淋しい金木犀

朝、久しぶりの青空に窓を開けたら、金木犀の香りが漂ってきました。 明日からはまた雨の予報だし、台風も近づいているし、見るなら今日しかないなと思っていつもの場所に見に行ってきたのです。 そしたら。  がっつり伐採されて、見るも無残な姿に……  4、5本並んだ金木犀たちの枝ぶりは、もともとそれほど良くはなかったのですが、遠目には枯れ木のようにも見えました。  でも、近寄ってみたらひと房ふた房、咲きかけの花が。  上の写真が一番マシだった花。この木、唯一の花でもありました。  伐採すると元気を取り戻したり…

【続きを読む】

ある日のハクセキレイ

先日アップしたハクセキレイの別ショットです。  ここのところ天気の悪い日が続いているので、小鳥たちの姿も見かけません。  どこで雨宿りしているのかなぁといつも気になっているのですが……  急に寒くなったし、ほんと心配。  今日の予想最高気温は17℃。今もすごく寒いんですが、明日は25℃まで上がる予報です。  25℃自体はいいんだけど、乱高下は勘弁して~ (´;ω;`)

【続きを読む】

「幻想短編集」 堀川アサコ

幻想短編集 (講談社文庫)堀川アサコ  「幻想郵便局」から始まる本シリーズのタイトルは、すべて「幻想+漢字3文字」で統一されています。  「幻想映画館」「幻想日記店」「幻想探偵社」「幻想温泉郷」……どれもノスタルジックな雰囲気があって素敵です。  そのタイトルの法則が本作では「幻想+カタカナ語」となっていて、たとえば「幻想オルゴール」なんて夢のような響きでファンタジー好きの心をくすぐりますし、「幻想スパムメール」は何やらホラーな香りがいたします。  でも。  「幻想モカロール」って何??  「幻想カンガルー」とは???  目次を眺めて頭の中が「?」でいっぱいにな…

【続きを読む】

おやつタイム

もぐもぐタイムというタイトルも考えたのですが、今更感がすごいのでやめておきました。 というわけで、今日はストックの中からシャチがおやつをもらっている写真を集めてみたよ。  お魚を軽くひとつかみ、という感じかな。  おやつっぽい量ですね、うん。  両手でかなりどっさりと。  画像が荒くてピントも甘くてほんとすいません。  これはもう、何と言うか、流し込む感じ?w  久しぶりに「マーボー豆腐は飲み物です」という名言を思い出しました。  そう。つまり。  魚は飲み物です byシャチ…

【続きを読む】

あとで気づいた

片脚のハクセキレイに、また会えました。  実は、撮っているときは気づかなかったんです。  両脚を地面についていたから。あ、別のコだな~って。  しかし、帰宅後にPCで見てみたら、右脚の先がないことがわかりました。  前の記事のコと同一個体と断言はできませんが、過眼帯後方にシャチのアイパッチみたいに白くなっている部分があったりするので、同じではないかと。  何より、右脚が欠損しているハクセキレイが何羽もいると思いたくないし。  てっきり片脚は付け根から失われているのだと思っていたのですが、そうではなかったよ…

【続きを読む】

たくましく、生きる

最近、見かけるようになったこのハクセキレイ。 このコには、片脚がありません。  私が初めてこのコを見たのは数週間前なのですが、それ以前にも夫は見かけたことがあって、そのときは数歩あるいてはうずくまってしまう状態だったそうです。  なので、カワラバトの群れに交じって元気に地面をついばんでいるのを見つけたときはとても喜んでいました。  今日の写真は公園の水場に入っているところ。エサがあるのかな?  歩きにくそうな場所ですが、片脚でちょこちょこ歩く姿に危なげはありませんでした。  日中は単独行動のハクセキレイですが、夜…

【続きを読む】

鳩の目の話

私がカワラバトを嫌いなのは糞害に迷惑しているからというのが最大の理由ですが、もうひとつ、ヤツらは目が怖いというのもあります。  見て。この目。怖ッ ((((;゚Д゚))))  意思の疎通とか絶対無理そう。  黒目部分が小さい目って怖いんですよ。なんで? と訊かれると困るんですが。でもほら、漫画でも酷薄な人や狂気に駆られた人なんかは黒目が小さく描かれることが多いですよね。  というのを踏まえて、次の写真をご覧ください。  何これ、かわいい~ (*´∀`*)  めっちゃ黒目がち。  撮ったときは白い部分が多…

【続きを読む】

「大家さんと僕」 矢部太郎

大家さんと僕矢部太郎  多くの方がご存じのことと思いますが、本作はカラテカの矢部太郎さんの漫画家デビュー作にして第22回手塚治虫文化賞短編賞受賞作。  しかも、初めて描いた漫画だそうで、すごいなぁと思っていたのですが、巻末のプロフィールを見たら、お父様が絵本作家でいらっしゃるんですね。なるほど素養はあったのかと納得。  ほぼフリーハンドと思われる大変あっさりした絵柄で、矢部さんの自画像は全然似ていませんが、作中に登場した小堺一機氏がそっくりだったので(この絵柄で!)大家さんもそっくりなのではないかと思います。大家さん曰く、たれ目がかわいいらしいのですが。 …

【続きを読む】