「白銀の墟 玄の月(三)十二国記」 小野不由美

白銀の墟 玄の月(三)十二国記 (新潮文庫)小野不由美  今回もネタバレありです。  ついに物語が大きく動き始めました。  まず、第二巻で私が心配していた不穏な気配には泰麒も耶利も気づいていて、序盤に手を打ってくれたのでひと安心。  妖魔の仕業だというのはわかっていたけれど、しかしなぜ妖魔が王宮にいるのかと。  そこに出てきた名前が琅燦。  第二巻の感想で、琅燦黒幕説を思いついたと書いたのですが、これがわりと当たっていてびっくり。  正確には黒幕とは言えないものの、謀反を考える阿選の背中を押したのは本当に琅燦だったようです。  動機も、彼女の言…

【続きを読む】

15時45分のオーシャンスタジアム

15時45分。 この日は16時閉館だったので、この時刻にはもう人の姿はまばら。残っているのは我が家を含め、ほとんどが鴨シーホテルの宿泊者だと思われます。  静かなオーシャンスタジアム、そのステージのところで誰かが顔を出していました。  ズームしてみると……  これはランちゃんかな?  そして、ランちゃんが見ているのはウミネコ? カモメ?  名古屋に行く前からランちゃんはウミネコだかカモメだかと仲良しだったから、その頃からの友達かしら?  ランちゃんを見送る姿はちょっと名残惜しそうにも…

【続きを読む】

合成みたい

サーフスタジアムで撮ったハンドウイルカの写真が合成っぽく見えるのはなぜだろう?  イルカの身体に縁取りができちゃう。  背景の色とか陽射しの加減とかが関係している気がするけどよくわかりません。  下手な合成感がすごい (・`ω・´;)  同じような条件でもカマイルカはそうでもない感じ。  というわけで、合成っぽく見えますが合成写真ではありませんのでよろしくお願いしますw

【続きを読む】

やっと会えたよメガマウス

昨年末から展示が始まったメガマウスの骨格標本を、このたび初めて見ることができました。  これはたしか、一昨年、館山沖の定置網に掛かった個体だったかな。  生きて泳いでいるときの姿も映像に残っています。  メガマウスの標本自体は沖縄でも見たことがありますが、こうした骨格標本を見るのは初めて。  と言うか、メガマウスの骨格標本自体、日本初だったような?  軟骨魚類なので骨格標本にするのが難しいのだとか。これはプラスティネーション標本にしたのだと記憶しています。  この個体はメスで、体長5.4m、体重1200kgとのこ…

【続きを読む】

今年の王子様

今年もポーラーアドベンチャーにオウサマペンギンのヒナがいました。  もふもふ~ (*´∀`*)  2年連続で見られて幸せ~  ところで、オウサマペンギンってときどき首がなくなりますよね (・`ω・´;)

【続きを読む】