「パプリカ」

パプリカ (新潮文庫)筒井 康隆 「パプリカ」というタイトルや「夢探偵」という言葉から「時をかける少女」的な、いわゆるジュヴナイルを想像していましたが、もっと大人な話でした。  他人の夢に侵入する夢探偵パプリカ、ということで、物語の舞台は現実と夢の中を行ったり来たりします。  最初のうちは、夢の中に入り込んだときの夢独特の不条理感が面白かったけれど、話が進むにつれて、その不条理感がだんだん怖くなってきました。  朝、起きて、家の中の掃除をしていたら、目覚まし時計に叩き起こされた……起きたのも掃除していたのも全部夢だった……という経験のある私には、この小説の夢と現実の混淆はかなり…

【続きを読む】