今年もありがとうございました

今年も残り少なくなりました。 本投稿が今年最後の更新になります。  年の終わりはシャチの写真で締めくくりましょう。  5月の写真で恐縮ですが (・∀・;)  ランちゃんのボウジャンプ。  タイミングはばっちりだったのに、ピント甘いし、水面光りすぎだし……で、使わずにいたのを使っちゃいます。へへ。  当ブログを見に来てくださった皆様、今年一年ありがとうございました。  来年もよろしくお願いいたします。  それでは、どなた様も良いお年をお迎えくださいませ。  また来年~ (・∀・)ノ…

【続きを読む】

冬至

冬至には「ん」のつく物を食べるといいという話、今年初めて知りました。  昨日はスーパーの野菜売り場に、   「冬至にはカボチャを食べましょう!」   「冬至には大根を食べましょう!」   「冬至には『ん』のつく物を食べましょう!」  という POP が三つ並んでいて、軽く混乱した後、つまり何を食べてもいいってことですね、と了解した私ですが、今日は偶然にも「ん」のつく物を食べに行く予定になっていて、これはラッキーなのかなと思ったりw  土用の丑の日も、『「う」のつく物』をもっと広めればいいのにね~。  さて、今年もあと9日。  酉…

【続きを読む】

「竜宮電車 水中少女」

竜宮電車 : 水中少女(徳間文庫)堀川アサコ  本作は「竜宮電車」の続編。  2編が収められていますが、量的にはタイトルの「水中少女」が5分の4くらいを占めています。  主人公は前作にも登場した全然流行らない神社の神様、神仁(じんひとし)。通称ジンジン。  相変わらず人に紛れてバイトをして、自らの食い扶持を稼ぐ日々を送っているジンジンの前にひとりの青年が現れて言いました。 「ご利益をぼくに売ってください」  そして目の前に積まれた札束、一千万円。  人の入れるはずのない神域に入り込み、人に見えるはずのない神の姿を見る青年に警戒心を…

【続きを読む】

次々に咲くジュリアンの花

11月下旬に買った「プリムラ ジュリアン キャンディ イン ブライド」が順調に花数を増やしています。 長い名前なので「キャンディ」と呼ぶことにしたと前の記事には書きましたが、すっかり忘れて「ジュリアン」と呼んでいます。ははは。  昨シーズン買ったジュリアンは、めしべが見えるくらい花弁がガッと開きましたが、こちらはあまり開かないタイプらしく、上の写真の状態が精一杯な感じです。  ひと口にプリムラ・ジュリアンと言っても、品種によってずいぶん違うのですねえ。  あ、蕾がどんどん出てきて花が次々に咲くところは一緒かな。

【続きを読む】

カランコエの蕾

カランコエが自立してくれないという話を書いてから約ひと月半。 こんなに立派な蕾がつきました。  自立は、割り箸支柱のおかげでなんとか。  ただ、割り箸の隙間を縫って横になろうとする不届き者もいて、そのうちまた割り箸を増やさなくちゃいけないかな……でも、それだったら見た目的にも行灯タイプの支柱を立てるべきじゃなかろうか……などといろいろ考え中。  肝心の蕾ですが、この感じだと開花は年明けかな。  とりあえず今シーズンも咲いてくれそうなので安心しました。  ところで今日の写真、実は横位置で撮ったのをカメラが素敵にトリミングしてくれたもの…

【続きを読む】

よく晴れた日のヒヨドリ

一昨日のスズメたちの近くにはヒヨドリもいました。  キーキー鳴いて自ら居場所を教えてくれたわりには、木の陰に隠れちゃって顔をよく見せてくれなかったヒヨさん。  でも、お腹や尾羽周辺が(枝越しだけど)よく見える写真が撮れたから、まあいいか。

【続きを読む】

よく晴れた日のスズメたち

今日は朝から14℃もあって、コート要らずの通院日和でした。  そろそろふくら雀の季節ですが、残念ながら今日は普通サイズ。  風が吹くと、みんな枝ごとゆっさゆっさ揺れていて可愛かったです。  お団子のように連なっているスズメたち。  よく見たら下のほうのコがこっそり膨らんでいました。  今日は枝に止まっているコばかりで、地面をお散歩しているスズメは見当たらず。ちょっとがっかり。

【続きを読む】

ナックとマーシャ

今月の鴨シー・カレンダーの写真はベルーガです。 カメラ目線のマーシャとその後ろにナック、という感じの構図なんですが、これを見て、ほんとにこの2頭は見分けるの簡単だなぁ~と改めて思いました。 ↑ナック  デュークとナックは、私には見分けるのが難しかったです。  大きさが違うとかナックのほうが顔の皺が多いという特徴はありましたが、確実な判断材料にはイマイチならなくて。  最終的にはナックの首の後ろのシミとか、デュークの年季の入った胸びれとか、その辺で判断していました。顔立ちじゃ見分けられなかったなぁ…… ↓マーシャ …

【続きを読む】