2011年07月30日

「天と地の守り人〈第一部〉ロタ王国編」

 守り人シリーズ最終章三部作ですって!
 ほんとに終わっちゃうのかー。

 というわけで、チャグムの行方を追うバルサ。いいね!

 私、基本的にはこういう、誰かの消息を捜したり足跡を追ったりという話があまり好きではありません。
 だって、「そこをまっすぐ行けば会えたのに、なぜ右に曲がるか!」みたいなのが多くてまだるっこしいんだもん。

 しかし、本作にはそういうイライラは感じませんでした。それはたぶん、ほぼバルサの視点のみで描かれていたから。
 バルサが知り得たことしか読んでるほうも分からないから、本当にチャグムを捜している気に慣れたんだと思います。
 う〜ん、上橋さんは巧いなぁ……と腹の底から唸ってしまう感じ。
 最後のほうは胸が熱くなりました。

 ああ〜、でも私ね、前作のラストで、ぶっちゃけチャグム死んだと思ってた。
 死ぬわけないとも思ってたけど、死んでも不思議じゃないとは思ってた。いや、だってあれ、助からないでしょ普通。
 まあその辺が、ふたつの世界をまたにかけちゃったチャグムの特権(?)なのかな。

posted by nakaji at 16:21 | Comment(0) | TB(0) | 読書記録>フィクション

2011年07月29日

「文豪てのひら怪談」

 タイトルが全てを物語っているわけですが、文豪による全 100編のホラー掌編集です。
 基本的に最大 800字というごくごく短いホラーアンソロジーですが、抄録もあり。

 柳田國男、太宰治、星新一、江戸川乱歩……
 錚々たる顔ぶれの文豪がずらりと並ぶ中でのトップバッターは久保竣公。収録作は「蒐集者の庭」。

 この著者名と作品名にピンときた京極ファンはとりあえず書店に走れ!
 そんな感じです。

 怪談って、多くを語らないからこそ怖い、という部分があると思うんです。
 そういう意味で、本書の 800字縛りは凄く効果的なんじゃないでしょうか。

 ただねえ、抄録は……いや、そこだけ抜き出して綺麗に作品として収まっているものもありますが、ちょっと意味分かんないんですけど、というのもあって。
 川上弘美さんの「椰子・椰子 冬」という作品からの抄録が、意味分かんないっつーか、これ怪談? 笑い話じゃなくて? みたいな感じで。正直、読んだ瞬間、ブッて吹いた。
 ちょっとこれ読んでみてよ、と夫に見せたら、夫も吹いた。
 う〜ん……全編通して読んだらじわじわ怖かったりするのかなぁ。

 全 100編の中で一番「ひぃぃぃぃ!」ってなったのは、平山夢明さんの「出会す」。
 今、感想を書くので読み返して、また「ひぃぃぃぃ!」ってなりました。怖くて夜中トイレに行かれなくなっちゃうよ。

タグ: 東雅夫 読書感想 
posted by nakaji at 16:11 | Comment(0) | TB(0) | 読書記録>フィクション

2011年07月28日

7月の顔

 鴨川シーワールド・カレンダー、7月の顔はカクレクマノミです。

カクレクマノミ他

 以前から薄々思っていたことがあって、今月のカレンダーのドアップ写真を見て確信したんですけど……
 カクレクマノミの白いラインって、絵の具で描いてるよね。

 だって、地の色が白の下から透けて見えてるもん。
 だからあれ、絶対誰かが描いてる。しかもね、たぶん一匹ずつ手作業。
 白いラインを黒く縁取るのはけっこう大変そうだよね。びちびち動くだろうし。

 まー、そんなわけで。
 カクレクマノミの写真を探すのに一連の鴨シー写真を見返していたら、猛烈に行きたくなってしまいました。動物を見たいっつーよりも、海水プールの匂いを嗅ぎたいって感じなんですが(笑)
 でもまあ、早くても 3ヶ月後だな〜。

posted by nakaji at 15:45 | Comment(0) | TB(0) | 水族館>鴨川シーワールド

2011年07月27日

那覇の太陽

 那覇の町に輝くふたつの太陽。

那覇の街灯

 と言うか、ここに写ってるのがふたつなだけで、本当はもっと並んでるんですけど(みっつめもチラッと見えてるし)。

那覇の街(県庁前)

 ここは那覇の県庁前交差点。
 中央付近に太陽の街灯が並んでいるのが見えますでしょうか。

 写真左手が県庁です。写ってないけど。
 右手の「RYUBO」とあるビルがパレットくもじ
 沖縄に台風が接近した時など、ここの広場からの中継がよくあります。新宿駅南口みたいなものかな。

 というわけで、「沖縄旅行記 5日め」。
 リゾートホテルに別れを告げ、那覇に移動した日のことを書きましたので、良かったらお読みください。いつにもまして長文注意ですが。
 ちなみに、パレットくもじには行きませんでした。あひゃ。

タグ: 沖縄 那覇 
posted by nakaji at 16:27 | Comment(0) | TB(0) | 旅日記>沖縄

2011年07月25日

島と航跡

 沖縄のホテル(オキナワ マリオット リゾート&スパ)の部屋から見た景色。

伊江島と航跡

 ジェットスキーとドラゴンボートが描く白い航跡。
 そして、海の彼方に見える伊江島タッチュー。世界で唯一の構造の岩山なんだって。

 この写真を撮ったのは沖縄旅行 4日め。
 つーわけで、「沖縄旅行記 4日め」をメインサイトにアップしました。
 御用とお急ぎでない方は、ぜひお読みくださいまし。伊江島のことはひとっつも出てきませんが(・∀・;)ぁぅぁぅ

タグ: 沖縄  名護 マリオット 
posted by nakaji at 13:34 | Comment(0) | TB(0) | 旅日記>沖縄