よぎるララ(6年ぶり3度目)

 私は過去に「よぎるララ」、「よぎるララ、ふたたび」という記事を書きましたが、このたびまたしてもララによぎられたことをご報告申し上げます。あ、「このたび」と言っても4月の話です。まだ絶賛引っ張り中です。すんませんw  さて、よぎられた写真どぞ。  どーん!  おわかりかと思いますが、狙ってたのはうしろのふたり(1人と1頭)です。  完全に持ってかれましたw  たとえば、「ルーナちゃんにサインが出たからそっちに気を取られていると、ララに出たサインを見落とす」というようなことが多くてですね、こういう事態になってしまうと。  あと、BGMが変わったのもけっこう影響してるかも。なんかこう、いまいち乗れないというか。スーパーリフトの…

【続きを読む】

「遠野物語remix」

遠野物語remix付・遠野物語(角川ソフィア文庫)京極夏彦・柳田國男  行きつけの美容室に持って行って読んでたら、 店長 「今日は何読んでるんですか~?」 私 「遠野物語だよ~」 店長 「ああ~、河童のやつ?」 私 「だいたい合ってる」  こんな会話になりました。  でも、そんなに河童河童してないよ!  遠野にいるのは河童だけじゃないのです。なんか、いろいろいる。いろいろ。  そんないろいろな伝承を集め、編纂したのが柳田國男先生。そして、それを現代語訳し、読みやすく並べ替えたのが京極夏彦先生というわけです。  これを読んでると、伝承って何なんだろうなぁと考えさせられます。  訓話的であれば、「そういうふうに作られた話」と納得でき…

【続きを読む】

続・雨の季節に

 昨日に続いて紫陽花の写真を。  昨日の記事の、3枚目の写真にしようか迷い、「同じような写真3枚載せてもな~」とボツにしたのですが、やっぱり載せたくなりました。  いや、べつに良い写真じゃないのはわかってるんですが……なんだろう? 紫陽花欲みたいな? うん、自分でもよくわかりませんw  それにしてもよく降りますなー。  止みそうで止まないかなり降る雨。こんなところで粘り強さ見せなくていいよー。

【続きを読む】

雨の季節に

 洗い髪の乾きにくさに季節を感じる今日この頃です。  梅雨ですね。  梅雨と言えば紫陽花です。  早いところ近所の紫陽花スポットを探索しに行かなくちゃなぁ。  でも、晴れた日の紫陽花は何となく味気ないし、かと言って雨の日は写真を撮りづらいし。  雨上がりの陽射の下で、というのが理想かな~とかいろいろ考えちゃいますが、結局は行かれるタイミングで行くしかないんですよね。

【続きを読む】

うちのエトピリカ

 4月に鴨シーで買ったお土産を今更アップです。  ピリカの森オープン記念でエトピリカのぬいぐるみ。  けっこう似てると思います。かわいい。  それから、だんだん被る率が高くなってきたガチャガチャからは、なんと念願のスカイロケットが出ました! やった~!  なんとなく、コップのフチ子さんっぽくない?  それはそうと、これで10種類中8種類が揃いました。  ペリカンと笑うアシカがないんだけど、シャチが3種類揃ったからもういいや。  ガチャガチャ終了~。新シリーズになったらまたやりまーす。

【続きを読む】

「数えずの井戸」

数えずの井戸(角川文庫)京極夏彦  京極版「番町更屋敷」。  単行本が発売されたときの版元である中央公論新社の特設ページによると、本書は「菊が井戸端で皿を数えるようになるまでを描いています」とのこと。  ちなみに私、元ネタをほとんど知りません。  お菊さんの幽霊が井戸から出てきて、「いちま~い、にま~い」と皿の数を数え、「一枚足りない~」と言う話、くらいの認識しかありません。誰でも知ってるレベルですな。  でも、だから話について行かれないということはまったくありません。それはこの怪談シリーズに共通して言えることですが。  今作でもまた、自己分析の凄すぎる人たちが、あれやこれや考えすぎたり考えなかったりして悲劇を招くパターン。怪談ですからハッピーエンドには…

【続きを読む】