ゴンちゃんのカチャーシー

 8月も今日で終わり。  夏の締めくくりに、ゴンちゃんにカチャーシーを踊ってもらいましょうね。  お兄さん、さすがの手の動き。  カチャーシーの手の動きってすごく難しいんですよね。滑らかに動かすのが。  私の動きのぎこちないことぎこちないこと。もとから不器用ってのもあるのかもしれませんが、ギクシャクという音が本当に聞こえそうです、私の場合。  そんなわけで、カチャーシーにおける美しい手の動きは私の憧れです。  ゴンちゃんの胸びれ使いも素晴らしかったですよ。  まだしばらく暑い日は続きそうですけれども、わたし的には夏は8月でおし…

【続きを読む】

いつかの夏空

 昨日の朝はずいぶんと空が秋めいていて、風も爽やかでした。  なので、もう夏も終わりか、季節は移ろいゆくものよのう……などと感傷に浸っていたのですが、日中は風が弱かったせいでふだんより暑いくらいでした。  夜なんか風が凪いでしまったので、この夏のトップ3に入るんじゃないかっつーくらいの蒸し暑さに。  朝の空に騙された感でいっぱいです。  今日はまた思いっきり夏空が戻って来ていて気温も上昇。うちのほうは34℃まで上がったようですが、風があったのでそれほど暑くは感じませんでした。  正直、私の明暗を分けるのは風です。どんなに暑くても風があればだいたい大丈夫。…

【続きを読む】

「陰陽師 天鼓ノ巻」

陰陽師 天鼓ノ巻(文春文庫)夢枕獏  毎度おなじみ、風情や雰囲気といったものを味わうための小説。  このシリーズを読むたび、マンネリと様式美の違いについて思いを馳せてしまうわたくしであります。  いつものとおり、晴明と博雅が風雅な庭を愛でつつ酒を飲み、その合間に面妖な事件を解決したりしなかったりします。  収録されている全8編、だいたいそんな感じ。  ただ今回は、準レギュラーに格上げされたらしい琵琶法師の蝉丸が同席することが多かったです。  蝉丸の過去にまつわる話もあったし。と言うか、表紙イラストがまさにその話「逆髪の女」なので、今作はそれがメインなの…

【続きを読む】

沖縄ショボーンズ

 今更ながら、沖縄で捕獲してきたご当地ショボーンをば。  いやもう、ほんっと今更すぎると自分でも思っています。が、これまで自力で捕獲したショボーンは全部ブログに載せているので、備忘録的な意味で続けとこうと。  一度始めるとなかなかやめられない性分なのでございます。  で。左下にあるのがリストバンド、上ふたつがアクリル根付。  そして、たくさんの (´・ω・`) や (`・ω・´) が並んだクリアファイル。  最初は根付だけだったご当地ショボーンですが、今はリストバンドやクリアファイル、ハンドタオル、コンパクトミラーなど様々な商品が登場していま…

【続きを読む】

8月の顔

 鴨川シーワールド・カレンダー、8月の写真はシャチ姉妹によるダブルスカイロケット。  こりゃまた難易度の高いモノが来てしまいました。  前にも書きましたが、こういう大技はうまいこと撮れたら真っ先に使っちゃうし、うまいこと撮れなくてもいずれ使っちゃうのです。  そんなわけで、これもメインサイトで使った写真。  しかも、姉妹ではなく義兄妹ですが。まあその、カレンダーの写真と同じ方向から撮ってますよってことで。  それにしても……あのカレンダーの写真、何回撮り(跳び)直したのか気になります。  おまけと言っては何ですが、ブログでもメインサイトでも…

【続きを読む】

「イルカが知りたい―どう考えどう伝えているのか」

 大変面白かったです!  先に読んだ「イルカ―生態、六感、人との関わり」がイルカの入門書的な内容であったのに対し、本書はそこからもう一歩か二歩、あるいは三歩踏み込んだ感じの内容で(と言っても本書のほうが出版は先ですが)、村山先生のご専門であるイルカの認知や感覚についてがとても解りやすく書かれています。  まずは視覚の話なんですけど、人間は視軸が一本で前方を向いている(正面が一番良く見える)けれど、イルカは視軸が二本あって、それぞれ前方と後方を向いているんだそうです。  しかも、両目がバラバラに動くので、片方で前を見ながら同時にもう片方の目で後ろを見ていたりするですって。 …

【続きを読む】

ガチャガチャのジンベエザメ

 水族館に行ったら、わりとガチャガチャをやります。  やりたがるの主に私です。しかし、自慢じゃありませんがわたくし引きの弱さにかけては他の追随を許しませんので、回すのは夫に任せます。  美ら海水族館でも夫に回してもらいました。そして。  捕食中のジンベエザメを見事に引き当てた夫。素晴らしい。  何しろ今回の一番の目的は、ジンベエザメの食餌風景を見ることでしたから、これ以上はない! というモノを引いてくれたことになります。  ちなみに全10種類中 3種類がジンベエザメ。  その他はマンタの親子、チンアナゴ、ミナミハンドウイルカ、アオウミガメ、オキゴン…

【続きを読む】

モンガラこわい

 ゴマモンガラこわーい!  ゴマモンガラに限らず、モンガラカワハギ科の魚はみんな苦手です。  もともと、鮮やかすぎる模様がどうにも好きになれないでいたのですが、4年前に沖縄の海でムラサメモンガラに攻撃されて以来、完全に苦手になりました。  もっとも、ムラサメモンガラが攻撃的になるのは産卵期に縄張りを守るためらしく、ふだんはむしろ臆病らしいです。なので、不用意に近づいてしまったこちらにも非はあるわけですが、でも、そうと気づいて立ち去ろうとしたところを攻撃されたので、ちょっと腹立たしく感じたり。まあ、逆恨みに近いですけど、話の通じない相手は怖いなーと。 …

【続きを読む】