一応ゆく

 ネットでたまに「一応」を「いちお」とか「いちよ」と書いている人を見かけます。  そう言えば、私の中学時代の友人は「いちを」と書いていました。  「いちを」はさすがに誤表記だとわかるのですが、「いちお」とか「いちよ」は方言だったりするのかなぁとちょっと思ったり。  いや、最初は間違っているのだと思っていたのですが、何かこう、考えれば考えるほどワケのわからない深みに嵌まってゆく感じで、「もしかして方言?」と。  調べてみたところ、けっこうこの件について書いている人がいて(やっぱりみんな気になるんだ!)、そのほとんどは誤表記であると結論づけていました。  でも、方言だと言う人もちらほら。  実際のところどうなんでしょう? 気になります。  ……と、いうようなことをつら…

【続きを読む】

間違い電話

 実はけっこう前の話。  滅多にならない家の電話が鳴った。  ナンバーディスプレイを見たら知らない番号だったけど、とりあえず出てみた。  その途端。  相手は「もしもし」も言わず、いかにも姑な声&口調で、 「マサコさん!?」  と言った。  びっくりした。  テレビドラマかと思った。  それくらい典型的な「嫁をいびる姑」の口調だった。  現実にこんな言いかたをする人がいるんだなぁと、妙に感心してしまった。  とりあえず私はマサコじゃないので「違います」と言うと、相手は咎めるような口調のまま「あらごめんなさい」と言って切った。  夜、仕事から帰ってきた旦那さんにその話をしたら、 「お義母さまっ!? って言えばよかったのに」  と笑っていた。 …

【続きを読む】

新・世界七不思議

 ブログ2周年を期に「これからはサボるぞ宣言」をしたのですが、それ以来、旦那さんが物凄い勢いでネタを提供してくれるようになったのでサボる暇がありません。  どうやら私をサボらせない作戦のようです。あひゃひゃ。  そういうわけで、今日は旦那さんからのネタをひとつ。  「新・世界七不思議」の最終候補地に清水寺が選ばれたという件で、旦那さんがその投票をやっているサイトを見に行ったんだそうです。  私は行きませんよ。だって英語サイトなんだもん。  いちいち辞書引かないことには読めないし、そんなことするのは面倒臭いから読むなら翻訳サイトにかけちゃうし、そうして訳された変な日本語読んで、ぶわぁ~はっはっは! とか笑っているうちに本来の目的を忘れてしまうのがオチです。  と言うか…

【続きを読む】

世界一の栄冠

 MLBワールド・シリーズ。  田口壮選手が所属するセントルイス・カーディナルスが4勝1敗で勝利!  わーい♪  カーディナルスは24年ぶり10回めのワールドチャンピオンだそうです。  昨年のワールドシリーズの記事で、田口選手にチャンピオンリングを手にしてほしいなぁと言うようなことを書いたのですが、実現して嬉しいです。  数年前、3Aとメジャーを行ったり来たりしているのを見ていたので、私の中の田口選手のイメージは、失礼かもしれませんが「苦労人」。  それが今シーズン、特にワールドシリーズでは大活躍でした。  いや、めでたい。  我が家では「田口がウイニングボール取ればいいのにねー」などと言っていたのですが、生憎と言うか何と言うか、最後は三振でした。  「ウイニ…

【続きを読む】

浴室の鏡

 こまめに手入れをしているつもりだったのに、いつの間にやら浴室の鏡の曇りが取れなくなってしまいました。  これはもう、ある程度年月が経つと仕方ないものなのかなぁと諦めていたのですが、そんなとき、みかんの皮がいいという話を聞きました。  みかんの皮が油膜を取ってくれるのだとか。  あと、水で薄めたお酢やクエン酸は水垢を落とす効果があるので、これもいいらしい。  というわけで、早速ゴシゴシしてみたのです。みかんの皮で。  みかん(Sサイズ)4個分の皮を消費して擦ったところ、驚くほどの効果はなかったものの、かなりマシになった感じ。  何回かやったら綺麗になりそうな感触がありました。  一旦、水で鏡を洗い流し、続けて今度は水で薄めたお酢をスポンジにつけて鏡を擦りました。  …

【続きを読む】

ヌシ

 私の住む町には鳥が多く棲息しています。  それも、スズメやカラスのような人里に棲む鳥ではなく、山鳥みたいなのが。  もちろん、スズメやカラスもいるのですけれども、それ以外の鳥のほうが多いような気がします。  そんな鳥たちのなかに、我が家で『我が町の主(ぬし)』と呼んでいる鳥がいます。  これは、猛禽類。  タカとかワシとか、そんなやつ。  我が町の空を制圧し、一羽で悠々と大空を舞う孤高の一匹狼。鳥だけど。  ここしばらく姿を見ないなと思っていたのですが、元気にしていたようです。(↑)私の真上を旋回するヌシ。(↑)逃げ惑う鳥を煽るヌシ(中央)。  食べる気……なんだろうか、やっぱり。からかって遊んでいるようにも見えたのだけれども……  ヌシがぐるぐる旋回しつつ…

【続きを読む】

流々

 先日、夕飯を食べていたとき、旦那さんが突然言いました。 「細工はりゅうりゅう」  私は応えました。 「仕上げをごろうじろ」  旦那さんは「うむ」と頷き、更に言いました。 「りゅうりゅう、って何だろう?」  私は「何だろう?」と考える間もなく、反射的に応えました。 「筋肉りゅうりゅう」  脊髄反射で言ったので間違えてしまいました。  正しくは『筋骨隆々』。  『隆々』は、勢いの盛んなさま、逞しく盛り上がっているさまを表す言葉ですが、『細工は』のあとに続く言葉としてはどうも意味不明です。  なので、ご飯を食べている途中ではありましたが、私は電子辞書を食卓に持ち出し、行儀悪くもご飯を食べながら『細工はりゅうりゅう』の意味を調べたのです。【細工は流々、仕上げを御覧じ…

【続きを読む】