2006年06月25日

お休み

 ひと足……と言うか、ふた足くらい早い気もしますが、本日より夏季休暇につき、しばらくの間ブログの更新をお休みいたします。

 それでは皆様、ごきげんよう。
posted by nakaji at 00:00 | Comment(2) | TB(0) | 雑記>身辺雑記

2006年06月24日

琴線の位置

 我が家は夫婦揃ってゲーマーですが、ゲームについて重視している部分はまるで違います。

 私はストーリー重視。
 グラフィックもけっこう重要ですが、グラフィック「だけ」が綺麗な某RPGは見限って久しいです。

 対する旦那さんはシステム重視。
 システムさえ良ければ、シナリオなんてどうでもいいそうです。
 もう全ッ然、記憶しないのです。シナリオを。うちの旦那さんは。
 たとえば、何かのゲームの続編が出るとして、どんなシステムだったかは憶えていても、どんなお話だったかはさっぱり憶えていないという具合。
「○○ってキャラ、続編にも出るんだってよー」と言っても、「誰それ?」みたいな。

 そんな旦那さんなのに、なぜか「ヴァルキリープロファイル」のことだけは物凄く良く憶えています。

 先日『ヴァルキリープロファイル2−シルメリア−』が発売されました。
 早速プレイしている旦那さんに、私は言いました。
「シルメリアってさ、レナス(前作)のときにブラムス城に閉じ込められてた子だよね?」
 もちろん私は ( ゚д゚)ポカーン という表情を期待していたのです。ところが。

「そうだよ。どうしてあんなことになったのか、きっと今作でわかるんだよ」
 旦那さんはそう答えました。
 唖然とする私。
「な、な、なんで憶えてるの?????」
「いったい何回レナスをプレイしたと思っているんだ」
 平然と答える旦那さん。

 たしかに何回もプレイしてましたけど、最後にプレイしてからもう何年も経ってるんですが……
 でも、ホントよく憶えているんですよね。
 レザード・ヴァレスのこととか、アリューゼのこととか。
 ニーベルン・ヴァレスティの掛け声はレナスのほうがカッコ良かったな、とか。

 あまりにも詳しく憶えているので、私、思わず言っちゃいました。
「さては貴様、旦那さんの偽者!」

 まあ、偽者ではありませんでしたが(笑)、こと『ヴァルキリープロファイル』に関しては旦那さんの琴線の位置がいつもとちょっと違う、ということのようです。

B000FIQSJYヴァルキリープロファイル2 -シルメリア-(通常版)
スクウェア・エニックス 2006-06-22

by G-Tools
posted by nakaji at 17:59 | Comment(0) | TB(0) | ゲーム>Sony

2006年06月23日

「活動絵巻 恐怖の復活祭FINAL」

 私も参加した、昨年12月の国際フォーラムでのミサ。
 座席は1階の、前後左右どこから見てもちょうど真ん中あたりでした。
 私の隣が一緒に行った友人で、その隣がこのミサを収録するためのカメラ。
 なので、今回のこのDVDには「ほぼ私目線」のショットがいくつもありました。こういうのって何か嬉しいよね。

 DVD2枚組みで合計200分超。
 ってことは、あまりカットされた部分はないのかも。それも凄いなぁ。
 とにかく、見ごたえあります。
 行った人はもちろん、行かれなかった人も買って損はないと思います。

 ミサ当日は、前半が「ジェイル〜! ジェ〜イル〜ッ!」で、後半が「ゾッドーッ! ゾーーーッドーーーッ!」だったワタクシ。
 親分の、
「ゾッドだッ!」
 で、失神しそうになりました(ウソ)。
 代官の左足蹴り上げには何度もうっとりと溜息をつきました(ホント)。
 それもこれも、もう半年も前の話なのですよね。
 早いもんだなあ。

 やっぱり会場では構成員の表情までは見えないので、こうしてDVDで見られるのは良いですね。
 みんな凄く楽しそうでした。
 悪魔組曲での閣下は、悪魔悪魔していてすげーカッコ良かったです。
 昔の、それこそまだゾッドがいた頃の聖飢魔IIって感じがしました。

 ああ、ちょっと今、思い出しました。
 ミサが終わったあとの帰り道で、20歳くらいの男の子が連れの男の子に、ゾッド親分のことを「誰?」みたいに訊いているのが聞こえてきて、ちょっぴり哀しかったことを……

B000ESSUBY聖飢魔II 活動絵巻 恐怖の復活祭FINAL
THE LIVE BLACK MASS D.C.7

聖飢魔II
BMG JAPAN 2006-06-21

by G-Tools
posted by nakaji at 17:09 | Comment(2) | TB(0) | 雑記>聖飢魔II

2006年06月22日

無宗派の理由

 ワタクシ、聖飢魔IIが大ッ好きですが、構成員(メンバー)の誰が好き、というのはありません。
 閣下好きな信者は「デーモン宗」、参謀が好きなら「ルーク宗」となりますので、差し詰めワタクシは無宗派と言ったところでしょうか。

 でもね、昔はあったんです。誰が好き、というのが。

 私が最初にホレたのは、ゾッド星島親分でした。
 次にホレたのは、ジェイル大橋代官でした。

 この時点で信者のかたは`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブフォッ!! となっていることと思います。
 ご存じないかたのために申し上げますと、ゾッド親分は聖飢魔IIの地球デビュー後、最初に脱退なさった御方。
 そして、ジェイル代官は2番目に脱退なさった御方。

 なんでみんな辞めちゃうの…… ○| ̄|_
 というワケで、少々不吉なモノを感じ、特定の宗派に属するのをやめたワタクシでございます。
 以降、聖飢魔IIを脱退する構成員はおられませんでした。
 あえて言うまでもなく偶然ですが、信者としてはけっこうヘコむ事実です。

 ……というようなことを、DVD「恐怖の復活祭FINAL」を見ながら思い出したりしていた今日の私でした。
 まだ半分しか見ていないので、DVDの感想は明日に持ち越し。
posted by nakaji at 16:38 | Comment(2) | TB(0) | 雑記>聖飢魔II

2006年06月21日

微妙にラッキー

 京極夏彦氏の新刊「今昔続百鬼 雲」を買ったところ、なんとカバーが2枚もついていました。
 これです、これ。
 この、書影のやつ。(→)

 やけに分厚いカバーだなぁと思ったら、2枚くっついていたのです。
 ラッキー♪ ……なのか?
 何だかビミョー。
 でも、こういうことってあるんですねえ。

 昔々、とある上下巻の本を買ったとき、上巻の途中から下巻になっちゃっている(でも、ページはきっちり順番どおり)という物凄い乱丁に出くわしたことがあるのですが、書籍に関してはそれ以来のびっくり体験。

 なお、余ったカバーは現在、本棚の京極本コーナーの端っこで書籍のフリをしています。
posted by nakaji at 15:46 | Comment(0) | TB(0) | 雑記>その他