どうしても見てしまう

 昨日の記事に、新しいカメラが綺麗に撮れて嬉しいという話を書きましたが、今日はその続きを少し。

鴨川シーワールド

 上の写真はトロピカルアイランドのエメラルドの入江という水槽なんですが、これも綺麗に、見たままの色にかなり近い感じで撮れるのでほんっと嬉しいです。

 今までのはバスクリンのお風呂みたいな色に撮れちゃって。綺麗に撮れるときもあるんだけど、大概バスクリン。
 上の写真も少し緑がかってますけど、これくらいなら画像編集ソフトで少し色を調整すれば更に見たままの色に近づけるのではないかと思います。多機能の画像編集ソフトを使ってはいるんですが全然使いこなせていないので、簡単にできるのはありがたいです。

 さて、本題。タイトルの件です。

 私はどうも色柄のくっきりした魚が苦手でして、ソウシハギとかモンガラカワハギとかね、ダメなんですけど、でも、いると見ちゃう。
 怖いーキモいーって言いながら目が追っちゃう。
 他にもぷつぷつ模様とか苦手。あと、よく自分でもよくわかんないんだけど何かダメ、みたいな。けっこう苦手な魚は多かったりするんですが……

 そんな魚がエメラルドの入江に新登場。

ヒゲハギ

 なんじゃこりゃー!
 なんか出てるー! 紐みたいなのがいっぱい出てるー! うわー! こわー! 何これ! うわー!

 とか言いながら写真撮ってるわけです、私。

 んで、これはボロハギって名前に違いないと断定しました。ぼろきれみたいなのいっぱいついてるし。ボロカサゴって魚もいるしね!
 ところが、調べてみたところ……ついてるのはどうやらボロじゃなくてヒゲみたい。
 ヒゲハギ。
 見かけによらず人懐こいようで、見ているとアクリル面に寄ってくるのが悩ましいですw

この記事へのトラックバック