シャチの赤ちゃん

 7月19日に生まれたシャチの赤ちゃんにやっと会えました。  生憎、我が家が行く数日前にラビーと赤ちゃんはサブプールに移ってしまい、ガラス面で赤ちゃんに遊んでもらおうという我が家の野望は脆くも潰え去ったのでありますが。  しかも、サブプール前の観覧台もなかった(もしかして去年からずっと?)ので、サブプールの柵の隙間から覗くか、オーシャンスタジアム上方から眺めるかしか見る術がないという罠。  え~ん! 観覧台置かないなら壁面をアクリルにしてくれ~!  そんなわけで、上から撮った写真です。  左が赤ちゃん(の影)、右がラビー(の影)。  今回は影と背びれを撮るのが精一杯かなぁと半ば諦めていたのですが、少し顔を出したところを何とか撮るこ…

【続きを読む】

10月の顔

 鴨川シーワールド・カレンダー、10月の顔はエメラルドの入り江の魚たちです。  この水槽は本当にいいですよねえ。一日中でも見ていたいくらい。大抵混んでいるので長居できないのが残念です。  手前の隅っこで動かないカメや、ガラス面を行ったり来たりするコンゴウフグを見るのもいいですが、奥の方に目を凝らすのもオススメ。  ヒフキアイゴのお腹の模様って個体によって全然違うんだなぁ、これなら一匹ずつ名前つけられるなぁ、とか思いながらぼんやり眺めるのもよろしいかと。  さて、カレンダーに載っている魚から少しだけピックアップ。  左側に大きく写っているのはセグロチョウチョウウオ。  右側中央はヒメアイゴだと思ってたけど、過眼帯が一…

【続きを読む】

アース、4歳

 去る10月13日は鴨川シーワールドのシャチ、アースの4歳の誕生日でした。  忘れていたわけではないのですが……と言いたいところですが、思いっきり忘れていました。そりゃもう綺麗さっぱり。完全に。  でも、アースのことを忘れていたわけではないのですよ。  4歳になったアースは、約一年ぶりだったこともあってか、とても大きく見えました。  ちなみに、写真左上に写っているのは母親のラビーです。  数日前からラビーと赤ちゃんはサブプールに移動してしまっていて、メインプールはオスカーとララとアースの3頭。パフォーマンスはこの3頭で行われたわけです。  なので、アースももうおまめ扱いされている場合ではないのです。実質おまめだったけど(って言うかおまめって方言な…

【続きを読む】

ばるたん

 メドーセージ。  この特徴ある姿のおかげで一発で名前を憶えられた花です。  でも、心の中ではいつも「ばるたん」と呼んでいます。  (V)o¥o(V) <ふぉっふぉっふぉっ

【続きを読む】

好きずき

 撮れども撮れどもピントが合わずに困ってしまったこの花は……イヌタデ? かな?  花の間隔が微妙に間延びしているこれは、ミズヒキ? かも?  2枚目の写真と同じ花だと思いながら撮ったけど、よく見たら違うかもしれないこちらは……ヤナギタデ? ボントクタデ? やっぱりミズヒキ? それとも全然違う何か?  とりあえず、80%くらいの自信を持って言えるのは、3枚ともタデ科の植物であろうということだけです。  ちなみに、「蓼食う虫も好きずき」の蓼はヤナギタデのことだそうです。  ヤナギタデは葉が辛くて、薬味や刺身のツマとして使われるのですって。  そう言われてもいまいちピンと来なかったのですが、岡山理科大学・植物生態研究…

【続きを読む】

白い……

 バラ?  遊歩道の片隅にひっそりと咲いていたこの白い花はバラでいいのでしょうか。  八重咲きのツバキやサザンカのセンもあるかなぁとか、バラ咲きのエラチオール・ベゴニアも似てる気がするなぁとか思ったり。でも、どれも葉の形が違うのですよね。  むー。園芸種が多そうな花は同定が難しいです。あと、私の感覚では黄色と白の花の同定も手強い。  それがふたつ重なっちゃったらもう、ね。お手上げです。  で、見れば見るほどバラではないような気がしてきました。

【続きを読む】

終わりかけの藪蘭

 濃い紫の小さな花がみっしりと咲いているのが可愛らしい藪蘭(ヤブラン)。……なのですが。  ちょっと時季が遅すぎたみたい。  遠くからだとみっしり咲いているように見えたのに、近づいてみるとあんまりみっしりしてなかった。って言うかむしろスカスカ。  咲いていること自体はずいぶん前から気づいていたのですが、遠目に「ああ~咲いてるな~」って眺めながら通り過ぎてました。ぼんやりしてちゃいかんですね。  小さな実がみっしりと生るらしいので、しばらく気にかけておこうと思います。ぼんやりしなかったら。

【続きを読む】