カチャーシーを踊るオキゴンドウ

 さすがと言いましょうか何と言いましょうか、美ら海水族館はオキちゃん劇場のオキゴンドウは、カチャーシーを踊ります。  写真の画質の悪さに我ながらびっくりですが、そこは置いといて……踊ってます、オキゴンドウ。  踊っているのはトレーナーさんに見えなくもないですが、オキゴンドウも踊っているのです!  トレーナーさんのカチャーシー、上手だったなぁ。って当たり前か。  私もあんなふうに滑らかな手の動きが出来たらなー。率先してカチャーシーに参加するんだけどなー。  ときどき練習するんですけど、難しいんですよね。誰も見てないけど、あまりの不恰好さに恥ずかしくなってやめてしまうことの繰り返し。

【続きを読む】

「壊れた脳 生存する知」

壊れた脳 生存する知 (角川ソフィア文庫)山田規畝子  三度の脳出血に見舞われ、高次脳機能障害という後遺症を抱えることになってしまった医師の手記。  机と、その上に置いた画用紙の境界がわからない(ので、机にまで絵を描いてしまう)。目の前の階段が、上りなのか下りなのかがわからない。本を一行読んだところで、次にどこを読めばいいのかわからない……  ちょっと、想像を絶する世界です。  脳に損傷を受けて、自分がどういう状況に陥ってしまったのかが克明に、そして冷静に記されています。  これは著者が医師だからこそできたことでしょう。 「私が脳卒中後、毎日繰り返している失敗にも、必ず科学的理由がある。それを知ることは、自分の障害を理解し、乗り越えていくための大…

【続きを読む】

シワハイルカのミンタ

 美ら海水族館のオキちゃん劇場では、ふたつのショーが行われています。  ひとつはイルカショー、そしてもうひとつがダイバーショー。  イルカがショーをするのがイルカショー。ってことは、ダイバーショーはダイバーさんがショーを?!  などとくだらないことを書きつつ、今日の写真はダイバーショーのひとコマ。  このコは、シワハイルカのミンタ。  初めて見ました、シワハイルカ。バンドウやミナミバンドウよりも細長い印象。  シワハイルカは「皺歯海豚」。  歯の縦方向に細い筋があって、それが皺に見立てられての名前とのこと。  日本で飼育しているのは、ここだけだそうです。  けっこう傷だらけ……と言うか、ハゲているように見えたんだ…

【続きを読む】

くのじだい

 我が家が「くのじだい」と呼んでいる魚がいます。  尾びれの縁が「く」の字に見えるので「くの字鯛」。  沖縄のビーチでよく見かける魚で、近寄っても逃げない豪胆な御方です。普通に足元をすり抜けていったりします。  何年か前に調べた時、これはミナミクロダイだろうということになったのですが、最近また改めて調べたところ、オキナワキチヌ(チンシラー)の可能性も出てきてしまってさあ大変。  この二種は混同されがちらしいので、素人の私に見分けられるはずもなく。  見分け方としては「腹鰭と臀鰭が黒っぽかったらミナミクロダイ、白っぽかったらオキナワキチヌ」とのことなので……これ、白っぽいよねえ。  ちなみに「チンシラー」というのは沖縄方…

【続きを読む】

「アース」

 これも沖縄のホテルで見た映画。  内容はと言うと……地球上の動物を撮影したドキュメンタリーです。  まずは北極のホッキョクグマ。  そこからどんどん南下しつつ、様々な動物を映し出すという……言い方は悪いですけど、まあそれだけのものです。  なんかメッセージも込められていたみたいですが、その辺はスルーで。  感想を述べるなら、「オシドリのヒナの巣立ちがムチャクチャ可愛かった」かな。 アース スタンダード・エディション [DVD]ギャガ・コミュニケーションズ 2008-06-27売り上げランキング : 1825おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ※メインサイトに「沖縄旅行記 2日め」を(やっと)アップしました…

【続きを読む】

「ハンコック」

 沖縄のホテルで、映画を 4本も見たですよ。  ホテルのテレビで流している映画は有料の場合がほとんどだけど、今回泊まったマリオットは無料で見放題なのです。  というわけで「ハンコック」を見ました。  普通のアクション映画かなーと思って見始めたら、ものすごく斬新なヒーローが登場して。  あはは、愉快な映画かーと思って見続けていたら、けっこう切なくなったりして。  正直、物語的に最後は蛇足だったと思うけど、その蛇足のおかげで「ああ良かった」という気持ちになりました。  こういう映画は嫌いじゃないです。 ハンコック エクステンデッド・コレクターズ・エディション [DVD]ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2009-09-02売り上げランキ…

【続きを読む】

おちつく~

 イソギンチャクに包まれていい塩梅なトウアカクマノミ @美ら海水族館。 「ふ~。落ち着く~」という声が聞こえてきそう。  トウアカクマノミの布団と化しているのは、イボハタゴイソギンチャクではないかと思われます。

【続きを読む】