2012年10月31日

シャチの赤ちゃん

 7月19日に生まれたシャチの赤ちゃんにやっと会えました。
 生憎、我が家が行く数日前にラビーと赤ちゃんはサブプールに移ってしまい、ガラス面で赤ちゃんに遊んでもらおうという我が家の野望は脆くも潰え去ったのでありますが。

 しかも、サブプール前の観覧台もなかった(もしかして去年からずっと?)ので、サブプールの柵の隙間から覗くか、オーシャンスタジアム上方から眺めるかしか見る術がないという罠。
 え〜ん! 観覧台置かないなら壁面をアクリルにしてくれ〜!

 そんなわけで、上から撮った写真です。

シャチの赤ちゃん

 左が赤ちゃん(の影)、右がラビー(の影)。

 今回は影と背びれを撮るのが精一杯かなぁと半ば諦めていたのですが、少し顔を出したところを何とか撮ることができました。

シャチの赤ちゃん

 既にアイパッチは、ほのか〜にオレンジ色が残っている程度。

シャチの赤ちゃん

 こちらは、トレーニング中のラビーと「何してるの〜?」な感じの赤ちゃん。

 さすがに3ヶ月も経つとしっかりしてるなぁという印象。ひとりで泳いでいることも多かったし、そろそろ自我も芽生えていそうな感じ。
 アースに初めて会ったのは生後1ヶ月にならない頃だったので、背びれはヘロヘロだったし、まだ止まることもできない時期だったはず。なので本当に頼りない感じだったのですよね。

 というわけで。
 ガラス越しに会えなかったのは残念でしたが、元気にすくすく成長しているようなので安心しました。元気におっきくなれよ〜!

posted by nakaji at 16:13 | TB(0) | 水族館>鴨川シーワールド

2012年10月30日

10月の顔

 鴨川シーワールド・カレンダー、10月の顔はエメラルドの入り江の魚たちです。

エメラルドの入江にて

 この水槽は本当にいいですよねえ。一日中でも見ていたいくらい。大抵混んでいるので長居できないのが残念です。

 手前の隅っこで動かないカメや、ガラス面を行ったり来たりするコンゴウフグを見るのもいいですが、奥の方に目を凝らすのもオススメ。
 ヒフキアイゴのお腹の模様って個体によって全然違うんだなぁ、これなら一匹ずつ名前つけられるなぁ、とか思いながらぼんやり眺めるのもよろしいかと。

 さて、カレンダーに載っている魚から少しだけピックアップ。

エメラルドの入江にて

 左側に大きく写っているのはセグロチョウチョウウオ。
 右側中央はヒメアイゴだと思ってたけど、過眼帯が一本だからマジリアイゴかも。
 その下にいるのはオジサン、かな。

 カレンダーにはセグロチョウチョウウオとスダレチョウチョウウオが目立つところに写っていて、この二種はぜひ押さえたいと思っていたのですが、残念ながらスダレさんには逃げられてしまいました。
 水槽前に来てすぐに夫が見つけてくれたのですが、カメラカメラズームズームとおたおたしているうちに見失ってしまい、二度と我が家の目の前に現れることはなかったのでした。無念。

エメラルドの入江にて

 こちらはシマハギ。
 筆で適当に線を引いたような、アバウトな横縞が特徴です。
 この縞模様、よく見ると本当に筆書きっぽい感じで滲んでいるのですよね。
 どうしてこうなったんだろう。不思議。

 ところで、カレンダーのキャプションに、「仲間を見分けるのに鮮やかな模様が役立ちます」と書いてあるのですが、それを読むたび「おまえ適当すぎだろ」とキイロハギにツッコミを入れたくなります。

posted by nakaji at 16:59 | TB(0) | 水族館>鴨川シーワールド

2012年10月29日

アース、4歳

 去る10月13日は鴨川シーワールドのシャチ、アースの4歳の誕生日でした。
 忘れていたわけではないのですが……と言いたいところですが、思いっきり忘れていました。そりゃもう綺麗さっぱり。完全に。
 でも、アースのことを忘れていたわけではないのですよ。

 4歳になったアースは、約一年ぶりだったこともあってか、とても大きく見えました。

シャチ(アース)

 ちなみに、写真左上に写っているのは母親のラビーです。
 数日前からラビーと赤ちゃんはサブプールに移動してしまっていて、メインプールはオスカーとララとアースの3頭。パフォーマンスはこの3頭で行われたわけです。
 なので、アースももうおまめ扱いされている場合ではないのです。実質おまめだったけど(って言うかおまめって方言なのね)。

シャチ(アース)

 そんなわけで、アースも頑張ってジャンプします。
 低いけど。そして、ちょっとぎこちないけど。

 ボウジャンプの他にも胸びれフリフリなどの各種小技を披露するアースを好々爺のごとき眼差しで見守っていた私でしたが、これを見た瞬間、思わず涙ぐみました。

シャチ(アース)

 乗ってるー! アースがトレーナーさんを乗せて進んでるー!
 ずっと前にトレーニングしているところは見たことがあるけど、本当にパフォーマンスで見られる日が来たなんて胸熱。

 あの小さかった赤ちゃんシャチがなぁ……と思うともうね、堪らないです。
 アースは私にとって、生まれた時から知ってる初めてのシャチなので感慨もひとしお。
 しかも、この種目は毎回やっていたわけではないので、その不安定さが醸し出す発展途上の雰囲気も相俟って、見るたびに目頭を熱くしていたわたくしです。

 遅ればせながら&最後になってしまったけれど、4歳の誕生日おめでとう、アース!
 今後の活躍を楽しみにしているね!

posted by nakaji at 17:48 | TB(0) | 水族館>鴨川シーワールド

2012年10月25日

ばるたん

 メドーセージ。

メドーセージ

 この特徴ある姿のおかげで一発で名前を憶えられた花です。
 でも、心の中ではいつも「ばるたん」と呼んでいます。
 (V)o¥o(V) <ふぉっふぉっふぉっ

posted by nakaji at 15:38 | Comment(0) | TB(0) | 写真随想録>植物

2012年10月24日

好きずき

タデ

 撮れども撮れどもピントが合わずに困ってしまったこの花は……イヌタデ? かな?

タデ

 花の間隔が微妙に間延びしているこれは、ミズヒキ? かも?

タデ

 2枚目の写真と同じ花だと思いながら撮ったけど、よく見たら違うかもしれないこちらは……ヤナギタデ? ボントクタデ? やっぱりミズヒキ? それとも全然違う何か?

 とりあえず、80%くらいの自信を持って言えるのは、3枚ともタデ科の植物であろうということだけです。

 ちなみに、「蓼食う虫も好きずき」の蓼はヤナギタデのことだそうです。
 ヤナギタデは葉が辛くて、薬味や刺身のツマとして使われるのですって。
 そう言われてもいまいちピンと来なかったのですが、岡山理科大学・植物生態研究室さんの「ヤナギタデ」のページの一番下の写真を見てわかりました。たしかに時々お刺身に載ってることがあるわ、これ。

タグ: タデ 
posted by nakaji at 16:33 | Comment(0) | TB(0) | 写真随想録>植物