あいさつはパルプンテ

 始めてからもう 3ヶ月近くになるというのに、未だに飽きずにやっています、街へいこうよ どうぶつの森

 村の環境を「サイコー」にしたら飽きるかなぁと思っていたのですが全然飽きず。
 現在は、これまで無頓着に走り回ったせいでつるっぱげになってしまった村の地面をフサフサに戻す作業を頑張り中。
 気をつけて歩かなくちゃいけないのは正直ストレス溜まりますが、それ以上に、日に日に再生されていく芝生(今は雪だけど)を見るのが楽しいです。

 んで、今日のタイトル「あいさつはパルプンテ」。

 村の住人の挨拶、最初のうちはそのキャラに合ったものを考えていたのですけれども、最近はもうネタが枯渇してしまったので、苦肉の策でパルプンテとかイオナズンとかベホマラーとか覚えさせています。

 おかげでうちの住人、出会いがしらに呪文唱えてくる危ない連中ばっか。
 ザラキだけは覚えさせる勇気(笑)がないので安心ですが。

 誰に何の呪文を覚えさせたかなんてすぐに忘れちゃうので、けっこうドキドキ。でも、夜に会ったとき「レミーラ!」とか言われるとちょっと嬉しかったりします。
 これ、けっこうやっている人いるんじゃないかなぁと思ってるんですけど、どうでしょう。それともみんな、ちゃんと考えてるのかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック