スカイ・ハイ?

 なぜだろう。  この写真を見たら、急に頭の中で「Sky High」が掛かりました。  おかしい。ここで掛かるべきは「You Raise Me Up」だろうに。とは言え、似合わないこともないですよね。  スカイロケットにはもっと似合いますね。  ただのスカイつながりとも言いますけれども。

【続きを読む】

「わくらば日記」

わくらば日記 (角川文庫)朱川湊人  昭和30年代の下町が舞台のノスタルジック・ファンタジー&ミステリーの連作短編集です。  知らない時代なのに、この懐かしさは何なのでしょう。  昭和生まれのDNAに何かが刻み込まれているとしか思えない懐かしさ。  本書に登場する荒川のお化け煙突って小さい頃に見たことがあったような気がしていたのですが、今調べたら昭和39年に取り壊されていました。  私まだ全然生まれてないわ。じゃあ、どこで知ったんだろうなぁ、お化け煙突。やっぱり昭和生まれのDNAに(ry  と、軽口はこれくらいにして。  えーと、先にファンタジーと書きましたが、ある種の超能力系のお話なのです。  で、この能力者である少女の容姿や能力自体が、京…

【続きを読む】

スピン

 久しぶりにシャチの写真です。  昨日は久しぶりに梅雨らしい天気で、かなりまとまった雨が降りました。降らないのも困るけど、一気にたくさん降られても困るよね。  ということで、大量の水分を吹き飛ばしてもらいたいな~という気分でスピンジャンプの写真を選んでみました。脱水!  上の写真はラビーかララか判りません(ラビーかなぁ?)が、下は間違いなくララですね。  ビバ! 右側面!

【続きを読む】

「40代、職業・ロックミュージシャン」

40代、職業・ロックミュージシャン(アスキー新書)大槻ケンヂ  最近、少し読書家に戻っているわたくしです、こんにちは。  実はここのところまた耳の調子が悪くて、通院の日々を送っています。  毎日の点滴に掛かる時間がだいたい30~40分。  診察までの待ち時間は長いと2時間。  ソファに腰を下ろす暇もなく呼ばれたりすることも時にはありますが、まあ平均30分ってところかな。  なのでもう読書が進んで進んで。  先に感想を書いた「日本語を使う日々」と本書は完全に待合室と点滴中に読破した2冊です。  今週中にもう1冊くらいは読み終わっちゃうかも。  さて。 『大人になってもドロップアウトし続けるためにキッチリ生きる、'80年代から爆走中、彼らに学…

【続きを読む】

あえての

 オレンジと白のコントラストが綺麗なカクレクマノミを、あえてのモノクロ&トイカメラ加工で。  まあ、苦肉の策というのが本当なのですけれど。  色合いやらピントやらがイマイチなものの、ボツにしちゃうのも何だか惜しいような気がして。ちょっと遊んでみました。

【続きを読む】

「日本語を使う日々」

日本語を使う日々吉田戦車  吉田戦車氏の日本語にこだわったエッセイ集。  「伝染るんです。」とか「ぷりぷり県」とか「甘えんじゃねぇよ!」とか好きで、作中のセリフを今でも時々使ったりします。  「ぷりぷり県」の主人公つとむ(だったと思う。違う作品だったら失礼)が東京タワーにを見て発した「赤い!」とか。べつに東京タワーじゃなくても、妙に赤いものを見たときに使います。  あと、「有名な○○のバカ!」とか。○○の中にはその時と場合に応じた名前が入ります。  今ではネットで普通に使われる「中の人」という言葉は「伝染るんです。」の「下の人などいない」から来ているとも聞きますし、戦車氏の日本語のセンスは多くの人に訴えかける何かがあると思うのです。単純にセンスいいね、って…

【続きを読む】

うちのマンボウ

 鴨川シーワールドで買ったお土産を見せびらかす(笑)のを忘れていました。  今回(もう2ヶ月前だけど)買ったのは、マンボウのぬいぐるみ。  一応チェーンがついています。  ぬいぐるみはリアル系も好きですが、デフォルメ系も好き。  特にマンボウはデフォルメ系だけでいいと思います。リアル系だとちょっと……ほら、本物のマンボウって怖いし……ね?  一緒に写っているガチャガチャのイワトビペンギンは2羽目。  さすがに最近はかぶるようになってきましたが、スカイロケットのシャチとランディングのシャチが当たるまで頑張る。  通販に全種類セットがあるけど……ガチャガチャと回してこそのガチャガチャ!

【続きを読む】