桜探索 #1

 先週の金曜夜の時点では、我が家周辺では桜が咲く気配はほとんど感じられていませんでした。土曜日も同様で、昨日は台風のごとき悪天候で確認する余裕なし。  そして今朝。カーテンを開けると、ピンクの木がそこここに見えるではありませんか。  え? どうしたの急に?  そんなわけで、週末にお花見できるかどうか、咲き具合を偵察に行ってきました。  なんか……咲き始めたという実感がないままに、既に見頃?  これ、週末までもつかなぁ……  夫とのんびりお花見散歩したいぞ。

【続きを読む】

花かんざし #1

 先日の暴風雨でイタリアンラベンダーがひと株ダメになってしまったので、空いた場所に新しく花を植えることにしました。  次に育てるのは尖った花びらの青い花! と、ずいぶん前から心に決めていたのですが、具体的な品種を思い描いていたわけではないのでピンと来るものが見つからず。  ホームセンターの苗売場で夫と協議した結果、「花かんざし」という花を買うことにしました。  全然、尖ってないし青くもない!  むしろ丸い!  その場で一番かわいいな~と思ったのを選んだらこうなりました。てへ。  そんな調子で買ったものです…

【続きを読む】

菜の花の香り

 菜の花畑が見ごろを迎えていました。  菜の花の匂いって、今までは臭いとしか思わなかったんだけど、今年の菜の花にはほのかに良い香りが混ざっていた感じ。  夫も言っていたので、気のせいではないと思います。  何だろう。品種改良とか?

【続きを読む】

 やっと暖かくなってきたと思ったのに、今日はまたずいぶんと寒いです。朝から冷たい雨が降り続いています。  3月も半ばを過ぎたというのに最高気温が10℃に達しないというのは、春としていかがなものか。  というわけで、今日の漢字は「寒」といたします。  いや、べつに「今日の漢字シリーズ」を始めようとか企んでいるわけではありません。どうやって今日の気候の話と今日使いたい写真を絡めようかな~と考えた結果で。こじつけとも申します。  今日の写真(今日撮った写真ではありません)は寒緋桜。  春とは言えまだまだ鮮やかな色合いが少ない今の時季には一際目立つ存…

【続きを読む】

「幻想日記店」

幻想日記店 (講談社文庫)堀川アサコ  幻想シリーズの第三弾。  今作もカバーイラストが綺麗です~。  今までの主役は女の子でしたが、今度は大学生の男の子。  ひょんなことからただ働きする羽目になった日記店の美人店主と、大学で同じサークルのキュートな女の子の間で揺れる恋心な青年です。  で、一作目の郵便局、二作目の映画館がそうであったように、この日記店も不思議なお店。  当然、店主の猩子(しょうこ)さんも謎めいた人なのですけど、名前の漢字から想像した正体とは全然違ってました。引っ掛け問題に引っかかった感じかな。違うか。  そして、シリーズファンに…

【続きを読む】

3月の顔

 鴨川シーワールド・カレンダー、3月の顔はトドです。  被写体はマイジロウかな? って、マイジロウしか名前知らないんですけど。  陸に上がって気持ち良さそうにしてるのがいいですよねえ。  毛皮が乾いてふかふかになってるあたりも素敵です。と言うか、ここが一番いいなぁと私が感じたポイントです。ふかふか。  トドのいい写真がなかったので、トイカメラ風に加工してお茶濁し。  前に載せた写真と激似ですが、ちょっと違うのよ。  こっちは朝ごはん中を背後から激写。  身を乗り出しているのがマイジロウかな? って、マイジロウし…

【続きを読む】

春の訪れ

 少々ひきこもり生活を送っているうちに、近所の河津桜が満開を迎えていました。  考えてみれば、もう3月も中旬なのですよね。  いつまでも冬だと思っていたけど、あと半月かそこらでソメイヨシノも見られるんだなぁ。  さて。一方、密かに咲き具合を見守っていた蝋梅は満開を過ぎ、写真に収めるにはだいぶ残念な感じになってしまっていました。  なので、写真はナシ。一応、記録として残しておくのもいいかもと思って撮りはしたのですが、見てみたら想像以上に残念感が大きかったのでボツ。  ああ、そうそう。昨日の台風のような嵐で、うちのイタリアンラベンダーが根…

【続きを読む】

前世かも

 ちょっとばかり体調を崩していました。  それも、夫がインフルエンザ真っ只中で、私まで倒れるわけには絶対にゆかぬ! という最悪のタイミングで。とは言え、感染したわけじゃないんですけど。  私のは単なる頭痛。  まあ、頭痛自体はいつものことなのですが、寝込むほどというのは久しぶりです。  薬が全然効かなくて、横になったら楽になるかな~と2時間ばかり寝たら余計にひどくなっちゃったよねっていう。  で、食欲もなくなってしまい、あれも無理これも食べられないとなった中で、最後に、これなら食べられるかも~と残ったのがレタスでした。  味付け一切…

【続きを読む】