「不思議プロダクション」

 青森の芸能プロダクションに所属するものまね芸人、シロクマ大福を中心に繰り広げられる、ファンタジーのようなホラーのようなコメディ系ミステリ……?

 面白かったです。
 連作短編なんですけど、全体的に好みの雰囲気。ホラーのようなファンタジーのようなあたりが。
 で、この雰囲気はどうしても幻想シリーズと比べたくなっちゃうんですけど、こっちのほうが読みやすいかなぁと私は感じました。

 まあ、ホラー部分はすごく怖かったんですけどね!
 何だろう……スタンダードな怖さ? オモチャの電話から子どもの声が聞こえてくるとか、もうこれだけでガクブルでしょw
 あと、最終話が私の最も苦手とする虫が関係していて、その意味でもガクブルでした ((((;゚Д゚)))

 これ、実写化したらすごく面白いんじゃないかと思うんだけどなぁ……具体的なキャスティングとか全然思いつかないけど。
 映像でも見てみたいなって思いました。

 とりあえず、このプロダクションの人たちの話をもっと読みたいので続編希望です。

 あ、最後にもうひとつ。
 本作の舞台のひとつに特別な雰囲気のショッピングビルが出てくるんですけど、そこ、私の中で那覇のOPAで再生されました。
 何となく雰囲気が似てる気がして……って、那覇のOPAってドンキになっちゃったんだっけ。屋上のガジュマルの木は元気かな (´・ω・`)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック