「おまけのこ」

おまけのこ (新潮文庫)畠中 恵 「しゃばけ」シリーズ第四弾。これもまた短編集です。  本書の最初に収録されているのは「こわい」。  「狐者異(こわい)」という妖怪がモチーフになっている短編なのですが、このタイトルを見て最初に思い浮かんだのが、京極夏彦の「狐者異」。「巷説百物語」シリーズの、これも短編です。  同じ妖怪を扱っているのに、書き手によってこうも違う色合いになるのだなーと、ちょっとズレているかもしれない感心の仕方をしてしまいました。  んで。  今回ぶっちぎりで面白かったのが、表題作「おまけのこ」。  鳴家! 鳴家が可愛すぎる!  最新作でバカっぽくなった…

【続きを読む】