どっちにしようかな

 写真加工遊び、今日は鴨シーバージョン。  シャチと、  イルカ。  どっちをブログに載せようかな~と悩んで、決めかねたので両方使うことにしました。

【続きを読む】

思い出した

 ネタが尽きると思い出す、写真の加工遊び(だいぶ前から尽きてたけど)。  久しぶりにやってみました。  新江ノ島水族館のイルカパフォーマンス、「きずな/kizuna」の一場面をミニチュア風に加工しました。  水面はなかなかいい感じの偽物感が出たのではないかと思いますが、人のオモチャっぽさはイマイチ足りなかったかな。  もっと引きで、客席まで写ってる写真があったらよかったのかも。

【続きを読む】

蕾の蝋梅

 そろそろ蝋梅の季節かなぁと思ったのですが……  残念ながら、まだまだなようです。

【続きを読む】

「小暮写眞館(上・下)」

 上巻の裏表紙に「待望の現代ミステリー」と書いてあって。  で、そのすぐ下の帯の部分には「最高の青春小説!」と書いてあって。  下巻の帯には「最高の恋愛小説!」と書いてあって。  なんだよー、どれがホントなんだよー。と思いながら読み始めたんですが、うん、まあどれも本当っちゃ本当だった。  最高と感じるかどうかは人によると思いますし、ミステリーと言うのはちょっと苦しい気もしますが。  心霊写真的なモノから始まる物語だったけど、強いて分類するなら青春小説かなぁ。  高校生たちがたしかに青春してました。  ただ、高校生にしちゃみんな老成してると言うか達観しちゃってると言うか、いや~みんなオトナだな~って。私の精神年齢が低すぎるのかな?  地の文は主人公…

【続きを読む】

1月の顔

 2014年の鴨川シーワールド・カレンダー、最初の顔はジェンツーペンギン。  鴨シーのフェイスブックに、カレンダーに使われた写真が載っています。  毎月載せてくれると、写真について説明するのが楽でいいなぁ(笑)  というわけでカレンダーの写真、伏目がちな感じがとってもいいですよね。  切なそうな表情と言うか、お魚ほしそうな表情と言うか。  上の写真は例によって古いものですが、右上の天井の黒い部分が写っていたので採用。ここから、カレンダーにも写っている細かい氷が降ってくるのですよね。  同じように佇んでいるジェンツーですが、私の撮ったのは何だか眠そうです。  切なさまるでナシ! 食べ過ぎて眠くなったのか! みたいな。 …

【続きを読む】

花手毬 #32

 今現在の我が家の花手毬。  夏はくたくたでしたが、冬場は元気です。  どんどん葉を茂らせて、プランターの空いちゃった部分を覆いつくしそうな勢い。  摘心を繰り返したら、春にはわさわさ咲くかな~。  ……と、毎年期待させられるんですよね。  実際には、いつの間にか徒長しちゃって、まばらに花が咲いて、半分枯れつつ何とか夏を越せたり越せなかったりって感じ。  そして、冬の間にまた元気になって……ということの繰り返しです。  ああ、緑の手がほしい。  株自体ももう古くなってきているし、今年は新しい苗を買おうかなぁ。  ……とか思っているうちにシーズン終わっちゃうんですよね。ははは。

【続きを読む】

ラビー、16歳

 明日はラビーちゃんの16歳のお誕生日ですね~。  おめでとう~!  例によって例のごとく、新しい写真はありませんが。  ランディングしたラビーと、ちょこんと顔を出すルーナ。  もうだいぶ大きくなったんだろうなぁ……  そう言えば、鴨シーに一頭だけいたハナゴンドウのハウトって太地に行っちゃったんですね。  でもって、箱根園水族館には太地からメスのハナゴンドウが行ったそうで。  ローテーション?  どうせ異動するなら、ハウトにはえのすいのビーナさんのお婿さんになってほしかったなぁ……なんて思ったりします。  そう言えばついでにもうひとつ。  先日、テレビで水族館(うみたまごだっ…

【続きを読む】