「鳥たちの河口」 野呂邦暢

鳥たちの河口 (集英社文庫)野呂邦暢  いずれも昭和40年代に発表された5作品が収録された短編集。  初めて読む作家さんなこともあってとても新鮮でしたが、それ以上に文学の壁に立ちはだかられた感が凄いです。これを納得のいく読み方ができたら私の読書家レベルもアップしたんじゃないかと思うのですが、現実は厳しいです。  読んだけど読めてない、とでも言いましょうか……とりあえず、感想を書きます。  まずは表題作の「鳥たちの河口」。  この作品は「男はうつむいて歩いた」という書き出しで「あ」となりました。「あ、なんかすごい」と。  男はうつむいて歩いた。  空は暗い…

【続きを読む】

がじがじランちゃん

とある昼下がり。 ひとり遊びのランちゃんがプールの角をがじがじしていました。  がじがじがじがじ……  がじがじがじ……  ふと気づくと、トレーナーさんにすっごい見られてました。  悪戯を見つかったみたいなランちゃん可愛い (*´∀`*) ------------------------------------------------------  昨日、北海道で発生した大地震において被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。  規模もさることながら全道停電という事態に驚いています。  北海道は…

【続きを読む】

シャチに乗る

シャチに乗る、とひと口で言ってもシャチは大きいですから乗れる場所がいろいろあります。 まずは背中。それから、お腹。口吻。 そこに新たに加わったのが……  胸びれ!  こっちでも胸びれ!  どちらもパフォーマンス終了後にやっていたんですけど、トレーニングというより遊びに見えました。  パフォーマンスに取り入れられたときにはどういう技になるのでしょうか。いろいろ想像してみるのも楽しそうですね。  ……あ。もしかしてベリーブロー?

【続きを読む】

遠いスズメ

今日は2週間前にやった検査結果を聞きに病院へ。 ふたつほど基準値越えがあったけど、あとは概ね良好でした。 で、主治医からは水分を摂るようにと。最近、行くたびに言われてるんですけど、今日も念を押されました。 って言うか、ここ数年は何科を受診しても水分摂るように言われます。なぜ? 常に手の届くところに飲み物のある生活をしてるんだけどなぁ(・´з`・) それはともかく、通院日と言えばスズメ観察。なんですが。 今日は全然近くで見られませんでした。天気が悪かったので、姿を見られただけでも良しとしなければと思ってはいるのですが。しくしく。  めいっぱい…

【続きを読む】