2008年08月29日

入道雲

入道雲

 朝は大雨洪水警報が発令されていたのに、午後はこの天気。

 ここのところずっと涼しかったものだから、今日の室温 29.5℃がすごく暑く感じました。夏の盛りの頃は 30℃未満なら涼しいと(少なくともそんなに暑くないと)思っていたのに。
 なんでこんなに暑いのー! とか思ったりしたわけですが、よく考えたらまだ 8月なのですよね。

 雨続きの今週でしたが、ちょっと雨が止むと、すかさずセミが鳴き始めるのがなかなか微笑ましい感じです。
 でも、うちのベランダで息絶えるのだけはやめてほしいです。
 いろいろ大変なのはわかるけど、ホント勘弁して。

タグ:   写真 
posted by nakaji at 17:12 | Comment(2) | TB(0) | 写真随想録>空

2008年08月28日

増えてきたポトス

 我が家のポトス。

ポトス

 2 枚の葉っぱを水栽培し、4 枚に増えたので鉢に植えたら 6 枚になりました。

 でも、まだ蔓っぽくならない。
 次に出る葉っぱあたりから蔓状に伸びてくるのかな。

 ポトスを育て始めて数年になり、水栽培も何度かしていますが、ある程度育ったら全部里子に出してしまったので、土に植えてからどう育って行くかは知らない私。
 なので、先が楽しみ。

 ちなみに我が家のポトスはこれで 3 鉢め。水栽培用のゼリーで育てているのを入れると 4 鉢め。
 もとは 1 鉢だったものが増殖しました。

タグ: 観葉植物 ポトス 
posted by nakaji at 16:20 | Comment(0) | TB(0) | ガーデニング>ポトス

2008年08月27日

青空のおかげ?

 久しぶり(4日ぶりくらい?)に青空を見たので、記念に写真を一枚。

久しぶりの青空

 数日前から、いつもと違った腰の痛みに辟易しています。
 最近、腰痛体操をサボり気味だったので、そのせいかと思ってせっせとストレッチに励んだのですが、イマイチ良くならない。
 体操した直後は楽になるものの、あまり長続きしない。
 ワタクシ、無症状のヘルニア持ちなので、とうとう症状が出てしまったのかとびくびくしています。

 ……でも、なんか今朝は少し調子が良かった。今はちょっと痛いけど。
 体操が効いてきたのか、それとも天気のせいか……微妙なところ。

タグ: 写真  
posted by nakaji at 16:42 | Comment(2) | TB(0) | 写真随想録>空

2008年08月26日

快復祈願

 名古屋港水族館のクーちゃんが展示休止になってから、そろそろ一ヶ月。

 夏風邪は治ったものの、別の病気も考えられるという状態のようで、とても心配です。
 もしかしておめでた? と、ちょっぴり思ったりもするのですが、それは楽観的すぎるというものでしょうか。

クーちゃんと仲良しイルカ

 上は今年の 1月に撮った写真です。
 ゆっくり療養して、またこんなふうに元気にトレーニングしている姿を見せてね、クーちゃん。

posted by nakaji at 16:36 | Comment(0) | TB(0) | 水族館>名古屋港水族館

2008年08月25日

「からくりからくさ」

 うーん。「りかさん」を先に読んじゃったのは失敗でした。
 何かこう、気持ちがりかさんのほうにばかり向いてしまい、メインストーリーに集中できなかった。
 主人公の 4人の女性のうち、蓉子以外にはイマイチ共感できなかったし。
 20代前半とは思えぬほど思慮深いことを言うかと思えば、中二病的な言動も垣間見せる彼女たちは、私にとっては「関わり合いになりたくない人」でした。
 そのせいか、与希子と紀久(横溝正史を思い出す名前だ)の区別も、最後のほうまでつかなかったし……

 唯一、共感できたと思う蓉子にしても、前もって「りかさん」を読んでいた、その贔屓目があるからだという気がします。

 それに、網戸のない家に住んでいるというのがワタクシ的にアウト。
 庭の野草を摘んで食べるというワイルドな暮らしはまだしも、網戸がないのはダメ。
 作中で、リンプン系の嫌なヤツ(字を書くのもイヤ)が家に入ってくるという話をしていたりして、「もうイヤーーー!」となった私は大の虫嫌い。

 「エコ」とか「ナチュラル」とか「天然素材」とかの言葉が好きな、ほっこりすとさんたちには楽しいかもしれません。
 内容は全然ほっこりしてないけど。むしろドロドロだけど。

 そういうわけで、生理的に受け付けない部分の多い本でしたが、作者の書きたかったことは凄く伝わってきました。
 ちょっといろんなことを詰め込みすぎな気もしなくはありませんが。

 さて、本書を読了して「りかさん」を再読しました。
 「ああ〜! これはそういう意味だったのかー!と、細かいところにすごく合点が行きました。
 もちろん「りかさん」は単体でも面白いのですが、「からくりからくさ」も読もうと思っているなら、絶対に「りかさん」は後回しにするべきだと思います。

タグ:  梨木香歩 読書感想 
posted by nakaji at 16:41 | Comment(2) | TB(0) | 読書記録>フィクション