「ぬしさまへ」

ぬしさまへ (新潮文庫)畠中 恵 「しゃばけ」シリーズ第二弾の短編集。  さくさく読み進められるのと、一作目と同様の爽やかな読後感がいいです。  本書に収録されている六編は、大まかに言って、若だんなが事件を解決するミステリー系と登場人物のキャラクターを掘り下げる系の話に分類されると思いますが、ミステリー系のほうは短編であるぶん、解決に至るまでが早く、若だんなの推理に若干の飛躍を感じてしまいました。  でもそれは、短篇の安楽椅子探偵もの(ミス・マープルとか)を読むと大抵感じることだから、私がついて行かれていないだけかも。  後者の登場人物掘り下げ系は、素直に良かったと思います。…

【続きを読む】