はやぶさで目を腫らす

 昨日、はやぶさの映画を観て来ました。
 新幹線じゃなくて小惑星探査機のほうね。

はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH

 これはプラネタリウムで上映されていたものに、昨年の帰還シーンを加えた劇場版。
 全編 CG で、第52回科学技術映画祭の文部科学大臣賞(科学教養部門) 受賞作。

 世界に誇れる「はやぶさ」の偉業はもっと多くの人に知られるべきだし、そのミッションの概要を知るためにはこの映画はうってつけだと思います。
 みんな観たほうがいいよ。2D映像だけど、宇宙の奥行き凄かったし。
 なんたって500円だし。

 そんなわけでね、目が腫れたんです。

 長い旅を終え、2010年6月13日に地球に還って来た「はやぶさ」の最期の姿を涙ながらに(ネットで)見守ったわたくしとしては、もう、涙なくしては観られなくて。
 「はやぶさ」の存在そのものが涙に直結しちゃってる感じなのですわ。
 ワーナーのオープニングムービー観ただけで、うるっとしちゃうんだもの。

 なのでもう、地球を旅立ったところで (´;ω;`) うっ
 地球スイングバイ成功で (´;ω;`) うっ
 イトカワ到着で (´;ω;`) うっ

 最後、地球に戻る場面で「はやぶさ」の機体は汚れてたりぼろぼろだったりしてさ、でも、実際はそんなの誰も見てないんだから、ぼろぼろだったかどうかなんて分からないんですよ。そう思ってるのになぜか、
 はやぶさ……そんな姿にになってまで…… (´;ω;`) うっ
 ってもう、自分でもわけわかんないことに(笑)

 おかげさまで、見終わったあとは目がぼっこり腫れちゃって。映画館のトイレで鏡見てびっくり(笑)
 最近、わたし本当にすぐ泣いちゃうんだけど、それにしても泣きすぎでした。

 でもね、ほんと、みんな観たほうがいいよ!
 ミネルバのことに全然触れられてなかったのは残念だけど、観るべし観るべし!
 そして、2014年の「はやぶさ2」の打ち上げをみんなで応援しよう! おー!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック