2011年05月31日

取り木成功!

 4月末に取り木のセッティングをした我が家のゴムの木。
 当初の見込みでは、発根までに3〜4週間、その根が充分伸びるまで更に3〜4週間。合計6〜8週間で、7月上旬には切り離せるかしら〜と思っておりました。

 で、先週末でちょうど4週間になりましたので、そろそろ発根したかしら〜と見てみたら。

ゴムの木@取り木中

 発根するどころか、伸びまくってた〜。
 や〜ん。全ッ然、気づいてなかった。2〜3日に一度は水苔に水分補給してたのに。死角を衝かれました……

 ううむ……やっぱり季節が合っているとちゃんと発根するんだなぁ。それに速い。
 基本に忠実っつーのは大事だね。うん。

 予想よりかなり早くなりましたが、もう梅雨入りしたので湿度的にも問題はないと思うし、夫に頼んでノコギリで切り離してもらうことにしました。
 切り口から溢れる樹液(ラテックス!)のベタベタ攻撃に悪戦苦闘しつつも……

取り木完了

 何代めかのゴムの木、誕生!
 我が家のゴムの木は取り木を繰り返しているので、もう何代めになるのかわかりません。途中までは数えてたんですけど。

 ここからしばらくは、毎日の葉水で蒸散を防ぎながら、根が定着するのを待ちます。
 この状態から失敗したことはないからもう大丈夫だとは思うけど、油断大敵。慎重にいきましょう。

2011年05月30日

5月の顔

 明日で 5月も終わってしまいますが、鴨川シーワールド・カレンダーの今月の顔はバンドウイルカ。
 正確には、バンドウイルカのルナ。個体限定。

バンドウイルカ #1

 ちょっと今、いかにも「これがルナたんよ」みたいな感じでイルカのジャンプの写真を貼りましたが、これに写っているのがルナたんかどうかはわかりません。
 5月になってから毎日何度もルナたんの顔を見ているわたくしですが、これだけで個体の同定は無理。
 ルナたん、キャプションにあるとおりホント美人さんだけど、無理。

バンドウイルカ #2

 上の写真は口元が少しルナたんに似ている気がしなくもありません。
 カレンダーのメインの写真じゃなくて、下の方に小さく載っているほうの写真にちょっと似ているかなと(下の写真のほうが可愛いよね)。
 違うよと言うのはわりと簡単だけど、同じだよと言うことはよっぽど確証がないとできないですねえ。

 ところで。

>>続きを読む
posted by nakaji at 16:16 | Comment(0) | TB(0) | 水族館>鴨川シーワールド

2011年05月27日

梅雨入りですと!

 数日前に九州が梅雨入りして、昨日は関西が梅雨入りして、今年は梅雨が来るの早いなぁと思っていたら、今日は関東甲信・東海地方が梅雨入りだそうです。
 平年より12日、昨年より17日、それぞれ早いんですって。

 台風2号も関東地方に接近する見通しらしいし、週間天気予報を見るとしばらく天気の悪い日が続くようだとわかってはいたけれど、まさか本当に梅雨入りしちゃうとは。

サツキ

 写真はうちの(マンションの植え込みの)サツキ。
 ちょうど雨が上がったところだったので花びらに水滴が乗っていますが、よくわかりませんね。梅雨なイメージで撮ってみたんだけど、企画倒れw

 しかし今年は、5月特有の爽やかで過ごしやすい気候をほとんど感じられないうちに梅雨になっちゃいましたねえ。
 わたし的には今年は「冬→梅雨」で、春がなかった感じ。

 これで夏が早く来たりしたら、そんでもって猛暑だったりしたら、最悪だよねえ……
 かと言って、梅雨が長いのもイヤよねえ。そうよねえ。

タグ: 梅雨 サツキ 
posted by nakaji at 17:16 | Comment(0) | TB(0) | 写真随想録>植物

2011年05月26日

花手毬 #23

花手毬 #1

 何の変哲もない花手毬ですが、私にとっては特別な二輪。
 この二輪は、今シーズン最初に咲いた花手毬(白)の脇芽が伸びて花を咲かせたものなのです。

 花手毬は、花芽の横から脇芽がふたつ出てきます。下の写真のように。

花手毬 #2

 この脇芽がすくすく伸びて花を咲かせたわけですが、実はこれが初めてでして。
 去年までは、とりあえず伸びはしたんだけれども、花を咲かせるまでには至らなかったのです。だから凄く嬉しくて。

 ひとつの花芽から脇芽がふたつ出るならネズミ算式に花が増えて、夢のエンドレス花手毬に!

 まあ、花期があるので、本当に夢の話ですが。
 でもそれじゃあ、花期がなければ現実の話になるのかと言えば……どうもならないっぽい気がします。
 それと言うのも、今回咲いた二輪は、最初に咲いたのよりも花数がずいぶん少ないのです。本来の花数を脇芽ふたつで分け合っちゃった感じ?
 その伝でいくと、脇芽が増えるに従って花数が減ってゆき、いずれは……(´・ω・`)

 花数を多くするには、片方の脇芽を摘んでしまえばいいのかなぁ……とか、試行錯誤の日々は続きます。

posted by nakaji at 16:44 | Comment(0) | TB(0) | ガーデニング>花手毬

2011年05月25日

ザ・ジュヴナイル伝奇

 夫が「ディスガイア3」をやっているのを見ていたら、私も無性にやりたくなっちゃって。
 そしたら「DS版が 1 のリメイクのようだから買えば?」と言ってくれたので、「えへへ。じゃあ、お言葉に甘えて買っちゃおうかな〜。1 が一番面白かったよね〜」と出掛けたわたくし。

 「東京魔人學園剣風帖」を買って帰って来ました。

 いや! だって! これも 1 のリメイクなんだよ!
 で、シリーズ中一番面白いんだよ!
 しかも、真神学園の生徒手帳とか、嬉しそうに江戸や風水を語る荒俣先生のDVDとかのオマケがついた限定版(定価7770円)が、ワゴンの中でひっそりと 1980円の値札をつけていたんだよ!
 今、Amazon でも4800円の値段がついてるんだよ。これは買うしかないっしょ!

 それはそうとこのDS版、東京魔人學園10周年記念で 2008年に発売されたんだね。
 つまり、3年売れのこ……ゲフンゲフン。

 いやいや、本当に面白いんですよ、このゲーム。
 発売当時(13年前!?)すっごいやり込んだ記憶があります。
 でも、13年前なので、学園パートが AVG で、戦闘パートが SRPG だったこと以外はわりときれいさっぱり忘れていまして。
 おかげさまで大変新鮮な気持ちでプレイ中。

 とか言いながら、13年前の攻略本が本棚に眠っていたのでチラ見してますが。
 最初は見ないでやろうと思ったんだけど、なんかこう、おぼろげに記憶が戻ってくるのですよ。あ、このキャラって確か使えたよな〜みたいなのが。
 ところが、これって学園パートで巧い受け答えをしないと仲間になってくれなかったりするのです。なので、便利キャラは確実に押さえようと、攻略本でカンニング。

 戦闘システムは今でも充分通用すると思います。古臭さとか感じないし……って、最近あまり新しいゲームをやっていないことに気づいたけどまあいいや。

 アドベンチャーパートはね、仲間キャラの男子(高校生なんだもの!)が、妙におっさんくさいヤツばかり。ものの考え方とか。
 一方、敵キャラ男子は……揃いも揃って中二病(笑) 痛々しすぎてイヤンな感じ(笑)
 昔、中二病なんて言葉がなかった時代はまだ「だってこれ、ジュヴナイルですし〜」と思って、「まあそういうキャラもありだよね」みたいに納得してたんだけど、今はちょっと……ごめん、無理。
 変なところに時代を感じてしまったわ。

 女子はなぁ……今も昔も変わらず、想像上の生き物です。
 想像上の生き物だからどんなのがいてもあまり気にならないんだけど、ボク女と俺女は苦手。

 ああ、それから!
 このゲームはフルボイスではないけど「うふふ」とか「いくぜ!!!」とか部分的に声が入るのね。
 で、新聞部の女の子がよく「大変よ!大変よ!」って言いながら教室に入って来るんだけど、この「大変よ!大変よ!」をね、我が家、この13年間、ずーっと使い続けてました。私のみならず夫も、何かひどく驚いたことがあるとまず「大変よ!大変よ!」と。
 久しぶりに本物を聞いて、夫と顔を見合わせて笑ってしまいました。
 制作者も、こんなところを一番記憶に留めているユーザーがいるとは考えもしないだろうなー(・∀・;)

タグ: DS 
posted by nakaji at 17:02 | Comment(0) | TB(0) | ゲーム>Nintendo