セーラーさん

 新江ノ島水族館で唯ひとり(一頭か)のオキゴンドウ、セーラーさん。  パフォーマンスでは豪快なジャンプで客席を恐怖のどん底(笑)に叩きこみます。  だってすごい水飛沫なんだもん。  ひと仕事終えたセーラーさん。  客席ではまだ、びしょ濡れになった人たちが興奮冷めやらぬ感じでざわめいていましたが、そんなことどこ吹く風でご飯をいただきます。

【続きを読む】

美味しかったり怖かったり

 新江ノ島水族館の「冷たい海ゾーン」には、美味しい魚と怖い魚が同居しています。  手前にいるのは怖い顔のオオカミウオ。  そして、奥にいるのが美味しいホッケ。  ん~。今夜はホッケの開きにしようかなー。

【続きを読む】

たまには違うルートで

 新江ノ島水族館のドルフェリア"ハーモニー"。  ステージ上手(かみて)から現れる紫のアクアンは、大きな泡(泡だよ! ビーチボールじゃないよ!)に包まれ……  イルカに押してもらってプールを渡り、ステージ下手(しもて)に上陸します。  しかし、この日 2回目のショーでは誘導役のイルカが、いつも同じじゃつまらないと思ったのか、ちょっとした悪戯心を抱いたのか……  プール中央付近でいきなりUターン!  なす術なしの紫アクアン!  結局、ステージ上手(かみて)に上陸。  Uターンしてま…

【続きを読む】

「縫製人間ヌイグルマー」

縫製人間ヌイグルマー(角川文庫)大槻ケンヂ  このタイトル、物凄いインパクトだよね。  最近あまり本を読む時間が取れないから、美容室に持って行って読んでたんだけど、「何の本読んでるんですか~?」って訊かれてどうしようかと思った。  そこの店長は筋肉少女帯とか知ってる人だから「えー、大槻ケンヂって小説書くんだぁ」って反応だったけど、アシスタントの若い女の子のほうは、それはもうリアクションに困ってた。  そりゃ困るよね。だって縫製人間だもん。ヌイグルマーなんだもん。  というわけで、オーケンの好きなモノがぎゅうぎゅうに詰まった大長編です。  ゾンビとかぬいぐるみとかサ…

【続きを読む】

どうしても 2頭

 新江ノ島水族館のドルフェリア"ハーモニー"。  アクアンのスカートから飛び出してくる、イルカのシンクロジャンプが素敵です。  ジャーンプ!  完璧なタイミングです。  でもね、ホントはね、2頭じゃなくて 3頭でシンクロするはずなの。  ちょっと淋しい緑のアクアン。  ちなみに私、この種目で 3頭同時にジャンプしたのを見たことがありません。  いつも 2頭。どうしても 2頭。もしくは 1頭。  いつか 3頭同時を見てみたいものです。年パス買って通えばいいんだろうけどね、なかなかそうもいかない。

【続きを読む】

アリッサム #6 ―猛暑を越えて―

 本来は多年草であるものの高温多湿に弱いため、日本では一年草として扱われているというアリッサム・スノードリフト。  春先にたくさんの花をつけてくれたけれど、夏には枯れてしまうんだなぁと諦めていたアリッサムが、一部は枯れたものの全滅はせず、それどころか……  花を咲かせました。  ちょっと徒長気味ではありますが、他にも花を咲かせそうな気配のものがちらほらしております。  花が終って切り戻したのがここまで生長してきたのですが、これ以外にもこぼれ種から発芽したものが、一株だけではありますが、元気に育ってきています。  暑さに弱いくせに今年のこの猛暑…

【続きを読む】

ブリを追う

 ブリを追うトリーターさん@フィンズ。  相模湾大水槽にブリは一匹しかいないそうです。  一方、下の写真は……  物凄い勢いで魚が群がって来ていますが、カワハギがエサを食べる時の音をマイクで拾っているところです。  食べているのはエビなんですけど、「ボッ!」というか「ボリッ!」というか、かなり固いものを食べているような音がします。吸いこんで食べるかららしいんですけど。  それはそうと、今日のアデリー(私のブログペット)の日記をキャプチャしたので、見て見て~!→  アクアンと同じくらいかわいいのかー。  ふっふっ…

【続きを読む】