Big Smile

 今日は 4年に一度の 2月29日だったわけですが、関東地方はそんなことどうでもよくなるくらいの大雪でした。  なので、雪だるまでも作ってその写真をアップしようかなーなどと考えていたのですが、意外と水っぽい雪だったのであっさり断念。普通に新江ノ島水族館の写真の続きをアップすることにしました。  子イルカ・ホープの弾けんばかりの笑顔です。どぞ。  水遊びが大好きなホープは、今日の雪をどう思ったでしょう。  空に向かって口をパクパクさせたりしたかなぁ……  などと想像して今日も萌えているわたくしなのでした。

【続きを読む】

チンアナゴの静と動

 チンアナゴって、前から新江ノ島水族館にいた?  先日、初めて気づきました。ヘコアユと同じ水槽にいたんですけど、ヘコアユにばかり気を取られて、夫に言われなければ完全にスルーしているところでした。  そんなわけで、チンアナゴ。  ヘコアユはこの遥か上方にて、縦になって群れています。  そして、これもまた夫が発見した、大変珍しい光景。  「し」とか「S」とかになりながら、アグレッシブに泳ぐチンアナゴ!  もりもり動くし、エアーの気泡の後ろにいるしでボケボケ写真を量産してしまいましたが、奇跡的にこれだけ、かろうじて状況が分かる程度に撮れました。  チンアナゴって実は体長 40cm くらいあるそうなのですが、これは …

【続きを読む】

電子書籍デビュー

 文庫本サイズのピンクのカバー。  これを捲ると……  じゃーん!  電子書籍!  Sony Reader PRS-350 です。  ちなみにカバーは純正品(PRSA-SC35)。カバーかケースがないと、画面が剥き出しすぎて持ち歩くのに不便です。  さて、肝心の書籍ですが。  Readerストアは品揃えが悪いと評判なようですが、わたし的には問題ないかな。「テンペスト」とか「獣の奏者」とか、個人的読みたいリストに入っているタイトルがそこそこありました。  Readerストア以外でも、楽天ブックスや紀伊國屋書店が対応したそうだし、青空文庫もあるし。  というわけで、Readerストアから京極夏彦「死ねばいいのに」、青空文庫か…

【続きを読む】

ラン、6歳

 ランちゃん。  6歳の誕生日おめでとう。 2011年11月 撮影@鴨川シーワールド  あなたたちが鴨川を離れて、早いものでもう 2ヶ月が過ぎました。  そちらの水にはもう慣れましたか?  写真で見る限り、みんな元気そうなので少し安心しました。穏やかに過ごせているなら、それが何よりです。 2011年11月 撮影@鴨川シーワールド  先日はみんな揃って予備プールへ移動することができるようになったそうですね。  予備プールはたしか露天だったと思うので、今までの環境と近くなるかな。  急ぐ必要は全然ないし、ゆっくりトレーニングすればいいと思うけど、でもいつかはメインプールを自由に行き来できるようになるといいね。  せ…

【続きを読む】

身軽なのは

 新江ノ島水族館のパフォーマンス 「きずな/kizuna」より、本日はオタリアのマミとトリーターさんの妙技を。  勝負!  パス!  そして……  逆立ちで前進!  逆立ちを披露した後のトリーターさんの言葉、 「いかがですか? マミは身軽でしょう?」  これを聞いた瞬間、客席にいた誰もが思ったはずです。  あなたもね、と。

【続きを読む】

猫の日

 今日、2月22日は猫の日だそうです。にゃんにゃんにゃん!  私もちゃっかり便乗して、可愛らしい子ネコの画像をば。  子ネコザメー!(←ドラえもんがひみつ道具出す感じで)  成魚に比べてヒレの割合が大きいのですよね。子ネコのチャームポイントだと思います。  そして、もう一枚。  ネコザメの卵ー!(←ドラえ/以下略)  どう見ても人工物だよねー、これ。  初めてネコザメの卵を発見した人は、いったい何だと思っただろう。訊いてみたい。少なくとも卵だとは思わなかったに違いない。  見るたびに、自然って凄いなぁと思う No.1 かもしれない。ネコザメの卵。

【続きを読む】

ペンギンストーリー

 新江ノ島水族館のショープログラムのひとつ、ペンギンストーリー。  実は、これをちゃんと見るのは初めてだったりします。  ペンギン水槽周辺ってそんなに広くないので、少し出遅れるともう人がいっぱいになっちゃっているのですよ。  そんなわけで今回は早めに行って、一番前に陣取っていました。  もっとも、最前列はちびっこ専用だそうで、おおきいおともだちのわたくしは二列目に下がらざるを得ませんでしたが。  というわけで、ショーの一部を。  並んで並んで~。  登って登って~。  登ったら飛び込んで~。  飛び込んだら上がって~。  すっごい面白かったー!  トリーターさんの喋り、何あれ。プロすぎる。…

【続きを読む】