朝日を浴びる

 最近、諸般の事情により「朝日を浴びる」ことを積極的に心がけている我が家です。  お日さまの光を浴びるのは、とても気持ちが良いものですね。  意識すると尚更そう感じます。朝、曇っていたりすると凄く損した気分になる今日この頃です。  気持ち良く晴れた先週末の朝。 「う~ん、光合成」  と、すっかり植物気分で伸びをする夫の横で、なぜか私は干し椎茸の気持ちになって、 「あ~、ビタミンDが作られる~」  などと思ったことでありました。 ※写真は午後に撮影したものですw

【続きを読む】

アリッサム #29

 先日は紫のアリッサムの写真しか載せなかったので、今日は白いアリッサムを。  紫に比べて花が大ぶりで、密度もあまり高くありません。  って言うか、わりとスカスカ気味。  スカスカになっちゃったのは私の育て方が悪いのか、経年劣化的なもので仕方ないのか分かりませんが……とにかく、元気に咲いてはおります。  今年中に一回くらいは切り戻したほうがいいかもですね。紫のも含めて。

【続きを読む】

もうひとつの11月の顔

 鴨川シーワールド・カレンダー、卓上版の11月の顔はベルーガです。  やった~! ベルーガなら分かるよ~(笑) 枯渇寸前ながらストックもあるよ~。  泡をぶくぶくぶく~。  魚をひゅ~っ、と吸い込む直前。  カレンダーと同じように 2頭が並んでいる写真のストックは残念ながらなかったけど、まあいいよね!

【続きを読む】

11月の顔の時間ですが

 鴨川シーワールド・カレンダー、今月の顔シリーズが最大のピンチを迎えました。  11月はグルクマなのですが、写真がありません。  まあ、写真がないよ~というのは過去何度かありましたが、こじつけだろうが何だろうが代替案は何とかひねり出せていたのね。  それが、今回はできません。  グルクマという魚に対して馴染みがなさすぎなのです。写真を見ても、「あー、あの魚か」というのがないのです。  名前くらいは知っていましたが、「グルクマ? グルクンとは違うの? グルクンの唐揚げ美味しいお!」という知り方でして。  仕方がないので、グルクマがいると思われる無限の海の写真を載せることにしました(どこに展示されているかすらわからない)。  この魚…

【続きを読む】

アリッサム #28

 めっきり寒くなりましたね。  冷え性のわたくしは既にふわもこソックスが手放せない、いや、足放せない状態になっておりまして、最近では羽毛の肩当てを「まほうのよろい」と呼んで愛用しております。  そんな、寒さに縮こまっているわたくしとは対照的なのがアリッサム。  寒くなるに従ってもりもりと元気になり、わさわさと花を咲かせ始めています。  今回の写真は紫の花だけですが、白い花も元気に咲いています。  ただ、やっぱりもう何回も夏を越しているので、さすがに老いてきたかなぁと。次の夏が越せるかどうか、正直ちょっと心配ですが、精一杯お世話する所存です。

【続きを読む】

「文庫版 豆腐小僧双六道中おやすみ」

 「豆腐小僧双六道中ふりだし」の続編。  前作と変わらず、小説の形態を取った妖怪解説書であります。  この妖怪はこんなんで~という解説ではなく、そもそも妖怪とは何かという部分の解説。これが大変わかりやすく書かれています。  地の文が講談的な口調(講談よく知らないけど)で、現代の言葉がぽんぽん出てくるのもわかりやすさの一因かも。  わたし的には、登場人物ならぬ登場妖怪がみんな妙に醒めた口調なのもポイントかなと思ったり思わなかったり。  ただ……ね。  この物語は人間パートと妖怪パートが交錯しながら進んでいくんですけど、妖怪パートに遷移するたび、妖怪が現実には「非存在」であるということについて一言あるのね。  それがちょっと、度重なるうちにうざくなって…

【続きを読む】

チンアナゴの日

 今年から、11月11日はチンアナゴの日になったんですって。  すみだ水族館が制定したらしいです。  そういうおいしいネタには飛びつきますよ、私は。  というわけで、えのすいのチンアナゴ。  4匹並んでいる写真があったら最高でしたが、そう上手くはいきませんな。

【続きを読む】