「三人の大叔母と幽霊屋敷」

三人の大叔母と幽霊屋敷(文春文庫)堀川アサコ  予言村シリーズの3作目。  今回は3つのお話からなる連作短編集となっています。  1作目では本当に存在するのかすら怪しい感じだった予言暦。  こよみ村で起こる未来の出来事が記されているという予言暦(主人公・奈央の父親が村長になることも記されていたという)の存在が、ついに公のものになってしまいました。  しかも、予言暦に深く関わっていた人の家族が、村長さんに預けましたーと公衆の面前で言っちゃったものだからさあ大変。  未来を知りたい村民たちが奈央の家に押しかけてくる事態に。  押しかけてきたのは数名だけれど、これがね、何と言うか、それぞれに浅ましいのですよ。  小さなこよみ村の中には、村にバイパス…

【続きを読む】