「天と地の守り人〈第一部〉ロタ王国編」

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)上橋菜穂子  守り人シリーズ最終章三部作ですって!  ほんとに終わっちゃうのかー。  というわけで、チャグムの行方を追うバルサ。いいね!  私、基本的にはこういう、誰かの消息を捜したり足跡を追ったりという話があまり好きではありません。  だって、「そこをまっすぐ行けば会えたのに、なぜ右に曲がるか!」みたいなのが多くてまだるっこしいんだもん。  しかし、本作にはそういうイライラは感じませんでした。それはたぶん、ほぼバルサの視点のみで描かれていたから。  バルサが知り得たことしか読んでるほうも分からないから、本当にチャグムを捜している気に慣れたんだと思います。  う~ん、上橋さんは巧いなぁ……と腹の…

【続きを読む】

「文豪てのひら怪談」

文豪てのひら怪談(ポプラ文庫 ひ 1-1)東雅夫(編)  タイトルが全てを物語っているわけですが、文豪による全 100編のホラー掌編集です。  基本的に最大 800字というごくごく短いホラーアンソロジーですが、抄録もあり。  柳田國男、太宰治、星新一、江戸川乱歩……  錚々たる顔ぶれの文豪がずらりと並ぶ中でのトップバッターは久保竣公。収録作は「蒐集者の庭」。  この著者名と作品名にピンときた京極ファンはとりあえず書店に走れ!  そんな感じです。  怪談って、多くを語らないからこそ怖い、という部分があると思うんです。  そういう意味で、本書の 800字縛りは凄く効果的なんじゃないでしょうか。  ただねえ、抄録は……いや、そこだけ抜き出…

【続きを読む】

7月の顔

 鴨川シーワールド・カレンダー、7月の顔はカクレクマノミです。  以前から薄々思っていたことがあって、今月のカレンダーのドアップ写真を見て確信したんですけど……  カクレクマノミの白いラインって、絵の具で描いてるよね。  だって、地の色が白の下から透けて見えてるもん。  だからあれ、絶対誰かが描いてる。しかもね、たぶん一匹ずつ手作業。  白いラインを黒く縁取るのはけっこう大変そうだよね。びちびち動くだろうし。  まー、そんなわけで。  カクレクマノミの写真を探すのに一連の鴨シー写真を見返していたら、猛烈に行きたくなってしまいました。動物を見たいっつーよりも、海水プールの匂いを嗅ぎたいって感じなんですが(笑)  でもまあ、早くても 3ヶ…

【続きを読む】

那覇の太陽

 那覇の町に輝くふたつの太陽。  と言うか、ここに写ってるのがふたつなだけで、本当はもっと並んでるんですけど(みっつめもチラッと見えてるし)。  ここは那覇の県庁前交差点。  中央付近に太陽の街灯が並んでいるのが見えますでしょうか。  写真左手が県庁です。写ってないけど。  右手の「RYUBO」とあるビルがパレットくもじ。  沖縄に台風が接近した時など、ここの広場からの中継がよくあります。新宿駅南口みたいなものかな。  というわけで、「沖縄旅行記 5日め」。  リゾートホテルに別れを告げ、那覇に移動した日のことを書きましたので、良かったらお読みください。いつにもまして長文注意ですが。  ちなみに、パレットくもじに…

【続きを読む】

島と航跡

 沖縄のホテル(オキナワ マリオット リゾート&スパ)の部屋から見た景色。  ジェットスキーとドラゴンボートが描く白い航跡。  そして、海の彼方に見える伊江島タッチュー。世界で唯一の構造の岩山なんだって。  この写真を撮ったのは沖縄旅行 4日め。  つーわけで、「沖縄旅行記 4日め」をメインサイトにアップしました。  御用とお急ぎでない方は、ぜひお読みくださいまし。伊江島のことはひとっつも出てきませんが(・∀・;)ぁぅぁぅ

【続きを読む】

「地球外生命を探せ」

 これも沖縄のホテルで見たやつなんですが。  「NHKスペシャル 宇宙 未知への大紀行 第2集 地球外生命を探せ」  木星の衛星エウロパには生命が存在しているのか、というあたりから、地球外生命の存在を探る様々な活動を紹介するドキュメンタリーです。  2001年制作だからデータ的には古いのかもしれないけど、面白かったです。  なかでも、SETI@home の活動が興味深かった~。  これは「電波望遠鏡で採取したデータを解析するのに自分たちのところのコンピュータだけじゃ時間が掛かって仕方ないから、世界中の一般家庭のパソコンに手伝ってもらおう」というプロジェクトで、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校が運営しているそうです。  このプロジェクトのおかげ…

【続きを読む】

「記憶喪失になったぼくが見た世界」

 非常に興味深いノンフィクション。  記憶喪失というものは(程度や個人差があるのだろうけれど)、テレビやマンガで見るような「ここはどこ? 私は誰?」だけじゃ済まないのだということが大変な衝撃でした。  自動車を見ても、それが何だか分からない。乗る物だということも、動く物だということも分からない。  チョコを食べても、自分の感じている味の説明ができない。「甘いでしょ」と言われて、「この味を甘いと言うのか」と思う。  それから、すごく驚いたのが、お腹がいっぱいになったらもう食べなくていいということが分からなくなっていて、いつまでも食べ続けてしまうということ。  こういうのも学習して憶えていくことなのかと。本能で判断するんじゃないのかーとびっくりでした。 …

【続きを読む】