ひなたのスズメ

 年末の不調の流れで、心ならずも今月二度目の通院。  でも、来月は行かなくてよくなったから差し引きゼロな感じ? ビバ二月!  それにしたって寒いじゃないですか。  病院の近くを流れる川が凍ってましたよ。  そんな水凍る寒さな朝でしたが、川岸のスズメたちは日向でいい塩梅になってました。  ちゅんちゅく。  ちゅんちゅく。ちゅんちゅく。  寒いちゅん。  ひなたであったまるちゅん。  スズメに限らず、ふくらんだ小鳥って可愛いよねー。

【続きを読む】

ついに

 買っちゃいました。  PS3!  あんまりリサーチしてないんで、どんなゲームがあるかよくわかってないんですけど。  要チェックなのは、ディスガイアとか龍が如くとか?  あとは何だろ。ああ、幻想水滸伝の新作は Wii で出してほしいとずっと思ってたんだけど、もう PS3 でもいいな。  それから……うーん。  ゲーム屋行って、面白そうだなと思ったゲームが PS3 で「なーんだがっかり」っていうのがこれまで結構あったように思うんだけど、何だったか全然思い出せない。  まあ、追々思い出すでしょう。たぶん。 PlayStation 3 (160GB)クラシック・ホワイト (CECH-2500ALW)ソニー・コンピュータエンタテインメ…

【続きを読む】

うちのマンタ

 昨日の記事にちょろっと書いたマンタのぬいぐるみ。  写真を撮った記憶はあるのに、ブログにアップしてないのはなんでかなーと不思議だったのですが、何のことはない、メインサイトにアップしていたのでした。沖縄旅行記に、沖縄土産として。  でもまあ、せっかくなので、改めてこちらにもアップしておきましょう。  というわけで、昨年 7月に美ら海水族館で買ったマンタのぬいぐるみです。  昨日も書きましたがカロラータ社製で、美ら海水族館オリジナルとのこと。  美ら海水族館のタグがついているし、カロラータのオンラインショップにもないので、本当に美ら海でしか買えないのかも。  エイなんだから当然で、仕方ないことなんだけど、平べったくて意外と置き場所に…

【続きを読む】

うちのペンギンズ '11

 今更感が物凄いんですけど、昨年10月末に鴨川シーワールドで買ったジェンツーペンギンのぬいぐるみをば披露いたしましょう。  これで我が家のペンギンズは総勢 7種 7羽。  このジェンツーさん、最初は新江ノ島水族館で見つけて、 「ほーしーいー!」  となったのですが、我が家には「その水族館にいる生物のグッズしか買ってはならぬ」という鉄の掟がありますので、その時はフンボルトを買ったのであります。  ……あれ?  いま気がついたんですけど、ここのところ私、ぬいぐるみ自慢(笑)を怠っていたみたい。  えのすいのフンボルトペンギンも、八景島シーパラダイスのオウサマペンギンも記事にしてないや。  あらまあ。まとめて写真に撮って正解だったのね。 …

【続きを読む】

ちょっと脳トレ、すごく撲滅

 昨日、シレンをちまちまやっていると書きましたが、実はそれ以上にちまちまやっているゲームがありまして。  「ちょっと脳を鍛える大人のDSiトレーニング 文系編 理系編」  ダウンロード専用のDSiウェアなんですけど、 DSiLL には最初から内蔵されてるの。  各800ポイント(=800円)が内蔵されてるって太っ腹だよね。  で、文系と理系を毎日ちまちまやっていて、おかげさまで最初は酷かった脳年齢も今では文系理系ともに20歳になりました(苦手な理系の方が先になった!)が、私の目当てはそこにはなく。  実は、細菌撲滅にハマってます。  これはおまけみたいな感じでついてるゲームで、一回はトレーニングをやってからじゃないと遊べないのです。  そう。細菌撲…

【続きを読む】

「風来のシレン5」

 昨年末に買って、ちまちまとやっております「風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス」。  Wii版以来のシレンです。って言うか、シレンは実質 Wii版が初めてみたいなものだったんですけどね、私。  不思議のダンジョン系ゲームのお約束で、これもまた本編をクリアしてからが本番のようなもの。  クリアしたら、行かれるダンジョンが一気に増えて、どこから手をつけていいのやら状態に……  なんかね、いろいろあるんですよ。  部屋から出ると、今までいた部屋が崩れて消えてしまう(=順番間違えると詰む)ダンジョンとか、自分で罠を設置できて、モンスターが罠にかかるダンジョンとか。  私が今挑戦中なのは、床に物を置くと消えてしまうダンジョン。  全然クリアできなくて泣…

【続きを読む】

「ICO-霧の城-(上)」

ICO-霧の城-(上)(講談社文庫)宮部みゆき  本当なら下巻も読んでから感想を書きたいところなのですが、最近読書の時間が激減していて、一冊読み終わるのに物凄く時間が掛かってしまうので、とりあえず読んだ分の感想を書いていく方向に切り替えました。  さて、本書は2001年に発売された PS2 のゲーム「ICO」のノベライズ。  自らを「ゲーム女」と称する宮部さんが、私に書かせてと名乗りを上げたんじゃなかったかな。違ったら失礼。  「ICO」はその独特の雰囲気などから名作として名高いゲームですが、私はプレイしたことがありません。  なぜなら、アクションアドベンチャー(アクションパズル?)だから。  アクション要素がある時点でわたくし的にアウトです。下手すぎる…

【続きを読む】