2013年04月30日

10分前

 朝イチのベルーガパフォーマンス開始10分前。
 それまでいつものようにプール内をゆったり回遊していたデュークが急に、ある物を気にし始めました。

ベルーガ

 それは、パフォーマンス中に逆立ちで回転するためのターゲットマーカー。
 写真の赤いやつです。ここにおでこを当てて、くるくる回るのですな。

 それをやけに気にしているデュークのもとにやって来たナック。
 そして。

ベルーガ

 まさかの喧嘩勃発!
 激しく威嚇しあうふたり!

 パフォーマンスの時は協力するけど、プライベートではお互い無関心だと思っていたのでびっくり。
 ナックが怒っているところはたまに見ますが、何があっても柳に風、動かざること山の如しだと思っていたデュークが応戦したことに更にびっくり。
 それとも争いではなくてじゃれ合いなのでしょうか。とてもそうは見えませんでしたが。

 ちなみに、このターゲットマーカーはプール向かって右側のもの。つまりデューク用ですので、なぜナックがちょっかい出して来たのかよくわかりません。
 そして。

ベルーガ

 勝負はナックの勝ち。
 すごすごと引き上げるデューク。
 しかし、その後ナックがデュークのマーカーで遊んだのかと言うとまったくそんなことはなく。ナックが何をしたかったのかさっぱりわかりません。

ベルーガ

 そして10分後。
 何事もなかったかのようにパフォーマンスを始めるふたり。
 このあたりはほんとプロ。

 ただ、逆立ちで回転する時に、デュークがナック側(左)のターゲットマーカーを使ったことを私は見逃しませんでした。まさか、負けた腹いせ?

 そしてパフォーマンス終了後、デュークは居残り(ダイバーさんがプールに入ってトレーニング)を命ぜられていました。
 パフォーマンス中に突然プール内を回遊し始めたりして、やっぱり落ち着きがなかったみたいです。もしかしたら、ナックはその辺を察知していたのかもしれません。

 ところで、マリンシアターにて夫が、「そう言えばベルーガの舌って見たことないなぁ」と。
 言われてみればたしかに、口をパカーッと開けた時でもシャチやイルカと違って、舌はまったくと言っていいほど見えないんですね。何かこう、空洞って感じで。その空洞感がまた好きなんですけどね、私は。
 でも舌の様子は気になるので、今度気をつけて見てみようと思います(ペンギンみたいな怖い舌じゃありませんように……)。

posted by nakaji at 14:17 | TB(0) | 水族館>鴨川シーワールド

2013年04月26日

シンクロ姉妹

 ぐだぐだの翌日のシャチパフォーマンスは、たいへん素晴らしかったです。

シャチ姉妹

 特に、朝イチの回はラビーとララが同時に行動することが多くて。

シャチ姉妹

 私はこういう同時ジャンプを目にする機会にあまり恵まれないので、とっても得した気分になりました。
 これでもう前日のぐだぐだは差し引きゼロだなって思うくらい。

シャチ姉妹

 ふふふ。
 水飛沫の量は2倍以上でしたけどね。

posted by nakaji at 16:43 | TB(0) | 水族館>鴨川シーワールド

2013年04月25日

もうひとつの4月の顔

 鴨川シーワールド・カレンダー(卓上版)の4月の顔はペンギン。
 大きい写真はフンボルトのアップで、小さいほうはジェンツーの立ち姿です。

 というわけで、まずはフンボから。

フンボルトペンギン

 落ちそうで落ちないギリギリ感を楽しむフンボルト。
 たぶん「押すなよ! 絶対押すなよ!」と言ってます。後ろには誰もいませんでしたが。

 そして、もう1枚はジェンツーさん。

ジェンツーペンギン

 画像加工ソフトでいろいろいじっていたら、何やらレトロな風合いになったので採用してみました。
 胸元の白飛びを何とかできないものかといじり始めたのですが、何だっけな、「平滑化」か。そのボタンを訳も分からずクリックしてみたら何だかいい雰囲気になったので、これでいいやと。
 そして忘れ去られた当初の目的。私にはよくあることです(笑)

 あ、そうそう。フンボの幼鳥の写真もばっちり撮りましたので、後日アップしまーす。

posted by nakaji at 16:34 | TB(0) | 水族館>鴨川シーワールド

2013年04月24日

平和な藤棚

 今年の藤棚は平和です。

藤

 4月下旬にして早くも花が終盤に差し掛かっていますが、幸いなことに未だでっかい蜂を見ていません。
 理由はわかりませんが、このまま遭わずに済ませたいものです。

タグ:  
posted by nakaji at 16:07 | Comment(0) | TB(0) | 写真随想録>植物

2013年04月23日

4月の顔

 鴨川シーワールド・カレンダー、4月の顔はカマイルカ。サムとスカイのテイルウォークです。
 カレンダーの写真とは全然違いますが、なかなかいい塩梅の写真が撮れました。

カマイルカのテイルウォーク

 上の写真は左(手前)がサムで右がスカイ。中央はハンドウイルカの誰か。
 サムはボディの灰色部分がゴマ模様、スカイは喉元に斜めの傷があって、どちらもとても識別しやすいカマイルカだと思います。

 カレンダーの写真は2頭が並んでいるのですが、キャプションに『ズングリとしたベテラン「サム」が新人「スカイ」をリードします』と書いてあって。
 えー? 私にはどっちも、つーかカマイルカはみんなシュッとして見えるんですけどー。そんなライオン田兄弟見分けろみたいな書き方されても困るー。
 一所懸命カレンダーの写真を見比べてみたけど、どっちかっていうと私にはスカイのほうがズングリして見えるしー。
 んー。せっかく判りやすい特徴があるんだから、それを書いてほしかったなー。

カマイルカのテイルウォーク

 さて、こちらはサムの前進テイルウォーク。
 先日、カマイルカのことをちょっと調べていて知ったのですが、サムが鴨シーに来たのは1983年5月5日らしいです。
 ってことは……今年で飼育30年!?
 ベテランっつーか、むしろ大御所じゃないっすか、サムさん!

 ちなみに飼育日本一はえのすいのクロス。1978年2月入館。
 カマイルカの寿命は40年くらいだそうですから、どちらも素晴らしい大御所ですね。

カマイルカのテイルウォーク

 カレンダーで「新人」と紹介されているスカイは、2009年に城崎マリンワールドから来た3頭のうちの1頭。
 新人らしく(?)妙に疾走感あふれる写真が撮れてしまいました。

 それから、私が心の中でスカイのことを主水之介と呼んでいるのはナイショです。

posted by nakaji at 16:42 | TB(0) | 水族館>鴨川シーワールド