2015年01月30日

こんな雪の日には

 今日は朝から雪。
 けっこうな大雪で、だいぶ積もりましたが、昼前には雨になったみたいです。

 こんな寒い雪の日には……ペンギン!

オウサマペンギン

 セイウチとかトドとかベルーガとか、寒い雪の日にふさわしい動物は他にもいるけど、ここはペンギンで!
 理由は特になし! あえて言うなら、最初に思いついたから!w

 まあ、自分にマジレスすると、ここまでペンギンの写真出してませんしね。

 そんなわけで、整列するオウサマペンギンたちと、

ジェンツーペンギン

 やたら慌てた風情のジェンツーペンギン。

「大変だ! 大変だぁぁぁ!!!」
 とでも、
「寒い〜! 寒いぃぃぃ〜!」
 とでも、お好きな心の声をつけてお楽しみください。

posted by nakaji at 14:01 | TB(0) | 水族館>鴨川シーワールド

2015年01月28日

花かんざし #5

 花かんざしの蕾がたくさんつきました〜!

花かんざし

 あとどれくらいで咲くだろう?
 楽しみ〜♪

 綺麗に咲いたら、ブログのカテゴリを「その他」から独立させちゃおうかなぁ (*´∀`*)

posted by nakaji at 13:31 | Comment(0) | TB(0) | ガーデニング>花かんざし

2015年01月26日

「ソロモンの偽証:第I部 事件(上・下)」

 全6巻の長い物語なので、とりあえず「第I部」である1巻と2巻の感想を書いておこうかなと。ちなみに、現在第3巻を半分くらい読み終わったところです。

 クリスマスの朝、中学校で男子生徒が転落死しているのが発見されたのが話の発端。
 彼の死は自殺か、それとも殺人なのか……という流れなのですが、話がどこに向かうのか全ッ然読めない! どこ行くの、これ? という状態です。

 登場人物が多くて、視点の切り替わりも多いんだけど、読みやすさは相変わらず。
 そして、人の悪意の生々しさも相変わらず。こわいよー。

 ああ、今ふと思ったんですが、登場人物の年齢層が幅広いことが、向かう先の読めない一因かなぁ。
 中学生視点のときもあれば大人視点もあって、中学生だけでも複数人の視点で語られるし、大人は大人で教師視点や刑事視点など様々だし。
 この先、話がどう進んで最終的にどこに着地するのか……早く読み進めなきゃ!

 そういえば、すっごく些細な、物語的には何の関係もないことなんですが、ひとつ気になってることがあって。
 この話、バブル真っ只中の1990年〜が舞台なんですが、キッチンの描写で「レバーを下げて水を止め」ているのが物凄く引っかかってます。下げて止めるタイプは1995年の阪神大震災以降に普及したはずなんだけどなぁって。
 もちろん、普及したのが震災以降で、それ以前からあったのかもしれない(ちょっと調べたけどわからなかった)けど、そこに引っかかってしまいました。

 あと、物語に出てくる学校名はもちろん、ショッピングモールなんかも架空のものだと思って読んでる中で、ファストフード店だけはっきり何度も「マクドナルド」って出てくることに軽く違和感。
 別にわざわざマックにしなくたって、架空のファストフードチェーンだっていいだろうになぁって、何か気になっちゃった。まさか、他も実在するとか?

 とりあえず、続き読みます。

4101369356ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)
宮部みゆき
新潮社 2014-08-28

by G-Tools
4101369364ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)
宮部みゆき
新潮社 2014-08-28

by G-Tools
posted by nakaji at 14:32 | Comment(0) | TB(0) | 読書記録>フィクション

2015年01月22日

にょろろんチンアナゴ

 みんな大好きチンアナゴ。
 しかし、人気の秘密はイマイチ理解できてません。特に可愛いってわけでもないと思うし。いや、私だって嫌いじゃないですけど。と言うか、チンアナゴ水槽を見つけたら小走りに近寄る程度には好きですけど。

 というわけで、鴨シーのチンアナゴ。

チンアナゴ

 首筋の黒い丸が埋まっちゃうくらい潜っている様子もよく見ますが、この日はみんなかなり盛大に伸び上がってゆらゆらしてた印象。ご飯中だったのかも。

 そして! なんと!

チンアナゴ

 完全に砂から出て、にょろろろ〜んと泳いでるチンアナゴを目撃!
 ブレブレの画像でお恥ずかしい限りですが!

 以前、えのすいでもチンアナゴが泳いでいるのを見たことがあるんですが、そのときの記事を見返してみたら……やっぱりブレブレでした。
 あうあう (´・ω・`)

posted by nakaji at 14:11 | TB(0) | 水族館>鴨川シーワールド

2015年01月20日

遊んで遊んで遊んで〜

 「おねーさん、遊んで遊んで遊んで〜♪」
 とおねだりしていた子イルカちゃん。

ハンドウイルカ

 お姉さんは「いないいないばぁ」的な感じで物陰に隠れたり顔を出したり、

ハンドウイルカ

 口の中をなでなでしてあげたり。

 これ、人間の子どもだったら、「きゃっきゃっ♪」という声が聞こえるんだろうなぁ〜とほのぼの (*´∀`*)
 そして。
 人間の子どももそうだけど、子イルカちゃんは何度でも同じことをして喜ぶので、延々と行ったり来たりしているお姉さんの運動量、半端ないなぁと……感服いたしました。

posted by nakaji at 14:28 | TB(0) | 水族館>鴨川シーワールド