北の夕暮れ

 早いもので、1月も終わりですね。  という書き出しの記事をいくつか立て続けに目にしたので真似してみましたが、私自身は「まだ1月か、今月長いな」と思っています。こんにちは。  今日はそんな遥か昔の写真をば。  元日の夕暮れです。  ひと月前には北海道にいたとか、ちょっと信じられないんですけど。  そう言えば、今年は流氷が来るのが早くて、我が家が帰宅した一週間後には流氷初日を迎えたそうです。  実は未だ流氷を見たことがないのでいつか見たいとは思っているのですが、さすがに年末年始に来ることはないよねー。っていうか、来たらそれはそれで大事…

【続きを読む】

緑と黒の衝撃

 数週間前、たまたま本屋さんのワゴンで見つけたプーギー。  これはクムクムパズルという立体パズルで、買った時はリンク先の右端の写真のようなちょっと怖い状態で箱に入っていました。  それを組む組むと組み上げて、かわいいプーちゃん完成!  後姿はこんなです。  プーちゃんはお洋服をたくさん持っていて、それぞれにイカす名前がついています。今日の記事タイトル「緑と黒の衝撃」は、このお洋服の名前であります。  思い出ストライプ着用のプーちゃんとツーショット。  どっちもかわゆす~♪

【続きを読む】

もうひとつの1月の顔

 鴨川シーワールドのカレンダー、2013年版から卓上タイプもできたのですよね。  ということは……今月の顔シリーズが月に2回出来る……!  そんなわけで始めました、もうひとつの今月の顔シリーズ。  記念すべき第1回はアザラシです。  カレンダーの写真、見るたびにぼのぼののボーズくんを思い出します。  ああいう、顔がちゃんと写っている写真があったらよかったのですが、最近アシカやトドの耳に萌えるあまり、アザラシにはいまいち目が向きませんで。ストックがありませんでした。これもメインサイトで使った写真だったりします。  せっかくの記念すべき第1回なのに残念…

【続きを読む】

猛威

 インフルエンザが猛威を振るっておりますね。  我が地元においても先週、インフルエンザ注意報的なモノが発令されたそうですが、それに呼応するかのように夫がA型に罹患しました。  そしてタミフルったのですが、すごいですね、効き目。39℃近かった熱が一回の服用で37℃弱まで下がりました。  が、その後、あれ? 下がりすぎ? みたいな。36℃を切ってしまって。  ちょっと心配になって調べたところ、確かにタミフルの副作用には低体温というのがあるようなのですが、果たして35.7℃は低体温なのかと。  医学的な定義はないらしいんですよね、低体温。ちなみに、子供のころの私の平熱は35.…

【続きを読む】

1月の顔

 鴨シーカレンダーの今月の顔シリーズ、今年もやって行こうと思います。  というわけで、1月の顔はラビーとアースのシャチ母子です。  ……が。  もう何度も書きましたが、昨年我が家が行った時にはラビーはサブプールにいまして。アースと一緒の写真がありません。  なので、カレンダーの写真とちょっと似ている感じ(口をパカーと開けている点)の写真を選びました。  左はアースで、右はララ、かな?  ところでカレンダーの写真、アースの目のあたりが光の加減か何かで白線が引かれたようになっているのですよね。それがちょうど不等号(>)みたいで。  で、口をパ…

【続きを読む】

「獣の奏者 3 探求編」

獣の奏者 3 探求編(講談社文庫)上橋菜穂子  やー、びっくりしたー。  前作のラストから11年が経ってて、エリンが一児の母になってたー。物語が始まった時には10歳くらいだったエリンが30代!  そうか、これは長い目で見る話だったのか。  というわけで、タイトルに「探求編」とあるとおり、探求しまくりの本作です。  闘蛇や王獣の生態についてはもちろん、エリンの母親に関することや、彼女たちが住む国の成り立ちに関わることまで。  今まで謎だったいろいろなことが明らかになっていく巻です。  でも、それですっきりしたかって言ったら全然そんなことはなく。 …

【続きを読む】

ずんずんずん

 ずん、ずん、ずん、ずん、ずん、ずん、ずん、 「ちーかーいー!」  と言いながら、顔はでれでれだった私です。でへへ。

【続きを読む】

「獣の奏者 2 王獣編」

獣の奏者 2 王獣編(講談社文庫)上橋菜穂子  面白かった。  面白かったんだけど、う~ん……どうもイマイチ主人公のエリンに感情移入できなくて。  決して嫌いなキャラってわけではないんですけど……好きでもないかな。  何かこう、動物(王獣)に向ける愛情や思いやりほどには、人に対する気遣いがないよね、みたいな。わりと獣のために突っ走って、人に迷惑をかけるの平気だよね、みたいな。  いや、自らが窮地に追い込まれるのを承知で他人のために行動したりもするんだけど、そういう行動の根っこにも 「獣>人」 という考え方があるように見えるのですよね。  それが悪いと言いま…

【続きを読む】