巻貝

 ニャルが「やんちゃざかり」に成長しました。  ヒッキーマッキーはシャイな感じのアクションが多いので、「やんちゃ」と言われてもあまりピンと来ないのが本音ですが。  しかし、とりあえずひと回り大きくなり、頭の貝殻も立派になりました。  立派な巻貝です。  ちなみに私は、つぶ貝が大好物です!  というワケで、ひと回り大きくなってちょっとオトナになったのか、マイホームでニャルがこんなことを言っていました。 「渋い友達」  瞬間、私の頭のなかに何やらとっても渋~い声が響き渡りました。  誰の声だか自分でもよくわからないのですが……森山周一郎さん、かな?

【続きを読む】

青い空 薄い雲

 家事でいろいろ動いていると、じわっと汗ばんでくるほどの陽気だった昨日。  調子に乗った私は、タンクトップに着替えてしまいました。  ……さすがに寒かったです。  さて、そんな昨日の空。 手前(?)のほうに薄いベールのような雲がかかっていて、何となく不思議な感じでした。

【続きを読む】

頭のなかがラップだYO!

 買い物に出たとき、いつもと違う道を通ってみたら、こんなものを見つけました。  最近、話題になったレモンガス。  おかげさまで、あのCMが頭のなかをぐるぐる回って止まりません。  ちっちきちっちっちー

【続きを読む】

ひと区切り

 最近はまったく話題にしていなかったのですが、ゴムの木くん2号改は元気に育っています。  ただひたすら伸びてゆくだけで、特にブログに記事にするようなことは起こらなかったのです。  で。  今までブログに載せていた2号改の成長の過程、実は「ゴムの木くん2号改 成長記」としてメインサイトと連動していたのですけれども、既に4ヶ月近く更新していません。  理由は上に書いたとおり、書くことがなかったから。  たぶん、これから先も普通に伸びてゆくだけで、もう記録に残しておきたくなるような劇的なことは起こらないと思われます。  なので、今日のこの記事をひとつの区切りとして、メインサイト…

【続きを読む】

「集中講義 織田信長」

集中講義 織田信長小和田 哲男 私は小説やエッセイ以外は読むのも苦手だけれど、感想を書くのはもっと苦手なのだ。  ということに、感想を書こうとして気づきました。  以下、感想だか何だかよくわからない雑文です。  太田牛一の「信長公記」やルイス・フロイスの「日本史」などの資料をもとに、実際の信長はどういう人物であったのかを考察してゆく本書は、信長好きなら興味深く読めるはず。  信長の行った様々な政策には、なるほどこんな意味があったのかーと、歴史の授業が苦手だった私には大変勉強になりました。  学生時代にこういう本があればなぁ。  いや、あったとしても学生時代は読もうとしなか…

【続きを読む】

発根!

 7月に史上最大のピンチを迎え、計らずも挿し木をすることになってしまったゴムの木くん3号。  毎日毎日、来る日も来る日も葉水をしていたところ、ついに根っこが出ましたー!  ミズゴケで巻いてはいるものの基本的にただ土に挿してあるだけなので、ときどき「生えてないかなー?」と抜いて確認していたのですけれども(←たぶん本当はこんなことをしてはいけない)、まったく変化ナシでがっかりする日々。  それが昨日、久しぶりに抜いてみたら、白いヒゲのような根がちょろちょろちょろと生えているではありませぬか。  根が出るまで約2ヶ月半。  長かった~! でも、根が出て良かった~!  お…

【続きを読む】

肴は

 炙ったイカで(・∀・)イイ!!  つーか、写真、丸まりすぎて何が何だかわからないー。  イカの一夜干しです。  おいしかったー!

【続きを読む】

彷徨の副産物

 一昨日、金木犀を探して跋渉(←我が家で今一番HOTな言葉なので無闇に使ってみる)していたときに見つけた花。 上の写真は、藪蘭。  スズランの仲間で、ユリ科の植物だそうです。蘭とは無関係。  植物って「名前に○○とついているけれども、実は××科」というものが多い気がします。  わかりにくいよう。 こちらはたぶん、芙蓉。  木槿だと思って撮ったのですが、家に帰って調べてみたところ、どうも芙蓉のほうが似ている感じ。  いまいち自信はないのですけれども。  芙蓉について調べているときに、「酔芙蓉」という花の存在を知りました。  この酔芙蓉、一日のうちに色を変えるのだそうです。…

【続きを読む】