のプログラム。

ハナゴンドウ

 1頭だけハナゴンドウがいました。名前はガガちゃん。
 しきりにジャンプしていましたが、サインで跳んでいるわけではないのでなかなかシャッターを切るタイミングが合わず、やっと撮れた一枚です。

 各プログラムに参加しないと生簀周辺には入れませんが、周囲の岸の部分からは自由に見学ができるので、次のプログラムまでの30分くらいをぱむこ見学に費やした我が家でした。
 日陰がないのできつかったけど、ぱむこが可愛かったからよし!
 でも、日傘持って行けば良かった! 迷った末にホテルに置いてっちゃったよ (´・ω・`)

この記事へのコメント