河童の寺にて

 前にも書きましたが、常泉寺さんにはたくさんの河童が棲んでいました。  最初に目についたのが、このやたらナイスバディな河童さん。  この河童姐さんを見て、そういえば昔、小学校でカッパのバッジを買ったよな~というのを思い出しました。  都民の日(明日だ!)にカッパのバッジをつけていると、公共施設の利用料が無料になったり割引になったりしたんですって(詳しくは上のリンク先を見てね)。  いや~、実は都民じゃなくなってから知りました、そのシステム。  当時はただ、みんなが買うから買ってただけで、休みだからといってどこかに出掛けたりはしなかったからなぁ…

【続きを読む】

シャチモドキ

 英名を False Killer Whale、日本語でもシャチモドキなどと呼ばれるオキゴンドウですが、正直これまで私はシャチに似てると感じたことがありませんでした。  しかし。  先日撮ったこの写真を見て初めて納得。一瞬、シャチかと思いました。  いや、本当は物凄くピンポイントに、「あれ? なんでランちゃんの写真が混ざっちゃってるの?」と。何ゆえランちゃんだと思ったのか、我ながら謎ですが。  その場ではただ、セーラーさんまったりしてるな~と思っただけで、シャチ云々というのは全然考えもしなかったのに。  でも、そういうことってけっこうあります…

【続きを読む】

花の寺にて

 彼岸花を見にお邪魔した常泉寺さんは河童のお寺としても有名だそうで、境内の随所に河童の像が配置されていました。  が、今日は河童ではなく石仏の写真を。いや、順番として妖怪より仏様が先かなと。  木々や草花に囲まれた遊歩道があって、そこに河童と同じくらいたくさんの石仏が御座しました。  この遊歩道は「羅漢様の小径」というらしいのですが、これがもうね、彼岸花&仏様の相乗効果で大変でした。気がついたら極楽浄土に行っちゃってそうな雰囲気。  鬱蒼としているし、お寺だから静かだし。蚊さえいなかったら長居したかったな~。  パ…

【続きを読む】

銀貨なクラゲ

 新江ノ島水族館の小窓水槽は、えのすいの中でもかなり好きなエリアでした。  小さい水槽にいる小さい魚は、小さいモノ好きのハートをがっちり鷲掴みにしていたものです。  しかし今年の夏、小窓水槽はなくなってしまいました。  小さいモノ好きのハートはしょんぼりしてしまったのですが、なんと、こんなカッコいいエリアに変貌していました。  その名も、クラゲサイエンス。  小さい水槽に小さいクラゲ。小さいモノ好きのハート、テンションバーン!  しかも、そこには一度見てみたかったクラゲもいたのです。  ギンカクラゲ。英…

【続きを読む】

赤・白・黄色の彼岸花

 今月二度目の三連休中、彼岸花を見に出掛けて来ました。  お邪魔したのは、「花のお寺」 常泉寺さん。  境内には四季折々の花が咲くそうですが、中でもこの季節に咲く白い彼岸花が有名で、彼岸花の関東三大名所のひとつと言われているのだとか。  初めて見ました、白い彼岸花。  白のほうが赤よりもたくさん咲いていたので、白いほうが早いのかねーなんて言っていたのですが、常泉寺さんのサイトによるとまったくそのとおりだったので、我が家の目は確かだったようです(笑)  赤と白のみならず、黄色い彼岸花も。  本当の名前は鍾馗水仙(ショウキズ…

【続きを読む】

隙間からコッソリ!

 先日読んだえのすいトリーター日誌に、仔イルカのホープやサワがイルカショースタジアムの左側のプールで生活しているとありまして。  是非メインプールの左側にあるプールを覗いてみてくださいとも書いてあるんですが、これ読んで私が最初に思ったのは、「左側って見えなくない?」  左側には客席に面した高い壁があるので、見るなら2階の通路からなんだけど、そこには売店が出ていて近寄れなかったはず。  いや、でも待て。私が最後に新江ノ島水族館に行ったのは1年半も前だ。もしかしたら見られるようになったのかもしれぬ。  と思ったんですけどね。やっぱり見えませんでした。壁も売店も変わらずありまし…

【続きを読む】

男鹿から来たオガ

 新江ノ島水族館ではゴマフアザラシのオガにも会って来ました。  今年3月末に秋田の海岸で保護され、6月初旬にえのすいにやって来たコです。  cf. 男鹿水族館GAO:GAOっと!ぶろぐ 「ちびあざらし 新たなる出発!」  cf. 新江ノ島水族館:ニュース 「新しいなかまが加わりました 男鹿水族館GAOよりゴマフアザラシの子どもが到着~愛称は「オガ」に~」  アザラシは独り立ちするのが早いせいか、模様はもとより顔つきもすっかり大人になっちゃってましたが、同居している太平と比べると、まだひと回りくらいは小さい感じかな。  しかし、好奇心は三回りく…

【続きを読む】

ドルフェリアのチカラ

 人混み苦手な私が、何ゆえ混むと分かりきっている三連休中にえのすいに行ったかと言えば、まあ五割程度は諸般の事情なわけですが、残りの五割はドルフェリアがあるからです。  ドルフェリアは平日やらないのですよね。  なので、えのすいに関してはいつも、ドルフェリアは諦めて比較的ゆったり見られる平日に行くか、疲労困憊覚悟でドルフェリアを見るかのせめぎあい。  人が多すぎて見たい水槽に近づけなかったりすると、「……ですよねー」となりますが、ひとたびドルフェリアが始まれば「やっぱり来て良かった~♪」と一気にテンションバーン。  ほんっと素敵です、ドル…

【続きを読む】