「大家さんと僕」 矢部太郎

大家さんと僕矢部太郎  多くの方がご存じのことと思いますが、本作はカラテカの矢部太郎さんの漫画家デビュー作にして第22回手塚治虫文化賞短編賞受賞作。  しかも、初めて描いた漫画だそうで、すごいなぁと思っていたのですが、巻末のプロフィールを見たら、お父様が絵本作家でいらっしゃるんですね。なるほど素養はあったのかと納得。  ほぼフリーハンドと思われる大変あっさりした絵柄で、矢部さんの自画像は全然似ていませんが、作中に登場した小堺一機氏がそっくりだったので(この絵柄で!)大家さんもそっくりなのではないかと思います。大家さん曰く、たれ目がかわいいらしいのですが。 …

【続きを読む】